このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
煮込みうどんの作り方を紹介!バリエーションレシピも解説

煮込みうどんの作り方を紹介!バリエーションレシピも解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年2月 3日

今回は煮込みうどんの作り方を解説する。たとえば煮込みうどんの基本的な作り方や、名古屋名物を再現する味噌煮込みうどんの作り方、子どもも大好きなカレー煮込みうどんの作り方だ。寒い冬に食べたくなる煮込みうどん作りのポイントは?

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 煮込みうどんの基本の作り方

具材の旨みがスープに溶け出したアツアツの煮込みうどん。めんつゆや味噌で味付けし、寒い季節に食べるのにぴったりの一品だ。さっと作りたい日は冷蔵庫の残り食材を使用したり、少し豪華に味わいたいときは、海老天をトッピングしてアレンジしたり、いろいろな作り方が楽しめるのも魅力といえるだろう。

ここでは豚肉や野菜を加えた基本の煮込みうどんの作り方を紹介しよう。用意するのは、 冷凍うどん・豚こま切れ肉・玉ねぎ・小松菜・半熟卵・サラダ油・醤油・みりん・塩・かつお出汁だ。豚肉はひと口大に切り、玉ねぎは1cm幅のくし形に切る。小松菜はさっと茹でて根を切り、3cmの長さに切る。

鍋にサラダ油を熱し玉ねぎを入れてさっと炒め、醤油・みりん・塩・かつお出汁を加えて煮立てる。次に豚こま切れ肉をほぐしながら加え、弱火で3~4分ほど煮る。続けてうどんを加えてさらに煮て、小松菜も入れて煮込む。最後に火を止め、器に盛り付け半熟卵をのせれば煮込みうどんの完成だ。うどんがやわらかくなるまで、じっくりと煮込むのが美味しい作り方のポイントである。

2. 名古屋名物を再現!味噌煮込みうどんの作り方

次に愛知県を代表する郷土料理のひとつである、味噌煮込みうどんの作り方を紹介しよう。本場での作り方は八丁味噌仕立ての汁に、こしの強いうどんを入れて煮込んで作る。ここでは味噌煮込みうどんの本場の作り方を紹介しよう。用意するのは、茹でうどん・出汁・赤味噌・砂糖・油揚げ・鶏もも肉・卵・かまぼこ・ねぎだ。

鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、油揚げはさっと茹で、油抜きして短冊切りにする。かまぼこは薄切りにし、ねぎは斜め切りにする。土鍋に出汁を入れ、火にかけて沸騰させる。赤味噌と砂糖を合わせたものと、鶏もも肉、油揚げを加えて煮立てる。煮立ったらうどんを入れて約5分煮込む。

最後にかまぼことねぎをのせて卵を割り入れ、ふたをしてひと煮立ちさせれば味噌煮込みうどんの完成だ。1人用の土鍋で作れば、そのまま味わえるのが嬉しいポイント。ここでは茹でうどんを使用したが、冷凍うどんを使用して作ってもよい。ボリュームを出したいなら、しいたけやかぼちゃを加えるのもありだ。

3. 子どもも大好き!カレー煮込みうどんの作り方

最後に子どもから大人まで大好きな、カレー煮込みうどんの作り方を紹介しよう。たっぷりの具材をじっくりと炒めて、めんつゆで煮込んでカレールーを加えるのが、カレー煮込みうどんを美味しい作り方のポイント。うどんを食べたらスープにごはんを追加して、最後の一滴まで味わいたくなる旨さだ。

用意するのは、茹でうどん・豚こま切れ肉・長ねぎ・大根・にんじん・ごぼう・しめじ・きざみ油揚げ。必要な調味料は、めんつゆ・カレールー・水・水溶き片栗粉・ごま油だ。野菜はそれぞれ洗い、食べやすい大きさに切り、きざみ油揚げは軽く湯通ししておく。鍋にごま油を入れて熱し、長ねぎを加えてしんなりするまで炒め、残りの野菜をすべて加えて軽く炒める。

続けて豚こま切れ肉と水を加えて強火にかける。沸騰したら中火にし、こまめにアクを取りながら10分ほど煮込む。めんつゆとカレールーを加え、さらに茹でうどんと油揚げを入れ、2~3分くらい煮込んで火を止める。器に盛り付け、好みで茹でた青菜や小口切りねぎをトッピングすればカレー煮込みうどんの完成だ。カレールーは、一度に加えるとダマになりやすいので、別の器にのばしてから加えることが作り方のコツだ。

結論

基本の煮込みうどんや味噌煮込みうどん、カレー煮込みうどんの作り方を紹介した。熱々で具材の旨みが溶け出したスープに、うどんが絡んで後を引く美味しさの煮込みうどん。肉や野菜は好みのものを組み合わせて食べるのもありだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月 3日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ