このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホワイトデーにクッキーを贈る意味を解説!鉄板ギフトクッキーも

ホワイトデーにクッキーを贈る意味を解説!鉄板ギフトクッキーも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年3月12日

毎年、ホワイトデーのギフト探しに奔走しているというオリひと読者もいるかもしれない。ホワイトデーギフトの定番はいくつか存在するが、そのひとつがクッキー。今回は、まことしやかにささやかれているホワイトデーにクッキーを渡す意味についてリサーチ。価格別でおすすめのクッキーも合わせて紹介していこう。

  

1. ホワイトデーとは

ホワイトデーの意味

ホワイトデーとは、バレンタインデーのアンサーデイとして設定されたもの。実はこれ、日本が発祥だとされている。日本ではバレンタインデーといえば、女性が男性にチョコレートを贈るのが一般的で、それに対するお礼という意味合いで菓子業界が作ったイベントと考えられている。ヨーロッパやアメリカのバレンタインデーは、男性から女性に渡す、またはお世話になっている人に感謝する日で、とくにアンサーデイは設けられていない。

ホワイトデーの歴史

ホワイトデーが誕生したのは、1970年代後半とされている、出自には諸説あるが、どれも菓子店、菓子メーカーがきっかけになっている。たとえば、明治創業の老舗菓子店「石村萬盛堂」は、ホワイトデーの起源に繋がるマシュマロデーを提案。そのほか、ペコちゃんで有名な不二家がリターンバレンタインデーを制定した、全国飴菓子工業協同組合がホワイトデーにキャンディーを推した説などがある。

昨今のホワイトデー事情

日本におけるバレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを贈り、愛の告白をする日という認識であったが、徐々にそのカタチは変化している。本命チョコ、お世話になっている人や本命以外に贈る義理チョコをはじめ、友達同士で贈り合う友チョコ、男性から女性に贈る逆チョコなど、そのバリエーションは多彩だ。とくにこの時期は、各種チョコレートメーカーが新作や限定品を販売することもあり、それを自分用に買うというケースも多い。このようなバレンタインデーの変化に合わせて、ホワイトデーにも多様なカタチが生まれている。また、食べ物ではなくハンドクリームや入浴剤などのギフトをセレクトする人も増えているようだ。

2. ホワイトデーにクッキーを渡す意味

ホワイトデーとクッキー

ホワイトデーにクッキーが贈られるようになったゆえんは、定かではない。クッキーが比較的日持ちすること、手土産の定番であったことなどは、選ばれたひとつの要因と考えられる。また、クッキーは、マシュマロやキャンディーに比べると、嫌いという人が少ない印象もある。

クッキーを贈る意味

ホワイトデーには、贈る商品によって意味があるという説がある。これは、愛の告白に対するアンサーデイであることから、ささやかれるようになったものだ。ちなみにクッキーは、一説によると「友達でいたい」という意味らしい。しかし、このような意味を意識して渡している人は、非常に少ない。どうしても気になるというケース以外は、あまり気にせず、お気に入りのお菓子やプレゼントを贈るのがおすすめだ。

3. 2,000円以内!ホワイトデーにおすすめのクッキー3選

銀座ウエスト

フレッシュバターを使用したパイ生地にオランダ産のエダムチーズクランチを混ぜ込んで焼いたスティック状のお菓子・チーズバトンは、甘いものが苦手な人にぴったり!クラシックな洋菓子店、銀座ウエスト謹製なので、オフィシャルな相手に贈っても失礼がない。個包装になっているところも嬉しい。

VANILLA BEANS

フェアトレードチョコレートを使用したお菓子を作っている 「 VANILLA BEANS」は、大手ショッピングサイトでも非常に人気のブランド。チョコレートの美味しさをシンプルに味わうことができる。中でもロングセラーのショーコラは、クッキーに生チョコレートを挟んだ珠玉の逸品。個包装になっているところも嬉しい。

ルスルス

東麻布にある小さな菓子工房「ルスルス」のクッキーは、隠れた人気。とくにレモンの風味の砂糖がけクッキーが有名で、愛らしいフォルムも大人の心をくすぐるポイント。缶詰を開けたときに、盛り上がること請け合いだ。手頃な価格も嬉しい。銀座にも店舗がある。

4. 2,000円以上!ホワイトデーにおすすめのクッキー3選

Échiré

コクのある発酵バター・エシレバターを贅沢に使ったガレットやサブレが人気のショップ。エシレバターとは、フランス中西部エシレ村で作られるバターで、クリームを乳酸発酵させてから作るため、香りが高く、軽やかな酸味を味わうことができる。伝統的な製法を守り抜いていることでも知られている。そんなバターを生かすよう、シンプルに作られた菓子は、オリジナル缶に入ったタイプがおすすめだ。

ツッカベッカライ・カヌヤマ

予約だけで売り切れることもある超人気クッキー。オーストリア国家公認の日本人マイスターが作るそのクラシカルな味わいは、一度食べるとやみつきになること請け合い。美しくクッキーが並ぶ姿は、ため息ものである。食通にも喜ばれる名品クッキーだ。

フードムード

「ごはんのようなおやつの店」である「フードムード」は、料理家であるなかしましほさんの店。シンプルな材料で作られたお菓子の数々は、どこかホッとする味わい。クッキーBOXは、甘いものから、青のりとカシューナッツのクラッカーなど、しょっぱいタイプも入っているので、いろいろな味わいを楽しむことができる。箱もかわいい。

結論

ホワイトデーのお返しの定番であるクッキーは、老若男女に愛されるお菓子。シンプルな材料で作られているところも人気の理由かもしれない。今回紹介した店はどこも人気店。ホワイトデーに用意するのなら、早めに手を打つのがおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ