このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【銀だこ】のたこ焼きを自宅で再現しよう!作り方のコツを伝授!

【銀だこ】のたこ焼きを自宅で再現しよう!作り方のコツを伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年2月21日

その美味しさにより大人気のたこ焼きチェーン店の築地銀だこ。自宅でたこ焼きを作る際に、銀だこの味を再現したいと思った人は多いのではないだろうか。実は、作り方のコツをおさえることで、あの味に限りなく近づけることが可能になる。そこで今回は、銀だこの味を再現するための作り方のコツを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 銀だこの美味しさの秘密

築地銀だこの美味しさの最大の秘密は、食材への徹底したこだわりにあるといえるだろう。とくに、主役であるたこには、最もこだわっていて、世界中のたこから選び抜かれたものだけを使用している。そのたこは、築地銀だこ独自の手法で、塩もみにされた後、手で、丁寧にひとつひとつ切り取られてから各店舗に運ばれる。
たこの美味しさを最大限に引き出すべく、ネギ、天かす、紅しょうがのそれぞれの具材にも、銀だこ独自のこだわりが反映されている。ネギは、たこ焼きとの相性のよさを考慮し、甘みと辛みのバランスに優れたものだけが使われている。天かすは、銀だこ秘伝の出汁がきいたオリジナルな味付けになっている。紅しょうがはどこを切っても同じ味になるように特殊なカッターでカットされている。
たこ焼きの粉には、銀だこオリジナルの特製ミックス粉が使用されている。その粉と水を混ぜ合わせる作業にも、銀だこのこだわりが反映されている。さらに使用する油やトッピングにも、妥協を許すことなく、徹底的にこだわっているようだ。
これらのこだわりは、自宅で、銀だこのような美味しいたこ焼きを作るための、ヒントになってくれそうだ。

2. 銀だこの味を再現するためにおさえておきたいこと

本家銀だことまったく同じとまではいかなくても、やはりたこ焼きに使用する食材には、可能な限りこだわるべきだろう。
とくに、たこは、銀だこのように世界中から厳選することはかなわなくても、それ相応に選び方にこだわるべきだろう。美味しいたこの選び方としては、表面にしっかりと皮がついていて、足が太く、吸盤の大きさと間隔が揃ったものを選ぶようにしよう。
また、使用するたこ焼き粉は、限りなく銀だこの味に近づきたいのであれば、銀だこ特製のミックス粉を使用するのがベストだ。しかし、通常のたこ焼き粉でも、表面がカリッとして中がふんわりとした銀だこの食感を再現することは可能だ。いずれの場合も、たこ焼き粉には、適量の干しエビを細かく砕いて粉にしたものと、粉末の出汁の素をプラスしよう。
使用する具材や油は、銀だこと同じ、天かす、ネギ、紅しょうが、コーン油がベストだ。以上をふまえたうえで、これから銀だこの味を再現するための作り方の手順を紹介しよう。

3. 銀だこの味を再現する作り方の手順

生地を作る

卵1個、水400mlとマヨネーズをよく混ぜた後、たこ焼き粉150gを数回に分けて加える。加えるごとによく混ぜ合わせる。できれば泡立て器を使い、ダマになりすぎない程度に混ぜ合わせておくのがコツだ。適量の干しエビを細かく砕いて粉にしたものと、粉末の出汁の素を加え、さらによく混ぜる。

たこ焼き用のホットプレートに油を注ぐ

高温に設定したプレートのそれぞれの凹みに油をたっぷりと注ぐ。凹みの周りにも油をなじませておく。

生地を流し込む

ごく少量の生地をプレートの凹みに注ぎ、ジュワッとなったら、生地をそれぞれの凹みの半分まで流し込む。

たこおよびそのほかの具材を入れる

最初にたこを入れてから、火力を中温まで弱め、その後、天かす、紅しょうが、ネギを入れていく。なおすべての具材は、あらかじめ冷蔵庫から出して常温に戻しておこう。

残りの生地を流し込む

温度を高温に戻し、残りの生地を流し込む。しばらくすると円形が見えるので、温度を弱め、竹串で生地をひっくり返して丸くしていく。

油を足す

すべてひっくり返したら、高温にして、くるくる回しながら全体に火を通す。表面に色がついてきたら、油を足して、全体になじませるように回し続ける。表面が、カリっとなったらできあがり。ソースやかつお節など好みのトッピングで召し上がれ。

結論

自宅でたこ焼きを作る際に、銀だこの味を再現するための作り方のコツを紹介した。コツをおさえることで、本家本元の銀だことまったく同じというわけにはいかないまでも、十分に満足できる仕上がりが期待できる。ぜひ一度お試しあれ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月21日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ