このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏ひき肉とキャベツで作るレシピ4選!マンネリ防止の料理アイデア!

鶏ひき肉とキャベツで作るレシピ4選!マンネリ防止の料理アイデア!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年4月19日

さまざまな料理に使える鶏ひき肉やキャベツ。たくさん買ってストックしておくと便利な食材だが、それゆえにレパートリーがマンネリ化している人はいないだろうか。そんなあなたのために、今回は鶏ひき肉とキャベツを使ったおすすめレシピを4つピックアップしてみた。それぞれの料理が上手に作れるよう、コツや豆知識を紹介するのでぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 鶏ひき肉とキャベツの和風パスタ

パスタは手軽に作れる料理として、男女問わず人気だ。食欲が落ちてきた時期には、あっさりとした味付けで食べやすい鶏ひき肉とキャベツの和風パスタを試してみてほしい。鶏ひき肉とキャベツの和風パスタを作る際、手軽に本格的な味にしたい場合は、めんつゆや出汁パックを使うのがおすすめだ。
鶏ひき肉やキャベツは火が通りやすいが、パスタを茹でるのは案外時間がかかる。もし、時短したいなら、電子レンジでパスタを茹でられる便利な調理器を使うといいだろう。このアイテムは1~2人前を作りやすいので、夜食や小腹がすいたときにも活用しやすい。
雑貨店だけでなく100均でも手ごろな価格で手に入るので、1つ持っておくといいだろう。

2. 鶏ひき肉とキャベツの肉味噌あん丼

パッと作れて美味しい鶏ひき肉とキャベツの肉味噌炒め。そのままおかずとして食べるのもいいが、片栗粉でとろみをつけて鶏ひき肉とキャベツのあん丼にすれば、見た目も豪華なガッツリ系メニューになる。
鶏ひき肉とキャベツの肉味噌あん丼のようなあんかけ料理を作る際に、あんにダマができたり、しばらく置いておくとゆるくなったりしたことはないだろうか。これは、片栗粉に対する水の量が多すぎることや片栗粉がうまく水に溶け切っていないことなどが原因だ。この状態を回避するには、片栗粉と水を1:2の割合にし、使う直前だけでなくできるだけ早い時点で片栗粉と水をよく混ぜ合わせておくといい。
また沸騰しているところに片栗粉を加えるのもNGだ。水溶き片栗粉は、火を止めてから加え、絶えず混ぜ続けるようにしよう。もし片栗粉がないという場合は、小麦粉やコーンスターチで代用するといいだろう。

3. 鶏ひき肉とキャベツのオイスター炒め

鶏ひき肉とキャベツのオイスター炒めは、鶏ひき肉とキャベツがあれば簡単に作れる手軽なレシピだ。中華では醤油のような存在の万能調味料オイスターソースは、炒め物との相性がよく、少量加えるだけでもコクがプラスされ本格的な味になる。
キャベツのザク切りは、葉をはがして芯を取り、縦半分に切ったものを重ねてザクザク切れば完成だ。時間があるときは、まとめて切って冷凍保存しておくといいだろう。使う際は、軽く炒めた鶏ひき肉に凍ったままのキャベツを入れて調理しよう。この方法なら、解凍する手間が省け調理時間も短縮できる。

4. 千切りキャベツ入り鶏ひき肉と豆腐のハンバーグ

ヘルシーな豆腐ハンバーグでは、何か物足りないという人は豆腐と鶏ひき肉だけでなく千切りキャベツを入れると満足感がUPするだろう。ただし、鶏ひき肉と豆腐のハンバーグにキャベツをたっぷり入れると、焼く際に割れやすくなる。崩れにくくするために厚めに成形しておこう。千切りする手間を省きたいなら、スーパーなどで売られているカット野菜を使うのがおすすめだ。
豆腐は、カットしてからキッチンペーパーに包み、重しを置いて水切りするほうがよく水が切れる。時短したい場合は、電子レンジで加熱しよう。豆腐ハンバーグに使う豆腐は、崩れにくく味がしみ込みやすい木綿がおすすめだ。鶏ひき肉とキャベツ入りの豆腐ハンバーグに棒を付けてつくね状にすれば、片手で食べられるので、弁当のおかずに最適だろう。

結論

和・洋・中どんな味付けでも美味しく、さまざまな食材と組み合わせやすい万能食材の鶏ひき肉とキャベツ。今回紹介したメニュー以外にも、スープや鍋に使うのもおすすめだ。いろいろなレシピを試したりアレンジしたりして、鶏ひき肉とキャベツを使った自分好みのレシピを見つけてみてはどうだろうか。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年3月18日

  • 更新日:

    2021年4月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ