このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カニ缶を使ったサラダの贅沢アレンジ3選!汁ごと使うのがポイント!

カニ缶を使ったサラダの贅沢アレンジ3選!汁ごと使うのがポイント!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年4月13日

カニ缶は日常的に手軽に使用できるものから、高価な贈答用までさまざまな種類がある。また、カニ缶を使用した料理レシピは主食から主菜、そして副菜に至るまで数多く存在する。そこで、ここではカニ缶を使ったサラダを紹介していくので参考にしてほしい。

  

1. もう一品!カニ缶ときゅうりのサラダ

メインのおかずは決まっているけれど、何かサラダが一品ほしいというときにカニ缶ときゅうりのサラダを紹介したい。シャキシャキとしたきゅうりの歯ごたえに、マヨネーズとカニの美味しさが絡み合った一品だ。すぐに作ることができるので、時間がないときのプラス一品にはもってこいである。
作り方は、きゅうりを薄くスライスしたら塩をふり、軽くもんで水気を絞る。次に、きゅうりに水気を切ったカニ缶、マヨネーズ、塩こしょうを入れ、和えるだけで完成である。
ポイントは、水気が残っているとベチャベチャになってしまうため、きゅうりの汁をしっかり切ること、そしてきゅうりのシャキシャキ感を残したい場合は塩をふってから長時間置いておかないようにすることである。
よりボリュームを増やしたい場合は、玉ねぎやワカメをプラスするのがおすすめである。ワカメならば水で戻すだけで使用することができ、旨み成分であるグルタミン酸も多く含まれていることから、より美味しさを引き出すことができるのだ。

2. カニたっぷり!カニ缶と大根のマヨサラダ

大根はさまざまな品種があるだけでなく調理方法も多様であり、日本の食卓には欠かすことができない野菜の1つとなっている。ここでは、その大根のなかでももっとも一般的な主流品種となっている「青首大根」を使用したカニ缶と大根のマヨサラダを紹介する。
まず、大根は千切りにしてから塩もみをして少し置いてから水を切る。大根、水気を切ったカニ缶、マヨネーズ、塩、こしょう、砂糖、レモン汁を和えたら完成だ。味付けのポイントは、レモン汁を入れることでドレッシングのようなさっぱりとした味わいにすることができるのである。
なお、大根は部位によって味が異なり、葉に近いクビと呼ばれる部分は甘みがあり、中央部分は硬く、サキと呼ばれる先端部分は辛みがあるのが特徴である。そのため、サラダに使用する場合はクビの部分を使うことがおすすめだ。また、皮の下の筋が硬いことから、皮を厚くむくようにすると食感がよくなる。
さらに、千切りの方法も繊維の方向に沿って切るとシャキシャキの食感になり、繊維に垂直に切るとしんなりとした食感になるので好みに合わせて切り方を選んでほしい。

3. 缶詰まるごと!カニ缶と卵のサラダ

卵は物価の優等生と呼ばれ、60年前から価格はほとんど変わっておらず、安価に購入することができる。それだけでなく、必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸がすべて含まれている良質なたんぱく源となる食品である。この卵を使用してカニ缶と卵のサラダを作る方法を紹介したい。
作り方は、茹で卵を刻んでボウルに入れ、カニ缶、マヨネーズ、塩、こしょうを入れて全体を和えるだけである。このとき、カニ缶の汁は一緒に入れるほうが、全体がしっとりと仕上がり旨みも加わるのでおすすめである。また、卵の形を少し残したい場合はフォークでざっくりと潰すようにして混ぜるとよいだろう。
さらに、卵の茹で方の好みは人それぞれである。茹で卵の仕上がりをつねに一定にするためには、条件を揃える必要がある。そのため、冷蔵庫から出した直後の卵を沸騰した湯に入れるようにすると、バラつきなく仕上げることができるのだ。また、茹でたあとすぐに流水で冷やすことも余熱で余計に火が通ってしまわないようにするために重要なポイントである。

結論

カニ缶はサラダに使用しても、さまざまな食材と相性がよく、ちょっと贅沢に仕上げることができる。カニの美味しさを活かすためにはカニ缶の汁ごと調理に使用するのがポイントだ。ほかの食材と和えるだけで作ることができるメニューが多いことから、忙しいときのプラス一品としてもおすすめである。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年4月 2日

  • 更新日:

    2021年4月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ