このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スタバのアーモンドミルクは何が違う?カスタマイズの幅が広がる!

スタバのアーモンドミルクは何が違う?カスタマイズの幅が広がる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年1月10日

第3のミルクとして、注目されているアーモンドミルク。スタバでもカスタマイズ用に、2017年10月から、期間限定ながら新たにこのアーモンドミルクが加わり、好評を博しているようだ。アーモンドミルクでカスタマイズしたビバレッジが、好評につき、定番メニューとしてレギュラー化された商品もあるようだ。そこで今回は、スタバのアーモンドミルクについてこれから詳しくお伝えしよう。

  

1. スタバでも大人気のアーモンドミルクの魅力とは

アーモンドミルクとは、細かく砕いたアーモンドを搾って作られる植物性の飲み物のこと。牛乳、豆乳に続く、第3のミルクとして、アメリカで爆発的な人気を博し、日本でも注目されるようになっている。スタバでも、カスタマイズ用のラインナップに、このアーモンドミルクが加わるや否や、注文が殺到し、売り切れてしまうこともあるほど、大変な人気となっているようだ。
そんなスタバでも大人気のアーモンドミルクの魅力は、ひとことでいえば栄養豊富であること。そもそも栄養豊富な食材として知られるアーモンドだが、そのアーモンドを搾って作られるアーモンドミルクには、アーモンドの栄養が凝縮されている。
その優れた抗酸化作用により、アンチエイジングビタミンとも呼ばれるビタミンEがアーモンドミルクには、極めて豊富に含まれている。また、通常の牛乳に比べると、カロリーも糖質も低い点も見逃せない。ちなみに、コップ1杯(約200ml)の牛乳のカロリーと糖質は、およそ134kcalと9gであるのに対し、同量のアーモンドミルクのカロリーと糖質は、およそ28kcalと0.6gになる。

2. アーモンドミルクでスタバのカスタマイズの幅が広がる

冒頭でもお伝えしたように、アーモンドミルクは、2017年10月から、スタバのカスタマイズアイテムとして、新登場した。それまでは、スターバックスのカスタマイズとして、通常のミルクの代わりに、「ソイミルク(豆乳)」「無脂肪乳」「低脂肪タイプ」の3タイプから選べるようになっていた。そこにアーモンドミルクが加わることによって、カスタマイズの幅をより広げることができるようになった。
スタバのアーモンドミルクは、スタバが開発したオリジナルで、エスプレッソとの相性を考慮し、アーモンドの香ばしさやクリーミーな味わいが最大限に活かされるような工夫が凝らされている。そのため、数あるスタバのビバレッジメニューの中では、エスプレッソのビバレッジメニューとの相性がとてもよいという特徴をもっている。
スタバのエスプレッソのビバレッジメニューであるラテのミルクをアーモンドミルクに変更したカスタマイズは、アーモンドミルクラテとしてレギュラー商品となっている。
アーモンドミルクと相性のよいビバレッジは、エスプレッソのほかにもあるようだ。さらに詳しく見ていこう。

3. スタバのアーモンドミルクと相性のよいビバレッジ

キャラメルマキアート×アーモンドミルク

アーモンドミルクでカスタマイズすることによって、アーモンドの香ばしさが加わることにより、キャラメルマキアート特有の濃厚な味わいが一段とアップする。

カフェモカ×アーモンドミルク

カフェモカのほろ苦い風味や甘さと、アーモンドミルクの香ばしさが見事にマッチして、エスプレッソに負けず劣らず相性バツグンといえる組み合わせ。

フラペチーノ×アーモンドミルク

すでにソイミルクによるカスタマイズが人気で定番となっているようだが、アーモンドミルクによるカスタマイズは、濃厚でやさしい味わいが魅力。チョコレートチップをさらにプラスするのもおすすめ。

結論

アーモンドミルクの魅力や、スタバのオリジナルアーモンドミルクによるカスタマイズのバリエーションをいくつか紹介した。ご理解いただけただろうか?このほかにもココアのカスタマイズも人気のようだ。いろいろと試してみて、これはと思えるカスタマイズを見つけてみてはいかがだろう?
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ