このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アーモンドミルクの糖質量はどのくらい?飲み方に注意が必要!

アーモンドミルクの糖質量はどのくらい?飲み方に注意が必要!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年4月 8日

アーモンドミルクは市販のものだと甘いイメージがある。ヘルシーな飲み物といわれるが、糖質がどのくらい含まれているのかが気になるところだ。本記事では、アーモンドミルクの糖質やカロリーについて見ていくほか、糖質制限中に飲むための注意点やおすすめの取り方も紹介していく。安心して飲むための参考になれば幸いだ。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アーモンドミルクのカロリーや糖質量は?

まず、アーモンドミルクの糖質、およびカロリーがどのくらいなのかを見ていこう。アーモンドミルクは牛乳の代用として飲まれることが多いので、牛乳(※1)や、同じく代用としても飲まれる豆乳(※2)と比較して見ていく。なお、豆乳の比重はおおまかに1.0として計算する。

糖質は低い

アーモンドミルクの糖質は、200mlあたり0.9gだ。それに比べ、同量の牛乳の糖質は9.9gと10倍以上だ。したがって、アーモンドミルクはきわめて低糖質で、糖質制限の目的で牛乳の代用とするのにもってこいの飲み物だといえる。また、同量の豆乳の糖質は5.8gであることから、アーモンドミルクは豆乳と比べても低糖質の嬉しい飲み物だといえる。

カロリーも低い

アーモンドミルク200mlのカロリーはおおよそ39kcal、同量の牛乳は138kcal、豆乳は92kcalだ。糖質ほどの大きな差はないものの、アーモンドミルクはカロリーの面から見てもヘルシーだといえる。

糖質制限中にはアーモンドミルクがおすすめ!

アーモンドミルクは、牛乳や豆乳と比べて糖質、カロリーともに低い。したがって、糖質制限中の人がミルクを飲みたいなら、アーモンドミルクを選ぶのがおすすめだ。すっきりして美味しいので、飲みにくくて困ることは少ないだろう。

2. アーモンドミルクを糖質制限中に飲む注意点

アーモンドミルクはヘルシーで嬉しい飲み物だが、いくらでも飲んでよいというわけではない。糖質制限中にアーモンドミルクを安心して楽しむための注意点を見ていこう。

砂糖の添加に注意

アーモンドミルクには、商品によっては砂糖が添加されている。そのためさらに美味しい一方で、糖質が高くなりがちだ。商品によっては、200mlあたり10gほどの糖質が含まれる場合もある。したがって、そのまま飲んでしまうと糖質過多につながるおそれがある。
糖質の摂り過ぎを防ぐなら、何回かに分けて少しずつ飲む方法がある。ほかに、砂糖が入っていない商品を飲むのもおすすめだ。飲む前に栄養表示を見て、どのくらいの糖質が含まれるのかを確認すればより確実だ。

脂質の摂り過ぎにも注意

アーモンドミルクには脂質が200mlあたり2.9gと、それなりの量が含まれる。飲み過ぎると脂質過多にもつながりかねない。そのため、ほどほどの量に留めて飲むよう心がけたい。体質などにもよるものの、たとえば1日2杯までなら、脂質の心配をする必要はほとんどないだろう。

3. 糖質制限中のアーモンドミルクのおすすめの取り方

アーモンドミルクはそのまま飲むのもよいが、アレンジして飲むのも美味しい。ただ、調理法によっては糖質を増やしてしまうので要注意だ。ここでは、糖質を抑えつつアーモンドミルクを美味しく取るための方法をいくつか見ていこう。

プリンに使う

牛乳プリンで牛乳の代わりにアーモンドミルクを使えば、その分糖質を抑えられる。カラメルソースなどの分だけ糖質を取ることにはなるものの、通常のプリンよりはヘルシーだ。
あくまでアーモンドミルクの味だけで作るなら、アーモンドミルクと溶かしたゼラチンを混ぜて冷やすだけでも仕上がる。砂糖不使用のアーモンドミルクを使って砂糖を加えるのもよいし、砂糖が添加されたものの味でそのまま仕上げるのもアリだ。

ミルクスープに使う

アーモンドミルクは甘いイメージがあるが、スープにも使える。ミルクスープの材料として、砂糖不使用のものを加えればよい。野菜やベーコンなどを具材にして塩コショウなどで味付けすれば、糖質をほとんど増やさずに済む。肉や野菜の栄養も摂れるので、とくにおすすめできる方法のひとつだ。

結論

アーモンドミルクは糖質、カロリーともに低く、牛乳のヘルシーな代用として楽しめる飲み物だ。しかし砂糖が添加されている商品もあるため、糖質制限中の人は注意が必要だ。砂糖不使用のものを選べば糖質を抑えられるほか、うまく調理すればヘルシーかつほかの栄養もしっかり補える。各自に合った方法で、アーモンドミルクを楽しんでいただきたい。
(参考文献)
※1 文部科学省「食品成分データベース より 乳類/(液状乳類)/普通牛乳 - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等」
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=13_13003_7
※2 文部科学省「食品成分データベース より 豆類/だいず/[その他]/豆乳/豆乳 - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等」
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=4_04052_7
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年4月 8日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ