このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハムエッグをレンジで作る!加熱時間や爆発させないコツを伝授!

ハムエッグをレンジで作る!加熱時間や爆発させないコツを伝授!

投稿者:ライター 竹間たまみ(たけまたまみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年4月18日

ハムエッグといえば朝食の定番料理だが、レンジで簡単に作れることをご存じだろうか。レンジで作れば、調理時間が短くて済むため、忙しい日の朝ごはんにも作りやすい。またレンジで作ったハムエッグは、半分に切ると色鮮やかで見栄えもよいので、弁当のおかずにもぴったりだ。今回は、レンジで作るハムエッグについて深掘りしていこう。

  

1. レンジで人気の折りたたみ半熟ハムエッグを作ろう

折りたたみ半熟ハムエッグをレンジで作る方法が人気だ。レンジで作ると、調理時間が短縮できるだけでなく、フライパンを洗う手間が省けることもメリットだろう。
ここで、折りたたみ半熟ハムエッグの作り方を紹介しよう。まず、耐熱容器にラップを敷き、2枚のハムを少し重なるようにして置く。そこに卵を割り、塩コショウをふる。黄身に爪楊枝などで数ヶ所穴を開け、ハムを折りたたむように卵の上に重ねる。ふんわりとラップで包んだら、600Wで1分半ほど加熱すれば折りたたみ半熟ハムエッグの完成である。加熱時間はレンジによっても異なるため、短めにセットするのがおすすめだ。加熱が足りなければ、10秒ずつ様子を見ながら調整しよう。
ハムを折りたたまず、卵の上下にハムを置いてハムエッグを作る方法もある。このときの加熱時間は上記の場合と同じくらいで構わない。
また、ハム1枚に卵1個をのせてハムエッグを作る場合は、600Wのレンジで30秒ほど加熱しよう。好みによって10秒ずつ調整していただきたい。
ハムエッグをレンジで作るときに、黄身の位置が決まらないということが起こり得る。黄身が真ん中にある見栄えのよいハムエッグを作るには、底に丸みのあるボウルのような耐熱皿を使うとよいだろう。

2. 爆発に注意!レンジでハムエッグを作るときのポイント

卵をレンジで調理すると爆発の危険があることをご存じだろうか。そもそも、レンジは食材の内側から加熱される仕組みである。割った卵をレンジで加熱すると、黄身の内側から加熱され、温度が高くなることによって、黄身内部の圧力が高まる。黄身の表面には薄い膜があるので、その膜が黄身の圧力に耐えられなくなると爆発が起こってしまう。
ハムエッグをレンジで調理するときには、卵を爆発させないよう気をつけなければならない。爆発を防ぐには、黄身に爪楊枝やフォークで数ヶ所穴を開けておくことが有効である。また、レンジ加熱後にすぐにハムエッグを取り出すのではなく、レンジの庫内である程度冷ましてから取り出すのもよいだろう。
しかしさまざまな工夫を施しても、爆発の危険がゼロになるというわけではない。ハムエッグをレンジで作る場合は、爆発の危険性があることを頭に入れておこう。

3. レンジでハムエッグが作れる便利グッズ

100均グッズを使ってハムエッグ作りを楽しんでみてはいかがだろう。

株式会社大創産業「電子レンジ調理器 どんぶり・目玉焼き」

こちらの商品を使うと、ハムエッグがレンジで簡単に作れる。そのほか、目玉焼きやどんぶり作りにも便利だ。パッケージには、持ち手つきの容器とふたの2点が入っている。食材を入れる持ち手つき容器の底面はギザギザの作りになっており、使用後に汚れがつきにくい仕様なのもうれしいポイントだ。

株式会社大創産業「シリコーンふた」「のびラップ」

これらは洗って繰り返し使える、ラップの代用品。ごみの削減につながるエコな商品として注目度が高い。100均には大きさもいろいろあるので、使う皿に対応した商品を選ぶのがおすすめだ。ハムエッグに使う場合には、食材にふんわりとのせるようにしてレンジで加熱しよう。

4. レンジで作るハムエッグのカロリー

卵1個(約50g)とハム2枚(約20g)を使用し、ハムエッグをレンジで作ると、カロリーは113kcalほどになる(※1※2)。ハムエッグには、チーズなどをトッピングして楽しむ人もいるだろう。トッピングをすればやはりカロリーは高くなり、たとえばチーズを10gトッピングすると、プラス31kcalとなる(※3)。
ここで調理法によるカロリーの違いを考えてみよう。ハムエッグをレンジで作った場合とフライパンで作った場合とで、カロリーは違うのだろうか。フライパンでハムエッグを作る場合には、少量だが油を使う。そのため、レンジで作る場合に比べてカロリーは高くなる。油は大さじ1杯(12g)で106kcal(※4)と高カロリーなため、少量使っただけでもカロリーに大きく影響する。

結論

ハムエッグは朝食やつまみ、弁当のおかずにと大活躍の一品だ。レンジで簡単に作れるので、忙しいときにも重宝するだろう。絶対に覚えておかなければならないのが、卵をそのままレンジで加熱すると爆発するということ。今回紹介した内容を参考に、ハムエッグをレンジで安全に作ってみてほしい。
(参考文献)
※1 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=12_12004_7

※2 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11176_7

※3 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=13_13040_7

※4 食品成分データベース 文部科学省
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=14_14006_6
  • 更新日:

    2021年4月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ