このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黒にんにくのおすすめ食べ方はそのまま?アレンジレシピと注意点

黒にんにくのおすすめ食べ方はそのまま?アレンジレシピと注意点

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年2月19日

世間で話題になっている黒にんにく。スーパーで見かけて気になっても、一体どうやって食べてよいかわからないという人も多いだろう。そこでここでは黒にんにくの食べ方や、普通のにんにくとの違い、食べ方のアレンジから食べる際の注意点までしっかり紹介していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 黒にんにくの食べ方その1:そのまま

黒にんにくを見ると、普通のにんにくが黒くなっているような見た目が特徴だ。それでは普通のにんにくとは食べ方を含め、どう違うのだろうか。また、一番よいおすすめの食べ方とはどんなものか。ここではそれらに触れていこう。

黒にんにくは熟成済みのにんにく!

黒にんにくと聞くと、にんにくの種類なのかと勘違いをする人もいる。実は普通のにんにくを2週間~1ヶ月ほど熟成させているのが黒にんにくだ。熟成させていくうちにメイラード反応を起こし、黒くなっていく。黒にんにくは三重県が最初に作ったといわれているが、最近は青森県でも作られている。

食べ方はそのままでもOK!

黒にんにくの食べ方はそのままが美味しい。普通のにんにくと違い、熟成させることでにおいも消えているのが特徴だからだ。甘さがあるので、フルーツを食べる感覚で食している人もいるそう。

2. 黒にんにくの食べ方その2:簡単アレンジ

黒にんにくはそのまま食べられるとわかったが、できればアレンジをして食べ方のバリエーションがほしい。飽きずに食べるためにも、よりおすすめの食べ方を紹介していきたい。

おすすめの食べ方はサラダ!

黒にんにくの食べ方でおすすめなのが、サラダにのせること。甘さと酸味がある黒にんにくはアクセントになり、よさを生かした食べ方だといえるだろう。調味料を少なめにしたいときにも、黒にんにくを使うのが美味しい食べ方である。

黒にんにくの餃子

餃子の具の中に黒にんにくを混ぜると美味しい。餃子の皮の代わりに大根を使ってもよいだろう。

チーズと合わせるのもおすすめの食べ方!

黒にんにくはチーズとの相性もよく、酒のつまみとしても最適だ。チーズの上にのせる食べ方がよいだろう。

パスタも相性バツグンの食べ方

黒にんにくはパスタのトッピングとしても相性がよい。甘さやコクがあるのでどんなパスタと合わせても美味しいだろう。

炒め物としての食べ方も美味しい!

黒にんにくは油炒めと相性がよいため、野菜などを炒める際にもぴったり。ガーリックバターで炒めるとコクが出てクセになる美味しさだ。

3. 食べる量は?黒にんにくの食べ方の注意点

黒にんにくは美味しく健康志向の人にも人気がある。しかし一体どのくらいの量を食べるのが正解なのだろうか。ついつい食べすぎてしまいそうな黒にんにくについて、ここでは正しい量の食べ方や、誰でも食べられるのかについて紹介したい。

毎日食べる量は少量

黒にんにくの食べ方で守りたいのは分量だ。1日に1~2片ほどの量を食べるのがおすすめで、美味しいからといって食べすぎるのはよくない。基本的には誰でも食べられるのが黒にんにくだ。子どもから大人まで食べられる黒にんにくは、好みの料理に使おう。食べたい食べ方で家族の食卓に並べるのがよいだろう。ただし食べすぎてしまうと体調不良を感じる可能性もあるので、分量を守った食べ方をしたい。そのまま食べるだけではなく、上手に料理に取り入れて摂取するのがベストである。

結論

ここでは黒にんにくの食べ方について、そのまま食べられることや料理にアレンジして使うことなどを紹介してきた。黒にんにくは美味しく甘さもあるので、ついついたくさん食べてしまう人も多いだろう。しかしあまりに食べてしまうと体調を崩すこともあるため、いくら美味しいからといっても分量を守った食べ方を家族で楽しんでほしい。アレンジを上手にしながら、料理のアクセントにするのがおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月19日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ