このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【わらび】の美味しい食べ方を伝授!下処理の方法もこれで完璧!

【わらび】の美味しい食べ方を伝授!下処理の方法もこれで完璧!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 岩切千晃(いわきりちあき)

2021年4月21日

春になると山菜のわらびが食べたくなる人も多いのではないだろうか。少し苦みがありクセのある味わいだが、ついつい手を伸ばしてしまう美味しさがある。ここでは、みんなが好むわらびの美味しい食べ方や、重曹を使った下処理の方法などを紹介していく。子どもでも食べやすい調理法もピックアップしているため、わらび料理を家族で楽しみながら、春の訪れを感じてもらいたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単で美味しいわらびの人気の食べ方

わらびは山菜として春になるとよく食べられる食材だ。和菓子でおなじみのわらび餅は、山菜のわらびの根から摂れるでんぷんを利用して作られている。わらびはアクも強いし、苦手意識がある人もいるかもしれないが、多くの人から支持を集めているわらびの味わいを活かした食べ方をいくつか紹介しよう。またすでにアク抜きがしてある下処理済みのわらびを使うことで、手軽に調理もできる。

わらびの味噌汁

わらびの食べ方としてまずは味噌汁を紹介したい。出汁に味噌をこし、わらびと豆腐を入れて弱火で加熱すれば完成だ。豆腐以外にワカメや卵、油揚げなどを入れても美味しく食べられる。家族に人気のある具材を合わせてみるのもよさそうだ。

わらびのたたき

わらびの産地としても知られている山形県の郷土料理だ。わらびを包丁の背でトントン叩き、繊維を断ち切って細かくし、さらに味噌や山椒の葉などを加えさらに叩く。トロトロになるまでたたけば完成だ。ごはんにもそうめんやそばにも合う料理である。

わらびのマヨネーズ和え

わらびの食べ方としては簡単な調理法のひとつで、切ったわらびとマヨネーズを和えるだけでできあがる。マヨネーズ味だと子どもも食べやすくなり、わらびが苦手な人にもおすすめだ。

わらびの卵とじ

わらびの卵とじも外せない。出汁に醤油やみりんで味を調え、沸騰したところにわらびを加える。中火にして再度沸騰すれば、溶き卵を回し入れ、卵に火が通れば完成だ。卵との相性もバツグンである。

わらびの天ぷら

すでに下処理済みで苦みが少ないため、数本を束ねて揚げてみてもらいたい。食べれば、わらびの美味しさが口の中に広がるだろう。

2. わらびの食べ方:重曹でアク抜き

生のわらびが手に入った際には、アクを抜くという作業が必要となる。なぜなら、わらびをはじめとした山菜には苦みやえぐみがあるためだ。この苦みをある程度取り除かないと美味しく食べられないため、わらびの食べ方としてまずはアクを取り除かなければならない。わらびは重曹を使ったアク抜きがおすすめだ。わらびをある程度の長さで揃え、切り口を揃えておく。ワラビに重曹をふりかけ、熱湯をかける。ワラビが浮いてこないようにするために、落としぶたをすることを忘れないようにしよう。一晩置き、キレイな水で洗えば、アク抜きができた状態になる。また通常のわらびよりも大きいサイズで、鬼わらびと呼ばれるオニヒカゲワラビがある。これは通常のわらびの食べ方と違い、最初にアク抜きをする必要がないのが特徴だ。鬼わらびの食べ方としては、茹でて味付けをすればよい。

3. 塩漬けや乾燥わらびの食べ方

季節ものであるわらびを長期で楽しむ食べ方として、塩漬けや乾燥などの方法が用いられることがある。実際に食べるときには、塩漬けのわらびは塩抜きが必要だ。サッと洗ったわらびは、約75℃のお湯に40分ほど漬けておく。そのまま冷めるまでおいて置き、流水にさらせばよい。塩抜きをしたわらびの食べ方としては、さつま揚げや野菜、そのほかの山菜なども一緒に煮物にするのがおすすめだ。
次は乾燥わらびについて戻し方を紹介しよう。乾燥わらびは水にしばらくつけて戻し、さらに茹でて戻すと食感がよくなるのだ。乾燥わらびは韓国料理でもおなじみのナムルにする食べ方がある。にんにくやごま油を混ぜたわらびのナムルは、香りもよく食欲も増す味付けだ。

結論

わらびはアクのある食べ物のため、下処理を忘れないように行いたい。そうすることでわらびの美味しさがグッと引き出されるのだ。食べ方もさまざまあるので、いままでとは違う調理法にもチャレンジし、わらびの旨みをさらに堪能してもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年4月21日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ