このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
作り置きトーストの人気の理由とは?作り方や定番の具やソースを紹介

作り置きトーストの人気の理由とは?作り方や定番の具やソースを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年2月16日

何かと忙しい朝。なるべくなら朝食は、手早く作って手早く済ませたいものだ。そこでおすすめなのが作り置きトースト。冷凍庫から出して焼くだけと、これ以上にないほど手早く作ることができる。朝食としては、まさに忙しい朝にもってこいといえるだろう。今回は、作り置きトーストのメリットや作り方を紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 作り置きトーストのメリット

朝がとてもラクになる

これは、作り置きトーストの最大のメリットといえるだろう。何かと忙しい朝の朝食作りは、できる限り簡単に済ませたいもの。作り置きトーストは、冷凍庫から出して、オーブントースターで焼くだけなので、朝食作りの手間を大幅に省くことができる。しかも、作り置きトーストなら必要な食器も皿1枚でOKなので、後片付けも楽。

バリエーションが豊富

もちろん朝がとてもラクになるという点においては、食パンを焼いてトーストにすることと、ほぼ同じかもしれない。実際、忙しい朝は、ラクという理由から、トーストとコーヒーで済ませるというケースも多いだろう。しかし、作り置きトーストは、通常のトーストに比べ、バリエーションが豊富な点が大きく違う。
もちろん、通常のトーストも、合わせる具材を工夫することで、作り置きトーストと同様に、バリエーションを広げることはできる。しかし、その分、手間がかかるため、朝がとてもラクになることから遠ざかってしまう。
作り置きトーストなら、作り置きする際にさまざまなバリエーションを試して冷凍しておけば、朝は好きなものを冷凍庫から取り出して焼くだけで、さまざまな味わいが手軽に楽しめる。

栄養バランスも整えやすい

作り置きトーストは、あらかじめ作り置きする際に、栄養バランスを考えて具材を選ぶこともできるので、朝食の栄養バランスを整えやすいという点もメリットになるだろう。

2. 作り置きトーストの作り方

作り置きトーストの作り方は、食パンに、ソースや具材をのせて冷凍するだけと、とても簡単だ。簡単だが、さまざまな具材を合わせることで、バリエーションの幅をどこまでも広げることができる。作り置きトーストの作り方の主な手順は以下の通り。

食パンを用意する

好みの食パンを用意しよう。サイズは、6枚切りがおすすめ。

食パンにソースを塗る

具材に合わせたソースを塗る。ソースは手作りでも、市販のものでもOK。

食パンに具材をのせる

好みの具材をのせる。基本的に食パンは具材を選ばず、どんな具材でも合わせることができる。冷蔵庫にあるあり合わせの食材や、前日の夕食で残ったおかずなども活用可能。ただし、水気の多い具材は避けたほうがベターだ。

ラップで包む

空気が入らないようにしっかりとラップで包む。あとは冷凍用の保存袋に入れ冷凍庫で保存すればOK。具材にもよるが、2〜3週間は保存可能。
食べる際には、ラップをはがし、オーブントースターで焼くだけだ。具材が多いときや使用する具材によっては、上手にトーストできないことがある。事前に冷凍庫から出して、常温に置き、少し解凍するか、レンジで少し加熱した後にトーストするとよいだろう。

3. 作り置きトーストの定番の具材やソース

どんな具材でも合わせることができる作り置きトーストだが、やはり以下のような定番といえるソースや具材がある。それらのソースや具材は、定番だけに外れがない。基本としてぜひおさえておこう。

マヨネーズ

作り置きトーストの定番のソースとして外せない。マヨネーズは、数多くの具材と合わせることのできる基本のソースとしておさえておこう。マヨネーズをベースに、ケチャップ、味噌、オイスターソースなどのほかの調味料を合わせれば、ソースのバリエーションを広げることができる。

チーズ

トーストのバリエーションの定番中の定番、ピザトーストやチーズトーストに欠かせない具材としておさえておこう。種類が豊富な点も魅力。

加工肉

ソーセージ、ハム、ベーコンなどの加工肉は、たんぱく源にもなり、使い勝手もよいので、作り置きトーストの定番具材としておさえておこう。

ツナ缶

トーストのトッピングとして人気のツナマヨネーズをはじめ、さまざまな具材と合わせることができる。

結論

作り置きトーストのメリットや、作り方、および定番のソースや具材について紹介した。好みの食パンと具材とソースさえ用意しておけば、あとは、上記の手順に従って、簡単に作ることができる。具材が多いときにはオーブンで焼く前に自然解凍するか、レンジで少し加熱してからトーストするとよいだろう。
この記事もcheck!
  • 公開日:

    2021年2月14日

  • 更新日:

    2021年2月16日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ