このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
きりたんぽ鍋ってどんな鍋?簡単な作り方や取り寄せセットも紹介

きりたんぽ鍋ってどんな鍋?簡単な作り方や取り寄せセットも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年3月12日

寒い時期に食べたくなるのは、身体を温めてくれる鍋だ。鍋のバリエーションは無数にあるが、きりたんぽ鍋はいかがだろうか。たっぷりの野菜、鶏肉、美味しい出汁をしっかり含んだきりたんぽ。きりたんぽ鍋は、主食から野菜までを一品でまかなえる栄養バランスが整った万能鍋なのだ。水炊きや寄せ鍋に飽きたという人も、きっと満足できるだろう。

  

1. 秋田のきりたんぽ鍋とは

きりたんぽ鍋とは、比内地鶏で出汁を取り、醤油ベースのあっさりとした味付けのスープで、鶏肉やきのこ、セリなどの野菜と、きりたんぽを煮て食べる鍋料理だ。比内地鶏を使うことも大きなポイントで、香りと味ともにバツグンで、適度な歯ごたえの比内地鶏の肉と出汁の美味しさがきりたんぽ鍋の特徴といえるだろう。
きりたんぽ鍋の「たんぽ」とは、槍の刃の部分のカバーのことを意味し、炊きたてのごはんを半練り状にし、棒に巻きつけた形がたんぽに似ていることが語源だといわれている。鍋に入れるとき、たんぽを切って入れるため「切りたんぽ」、つまり「きりたんぽ」となった。
220年以上前の北秋田の鹿角地方が発祥といわれており、現在きりたんぽ鍋の本場とされるのは秋田県大館市である。あきたこまちなどのブランド米が有名だが、米が美味しいということもきりたんぽ鍋ができた一因だろう。なお、きりたんぽ鍋のカロリーは100gあたり64kcal。1人前にするとおよそ390kcalだそう。米からできているきりたんぽが具材に含まれているため、たとえば寄せ鍋よりも食べごたえがあると同時にカロリーも若干高いようだ。

2. 美味しいきりたんぽ鍋作りにチャレンジ!

美味しいきりたんぽ鍋の作り方を紹介しよう。

きりたんぽの作り方

なんといってもポイントは、主役のきりたんぽだ。炊きたてのごはんをすりこぎで7割ほど潰し、おにぎりを作る。そのおにぎりを串にさして、きりたんぽの形を作っていこう。本格的な作り方ではきりたんぽを炭火で焼くが、家ではフライパンで焼けばよい。きりたんぽに焼き目が付いたら粗熱をとり、斜め半分に切る。

比内地鶏の鶏がらスープ

きりたんぽ鍋のスープは比内地鶏のがらを煮込み、塩と醤油で味を調える。手軽に作りたい場合は、鶏がらスープの素を使ってもよいだろう。

鍋の具材と作り方

ささがきのごぼう、ひと口大に切った比内地鶏、まいたけをスープが入った鍋に入れる。さらにボリュームがほしいときは、白菜など冷蔵庫にある野菜を加えてもよい。具材に8割ほど火が通ったら、きりたんぽとネギを入れ、最後にセリを入れて完成だ。セリはあまり食べたことがないという人もいるかもしれないが、きりたんぽ鍋には欠かせない具材で、スープにさっと浸す程度で食べることができる。鶏肉は比内地鶏をぜひ使ってほしいが、手に入らない場合は入手が簡単な鶏肉で代用も可能だ。

3. きりたんぽ鍋の食べ方やしめ

きりたんぽ鍋の食べ方としめを紹介しよう。

薬味でアレンジ

きりたんぽ鍋は美味しい鶏がらスープを使うため、そのまま食べるだけでも十分だが、少しアレンジしたい場合は薬味で気分を変えることができる。スープの味を引き締めてくれる、柚子胡椒や生七味がおすすめだ。

きりたんぽをしめと捉える

きりたんぽ鍋にはごはんを使ったきりたんぽが入っているため、最初からしめが入っていると考えていいだろう。きりたんぽ1本はごはん100gほどを使っているので、さらにしめを食べるとなると、カロリーの取りすぎに注意したい。ただ、きりたんぽだけで足りない場合は、美味しいスープを最後まで楽しむため、うどんやきしめんでしめ、さらに雑炊にする方法がおすすめだ。雑炊は翌日食べてもよいだろう。

4. 取り寄せできる人気のきりたんぽ鍋セット

取り寄せできる人気のきりたんぽ鍋セットを紹介しよう。

佐田商店

秋田の料亭に80年納品している、きりたんぽの老舗、佐田商店のきりたんぽ鍋セット。オプションで比内地鶏を増量したり、時期によってセリの根も同梱したりしてくれるサービスもある。スープからカット済みの具材までがセットになっていて、詳しいレシピも付いている。子どもが鍋奉行になって作ってくれたという楽しい声も届いているので、手軽に楽しめそうだ。

ベニヤマきりたんぽ工房

2015年、2016年と連続で本場大館きりたんぽグランプリを獲得した、間違いないきりたんぽ鍋セット。希釈ではなくストレートで使うスープは、添加物などが入っていないため、賞味期限が製造から5日以内というこだわり。届いたらすぐに楽しみたい。

林泉堂

秋田県のご当地グルメの横手焼きそばを作る製麺会社、林泉堂のきりたんぽ鍋セット。きりたんぽ専門店ではないが、テレビ番組で取り上げられ話題になり、通販で人気になっている。おまけに稲庭うどんを付けてくれるのも嬉しいポイント。セット内容としては珍しい糸こんにゃくも美味しいと評判だ。

結論

秋田伝統のきりたんぽ鍋。いますぐ試したくなったのではないだろうか。難しい工程はないので、料理をあまりしない人でも、得意料理として家族に披露できるだろう。美味しいきりたんぽ鍋を囲み、寒い冬を乗り切ってほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ