このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黄ニラを醤油漬けにする黄ニラ醤油とは?食べ方やおすすめ商品を紹介

黄ニラを醤油漬けにする黄ニラ醤油とは?食べ方やおすすめ商品を紹介

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年4月 8日

岡山県などで作られている「黄ニラ醤油」を知っているだろうか。地元では有名な高級調味料で、普通の醤油とはちょっと違った味わいがクセになる。今回は黄ニラ醤油の正体や作り方とともに、上手な使い方を紹介したい。通販などで購入できるおすすめの黄ニラ醤油も紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 岡山名物?黄ニラ醤油とは

黄ニラ醤油はその名の通り、黄ニラを使って作られた醤油のこと。黄ニラは岡山県の名物で、普通のニラとは違う黄色い見た目が特徴の野菜だ。黄ニラの旨みやエキスを抽出し、醤油に加えて作られたものが黄ニラ醤油。黄ニラ特有の香りや甘み、旨みなどが感じられる高級調味料として流通している。黄ニラは一般的な緑色のニラよりも甘みがあるとされているため、大豆の甘みや香りの強い醤油と相性バツグンなのだ。
黄ニラ醤油にもいろいろな種類があり、醤油と一緒に黄ニラも瓶詰めされている商品もある。黄ニラだけでなく椎茸や昆布のエキスを使用し、コク深い旨みを表現している黄ニラ醤油もあって味や風味はさまざま。岡山県周辺以外ではほとんど見かけない黄ニラ醤油だが、通販などでも購入可能なのでぜひ試してみてほしい。黄ニラ醤油の美味しさや旨みの強さに、驚く人も多いはずだ。

2. 上品な香りがクセになる!黄ニラ醤油の使い方

黄ニラ醤油は、卵かけごはんや刺身の付け醤油として使うのがおすすめ。卵かけごはんには普通の醤油をかける人が多いが、黄ニラ醤油を使うといつもとは違った味わいが楽しめる。卵かけごはんや刺身なら、黄ニラ醤油本来の旨みや香りを存分に楽しめるだろう。ほかにも、おひたしにかけたり少し薄めて鍋の付けダレとして使ったりするのもおすすめ。加熱せずに付けダレや付け醤油として使うのはもちろん、煮物など加熱する料理にも使うことができる。黄ニラ醤油自体に旨みがあるため、黄ニラ醤油と酒やみりんなど少ない調味料で美味しい煮物が作れるだろう。
夏場の暑い時期には、茹でたうどんに卵黄と黄ニラ醤油を絡めたぶっかけうどんを作るのもよいだろう。和食だけでなく、パスタなどにも活用できるのが嬉しいポイント。黄ニラ醤油はアレンジ次第でいろいろな料理に活用できるので、ぜひ試してみてほしい。

3. 一度は使ってみたい調味料!黄ニラ醤油

黄ニラ醤油は岡山県で有名な調味料だが、実際に岡山県に行くのはなかなか難しい。ここでは、岡山県で有名な黄ニラ醤油の店とともに通販で購入できる商品を紹介したい。

とら醤油

とら醤油は岡山県倉敷市にある醤油醸造会社で、黄ニラ醬油だけでなくさまざまな種類の醤油を製造している。とら醤油が作る黄ニラ醤油は、こだわり抜いて作られた醤油に岡山県産の黄ニラのエキスを加えた上質な醤油。黄ニラのエキスだけでなく鯛や昆布、椎茸エキスなどを使用して旨みを凝縮しているのも特徴。そのまま使うのはもちろん、旨みが強いので出汁巻き卵や炒め物の味付けにもおすすめ。150ml入りの小さめの瓶で売られているため、試しに購入したい人でも安心。

美観堂

美観堂謹製の黄ニラ醤油は、とら醤油で作られた醤油を使って作られた商品。岡山県産の黄ニラの中でも選りすぐりのものだけを使い、上質な黄ニラ醤油に仕上げている。1本200ml入りで、スタイリッシュな瓶に詰められている。見た目もオシャレで、お土産やプレゼントとしても人気が高い。公式サイトから購入できるため、すぐに試してみたい人にもおすすめだ。

結論

黄ニラ醤油をよく知らなかった人も、その魅力に驚いただろう。黄ニラ醤油は旨みが強く、香り高い醤油でいろいろな使い方ができる。まずは卵かけごはんや刺身などで黄ニラ醤油本来の味や香りを楽しみ、ほかのアレンジ料理を試してみてほしい。まだ試したことがない人は、ぜひこの機会に一度購入してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年4月 1日

  • 更新日:

    2021年4月 8日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ