このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビーフストロガノフにはデミグラスを!なしの作り方や市販ソースも

ビーフストロガノフにはデミグラスを!なしの作り方や市販ソースも

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年2月 1日

ビーフストロガノフは、たまに食べたくなる美味しい料理だ。しかし自宅で作ることができるのだろうか。ビーフストロガノフは白色がベースのものと、赤茶色のソースが特徴のものがある。ここでは赤茶色になっているデミグラスソースを使ったものを取り上げ、作り方やおすすめの市販デミグラスソース、またデミグラスソースなしでの作り方、それ以外の料理との違いなども紹介していこう。

  

1. デミグラスソースで絶品ビーフストロガノフを作ろう

自宅キッチンでビーフストロガノフを作りたいと思っても、きっと難しいからと諦めている人もいるだろう。実は意外と簡単に作れるビーフストロガノフは、デミグラスソースで作っていきたい。それではどのように作ればよいのかを、ここで解説していこう。

デミグラスソースはビーフストロガノフに最適!

鍋に油をひいてニンニク、細かく切った牛肉を炒めたら取り出そう。その後玉ねぎを炒め、火が通ったことを確認したら小麦粉を入れる。先ほどの牛肉を戻したら、そこに赤ワイン、デミグラスソース、トマトジュース、水を入れて煮込もう。このときに、鍋の中身が焦げないように気を付けたい。エリンギやしめじなどのキノコ類を入れてさらに煮込む。
なじんだころにサワークリームを入れ、塩とコショウで味を調えよう。バターライスを作り器によそったら、デミグラスで作ったビーフストロガノフをかけて完成だ。デミグラスソースとトマトピューレの組み合わせでも美味しい。サワークリームを入れる前に生クリームを入れておくと、コクとまろやかさが出せるだろう。

2. ビーフストロガノフにおすすめのデミグラスソース

デミグラスソースの風味を楽しめるビーフストロガノフは、市販のソースを使うと便利だ。忙しい人に使ってほしいデミグラスソースは、ほかの料理にも使えるのでストックをしておくとよいだろう。ここではビーフストロガノフ用の、スーパーなどで手に入るデミグラスソースをいくつか紹介しよう。

ハインツ「デミグラスソース」

デミグラスソースの市販品で誰もが見たことのある、定番のハインツ。赤ワインと牛肉で作られているので、しっかりコクが出ているのが魅力。1972年に発売されてから、不動の人気を誇っているのがこれだ。ビーフストロガノフには最適である。

明治屋「ドミグラスソース」

ハインツと同じくらい人気なのが、明治屋から出されているデミグラスソースだ。玉ねぎとトマトの甘みが際立っているのが特徴。忙しい人がビーフストロガノフを作るのに使いやすい、濃縮されたコクが嬉しい。

倉敷鉱泉「倉敷味工房 デミグラスソース」

できるだけ化学調味料を使わないという本品は、自然の味を大事にしたデミグラスソースだ。香味野菜と牛すじ肉を煮込んだソースで、ビーフストロガノフに使いたい本格的な味わいが特徴である。

3. デミグラスソースなしでもビーフストロガノフは作れる!

デミグラスソースはビーフストロガノフに使いやすいものだが、実はデミグラスソースがなくても作ることができる。デミグラスソースをストックしていないときにも重宝する、その作り方を紹介していこう。

フォンドヴォーで本格的に!

ビーフストロガノフを作る際に、デミグラスソースはなしにしてフォンドヴォーを使ってみよう。スライスした玉ねぎは耐熱容器に入れ、バターとともに電子レンジで加熱する。一口サイズにした牛肉はパプリカパウダーと、小麦粉をふるおう。このときに棒のようにねじっておくと便利だ。
バターを溶かしたフライパンに牛肉を入れ、焼き色がついたころにマッシュルームを入れて炒めよう。そこに玉ねぎを入れ色が変わるまで炒める。フォンドヴォーを入れ、強火で。トロッとしてきたらパプリカパウダーにレモン汁をかけてビーフストロガノフの完成だ。これならデミグラスソースを使わずに、ビーフストロガノフを作ることができる。

4. ビーフストロガノフとそのほかのデミグラスソースを使った料理の違い

ビーフストロガノフだけが、デミグラスソースで作られていない。ほかにもいくつかあるが、ビーフストロガノフと一体どのように違うのだろうか。ここではデミグラスソースをどのように使っているのかに触れ、料理の違いについてまとめよう。

ビーフシチュー

デミグラスソースを使っている料理の代表格が、ビーフシチューだ。ビーフストロガノフとの違いは、野菜や肉などの具材が大きめであること。ゴロっとしたサイズの具材を赤ワインなどで煮込むのが特徴である。デミグラスを使うと便利だ。

ハヤシライス

ハヤシライスとビーフストロガノフの違いは、はっきりとわかっていない。トマト味が強いデミグラスソースがハヤシライスであると認識されていることが多い。日本で発祥した、ごはんにかける料理である。

ハッシュドビーフ

ハッシュドビーフはビーフストロガノフの食材を、より細かくしたものだといわれている。ハッシュはもともと細かいという意味があるため、デミグラスソースにより食材がよく煮込まれているものだ。

結論

ここではビーフストロガノフとデミグラスソースの相性のよさに触れつつ、作り方やデミグラスソースなしの作り方、デミグラスの販売商品、ほかの料理との違いについても解説してきた。コクのあるビーフストロガノフは子どもも喜ぶ料理なので、ぜひ一緒に味わってほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ