このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
天つゆの黄金比!めんつゆや白だしを使ったレシピから天丼のタレまで

天つゆの黄金比!めんつゆや白だしを使ったレシピから天丼のタレまで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 鈴木亜子(すずきあこ)

2021年2月15日

天ぷらの美味しさを引き立てるのが「天つゆ」だ。調味料を正しい割合で配合することで、プロのように美味しい天つゆを自宅で作ることができる。本稿では、初めて天つゆを作る人でも失敗しない、調味料の黄金比を紹介する。 めんつゆ、白だしを使ってさっと作れるものから、天丼用の濃い目の天丼のタレまで、黄金比をもとに作り方を伝授するので、ぜひ作ってみてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 黄金比!プロ顔負けの美味しい天つゆの作り方

ここでは、プロのように美味しい天つゆの作り方を、黄金比とともに紹介する。関西・関東の天つゆの違いについても解説するので、参考にしてほしい。

関西・関東の天つゆの違い

関西と関東では、歴史・風土の違いから、好みの味付けが異なるといわれている。関西では、公家や上方商人の上品な食が人気となり、まろやかな甘みや出汁の旨みが好まれた。対して関東では、武士が濃い味を好んだことなどから、強い香りとしっかりした味が人気を博した。東京湾でとれた魚介類を中心に天ぷらにすることが多かったため、魚に合う濃い味が必要だったという背景もある。その流れから、関西風天つゆは「出汁を効かせて薄口醤油で作るつゆ」、関東風天つゆは「濃厚で甘辛いつゆ」という認識が強い。

関西風美味しい天つゆの黄金比と作り方

それでは、関西風の出汁の効いた天つゆの材料の黄金比と、作り方を紹介しよう。関西風天つゆの分量は、出汁・薄口醤油・みりんを4:1:1の割合とする。出汁は、昆布と鰹節からとったものを使うと、風味が豊かになる。調味料を入れた鍋をひと煮立ちさせ、冷めたら完成だ。

関東風美味しい天つゆの黄金比と作り方

次に、関東風天つゆに使う材料の黄金比と、作り方を紹介する。関東風天つゆの分量は、出汁・濃口醤油・みりんを5:1:1の割合とする。鍋にすべての材料を入れて、ひと煮立ちさせたのち冷ます。おろし大根やおろし生姜を加えると、濃厚な味わいながらもさっぱりといただける。

2. めんつゆや白だし使用の天つゆ黄金比

次に、めんつゆ、白だしを使った天つゆの材料の黄金比を紹介する。めんつゆ、白だしともに、鰹節などでとった出汁に、醤油やみりん、砂糖などを加えた調味料である。めんつゆのほうが、白だしよりも砂糖やみりんが多いため、甘みが強いのが特徴だ。市販のめんつゆ、白だしの特徴を抑えて天つゆを作れば、出汁をとる手間がかからず、時短になるので覚えておこう。

めんつゆ使用の天つゆの黄金比

2倍濃縮のめんつゆの場合、水・めんつゆ・みりんの黄金比は10:10:3だ。すべての材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷ませば完成だ。レンジで作る場合は、材料を耐熱容器に入れてレンジにかけ、煮立たせてから冷ます。めんつゆは、ストレートタイプか濃縮タイプ、また何倍に濃縮されているかによって塩分濃度が変わる。パッケージに書かれた天つゆの分量を参考にして、水の量を調節してほしい。

白だし使用の天つゆの黄金比

白だしを使用する場合のポイントは、白だし・醤油・みりんを1:2:1の黄金比にすることである。調味料の2~3倍の水を足して鍋に入れ、ひと煮立ちさせて冷ませば完成だ。レンジで作る場合は、材料を耐熱容器に入れてレンジに数分かけ、煮立たせてから冷ます。メーカーによって何倍に濃縮されているかが異なるため、パッケージを参考にすることをおすすめする。

3. 濃い目がコツ!天丼用の天つゆの黄金比

ここでは、天丼用の天つゆの黄金比と作り方を紹介する。濃い目のタレを上からさっとかけることで、衣のサクサク感を損なわずに美味しく天丼をいただけるので、ぜひ作ってみてほしい。

出汁いらず!甘めで濃厚な天丼のタレの黄金比

出汁をとらずに、調味料のみで作る天丼のタレを紹介する。醤油・みりん・砂糖を3:2:1の割合とすれば、黄金比となる。調味料を鍋で煮詰め、水分が飛んでとろりとしてくれば完成だ。この時、天つゆを煮詰めすぎると焦げやすくなくなるため、注意が必要だ。

魚介類の天丼にぴったり!辛口天丼つゆの黄金比

海老など魚介類の天丼には、濃い辛口の天つゆが合う。黄金比は、出汁・醤油・みりんが1:1:1の割合 だ。鍋にかけ、半分の量になるまで煮詰めたら完成だ。天ぷらを揚げた時に出る揚げ玉を、少しつゆに加えると、さらに濃厚な味わいになる。

結論

以上、天つゆの黄金比や作り方について紹介した。 黄金比を意識すれば、家にある材料で、いつもよりワンランク上の美味しい天ぷらや天丼が味わえる。また、市販のめんつゆ、白だしを活用すれば、手間をかけずに出汁の効いた天つゆを作ることができる。黄金比を使ったできたての自家製天つゆで、美味しい天ぷらを味わってはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年2月15日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ