このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏ひき肉で作る炊き込みご飯は具材も味付けも縦横無尽に楽しめる!

鶏ひき肉で作る炊き込みご飯は具材も味付けも縦横無尽に楽しめる!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月12日

あっさりとした鶏のひき肉はご飯とともに炊き込むと、その旨みがより活かせるメリットがある。肉類の中ではクセがないため、子どもから高齢者まで喜んで食べることができる食材のひとつであろう。通常は和風に味付けすることが多い鶏ひき肉の炊き込みご飯には、実はさまざまなバラエティーがある。本記事ではそのいくつかを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏ひき肉の炊き込みご飯:基本の作り方

鶏のひき肉を使った炊き込みご飯はアレンジ法が多いが、まずは基本をおさらいしてみよう。より美味しくするコツも含めて紹介する。

基本的な作り方

鶏のひき肉の炊き込みご飯を作る場合は、米3合に対してひき肉は200gほどがちょうどよい。米はといでしばらく水に浸けて、1時間ほどで水切りをする。鶏のひき肉とともに料理する具材には、ごぼうやきのこ類、ひじきなどが人気である。子どもに食べさせるためににんじんを加えても彩りがよくなる。醤油は大さじ3、酒は大さじ2、みりんは大さじ1の割合で加え、出汁とともに炊飯器に投入する。鶏のひき肉や具材も加えて炊けばできあがる。

炊き込みご飯を美味しくするコツ

あっさりとした味付けと淡白な鶏肉の組み合わせは優しい味わいである。少しアクセントをつけたい場合には、炊飯前に鶏のひき肉を炒めて甘辛い味をしっかりしみ込ませる方法がある。油っぽくなるのを避けたい場合は、ひき肉をさっと熱湯に通して冷水で冷やしアクをとるのも有効である。また炊き込む際に、生姜のみじん切りやしぼり汁を入れると少し大人の味になる。できあがりは色みが少し地味なので、大葉やきぬさやをトッピングするとよいだろう。夏であれば枝豆やみょうがを加えても季節感が出る。

2. 鶏ひき肉の炊き込みご飯:人気バリエーション

味のついたご飯は子どもたちがとくに喜ぶメニューである。鶏のひき肉が入るだけで、子どもだけではなくわれわれの食欲も刺激される。和風のクラシカルな鶏ひき肉炊き込みご飯のほかにも、家族が破顔一笑するバリエーションメニューを紹介する。

白出汁で料亭風に

春の味である柔らかなたけのこ、秋の香りを運んでくれるぎんなんなどとともに鶏のひき肉を炊き込めば、料亭風の味わいになる。そんな場合はいつもの出汁ではなく白出汁を使用してみよう。よりまろやかな味わいになり、薄味で食材の滋味を実感することができる。

栗とともに洋風に

甘い栗はヨーロッパではよく肉料理に使用される食材なのである。そこで、鶏のひき肉と栗を炊き込むときは味付けも洋風にしてみよう。玉ねぎを根気よくオリーブオイルで炒め、鶏のひき肉も加える。白ワインと塩胡椒で味付けをしたひき肉と米、そして皮をむいた甘栗を炊飯器に入れる。スープも出汁ではなく洋風のコンソメ風味にするのがコツである。ローリエの葉を加えて炊けば、ワインも合いそうな炊き込みご飯となる。いつもと違う味付けに子どもも歓声を上げるだろう。

コーンも入れれば子どもも喜ぶ

缶詰のコーンではなく夏が旬の生のとうもろこしを、鶏のひき肉とともに炊き込みご飯にするという豪快なレシピがある。米とひき肉、調味料を加えた出汁を炊飯器に入れ、とうもろこしを1本まるごと米の上において炊くのである。炊きあがったらとうもろこしの粒をほぐしてご飯と混ぜてみよう。子どもが狂喜乱舞する美味しい炊き込みご飯となる。

3. 鶏ひき肉の炊き込みご飯:離乳食

大人も喜んで食べる鶏のひき肉炊き込みご飯は、離乳食としても活躍してくれる。ただし、幼児用の炊き込みご飯は味付けを薄くする必要がある。

別の耐熱容器で調理

鶏のひき肉やにんじんなど離乳食にも使える食材で炊き込みご飯を作る場合には、小さな耐熱容器を用意しよう。子どもが食べる分の米とひき肉などの具材を、大人のそれよりもかなり薄味にして生姜などは入れない用心が必要である。また、子ども用の炊き込みご飯は、米大さじ2杯に対し薄味の出汁を大さじ4~6杯にする。大人用より柔らかめにするためのコツである。この耐熱容器をアルミホイルで包み、炊飯器の中央部分に入れて炊くのである。子どもが食べやすい甘いかぼちゃなども応用すると離乳食にはもってこいのメニューとなる。大人用と子ども用が同時にできる裏ワザである。

結論

優しい出汁の味とマッチする鶏のひき肉の旨みは、炊き込みご飯にするには絶好である。ごぼうやきのこ類のほかに、たけのこやぎんなんを使って上品に仕上げるレシピもある。またとうもろこしをふんだんに加えれば、子どもも大喜びするだろう。脂身の少ない鶏のひき肉ならば、離乳食としても活用できる。大人の食事の準備とともに離乳食も時短で作り、そろって美味しく食べることができる便利な一品といえるだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ