このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
水出しコーヒーの豆の選び方を紹介!挽き方のポイントや淹れ方も解説

水出しコーヒーの豆の選び方を紹介!挽き方のポイントや淹れ方も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年4月 4日

水出しコーヒーを自宅で作りたいが、豆はどんなものを使えばよいのだろうか。ホット用の豆と水出しコーヒー用の豆はどう違うのか。そんな疑問をもったことがある人もいるかもしれない。そこで豆の選び方や普通のコーヒー豆との違い、また豆の挽き方やおすすめの豆、アイスコーヒーの淹れ方まで紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 水出しコーヒーの豆の選び方や違い

水出しコーヒー用の豆の選び方は難しい、そう思っている人もいるだろう。ではどのように水出しコーヒーの豆を選んだらよいのか。ここでは豆の選び方や、水出しコーヒーと普通の豆との違いなどを紹介したい。

水出しコーヒーの豆の焙煎度

コーヒー豆には焙煎度がある。焙煎とはローストすることで、通常8段階ほどに分けられる。焙煎にかける時間が長いと味にコクと深み、かける時間が短いと酸味が強い。水出しコーヒーとして豆を選ぶなら時間をかけてローストされている状態の豆が好ましい。7、8段階めのものが水出しコーヒーに合うだろう。たとえばイタリアンローストなど、8段階で焙煎されているものが一番向いているのだ。もしくはその手前のフレンチローストもよいだろう。

水出しコーヒーの豆の原産地

水出しコーヒーの豆を選ぶなら原産地も確認したい。実はバランスがよいとされている豆は南米産。わからなかったらコロンビアやブラジル豆を選ぶとよいだろう。パナマなどの中米豆はフルーティーさが強く、アフリカ豆などは香りが独特である。

普通の豆と水出しアイスコーヒーの豆の違い

結論からいうと実は豆はアイスでもホットでも淹れられる。しかしホットにしたときと、アイスにしたときは同じ豆でも味わいが変わるのだ。水出しコーヒーのように水で薄めるのが前提の場合は、できるだけ深煎りの豆を選ぶ必要がある。

2. 水出しコーヒーの豆の挽き方

水出しコーヒーの豆の選び方がわかったが、豆を選んだら豆のまま購入したほうがよいのだろうか。また挽く場合、挽き方はどのようにしたらよいのか。そのようなコーヒー豆ビギナーにもわかりやすく解説をしよう。

水出しコーヒーの豆の挽き方は?

コーヒー豆はそのままでは当然淹れられず、器具を使って挽く。しかし実は挽き方にもいろいろあるのだ。一般的には豆には粗挽き、中挽き、細挽きとある。粗いほどコーヒーの味は薄め。しかし水出しコーヒー用は、粗挽きから中挽きにするのがおすすめだ。

水出しコーヒーの豆は保存期間で挽くか決める

水出しコーヒーの豆を買いに行き、豆を挽くか挽かないか悩む人もいるかもしれない。当然自宅に豆を挽く器具がなければ店で挽いてもらう必要がある。しかしもし自宅に器具があるのなら、必要量だけでその都度挽くほうがよいだろう。コーヒー豆は挽いた段階で酸素に触れ、劣化がはじまる。美味しく飲める保存期間は7~10日の間だ。粉にした状態ですぐに飲む予定がないのなら、必要な日数から逆算して購入するのがおすすめである。

3. 水出しコーヒーにおすすめの豆

水出しコーヒーの豆について基礎知識がついたところで、具体的にどんな豆が美味しいのかを紹介する。

カルディ「ウォータードリップコーヒー」

コーヒーの豆を手軽に購入できることで人気があるカルディで、アイスコーヒーの豆を水出し風にした定番の商品。イタリアンローストで深煎り具合が水出しコーヒーにぴったり。値段も手頃なので買い求めやすい。

キーコーヒー「GRAND TASTE ・香味まろやか水出し珈琲」

喫茶店などで飲む水出しコーヒーのような味を楽しめる豆で、水出しコーヒーを美味しく飲むことができる。酸味や苦みが強くないので、ビギナーでも飲みやすいのが嬉しい。

澤井珈琲「専門店BITTERなアイスブレンド(水出し珈琲用)」

クセがない澤井珈琲の人気商品。メインにブラジル産サントス豆を使い、香ばしい後味がやみつきになりそうな一品だ。

4. 豆から水出しコーヒーを淹れる方法

自分で水出しコーヒーを手軽に淹れる方法を知りたい。それさえ知っておけば、家にいながらカフェさながらの味を楽しめるのだ。それではここで水出しコーヒーの美味しい淹れ方を紹介しよう。

水出しコーヒーは豆と水の量が大事!

水出しコーヒーを淹れるには、コーヒー粉1に対し水が18。水出しコーヒー用のポットで抽出する場合は1Lサイズで豆は40gほど挽こう。水は1L用意する。12時間~1晩で大体水出しコーヒーが完成する。ウォータードリップのサーバーを使って水出しコーヒーを淹れる場合は、約1時間で抽出できるのが特徴だ。ポットのときと豆の量は同じでよいが水は750ccほどで少なめにしたい。早めに水出しコーヒーを作りたいときにはこちらのほうがおすすめである。どちらの方法で水出しコーヒーを作ったとしても豆の量は同じ、そして常温で作るのがおすすめである。

結論

ここでは水出しコーヒーにはどんな豆を選ぶべきか、また挽き方、実際に選びたいおすすめの豆、自分で淹れる際の方法などを紹介してきた。水出しコーヒーは手軽に美味しく飲むことができるので、休日などにぜひ試してほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月 4日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ