このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
貝柱を使ったおすすめ料理は?干し貝柱や缶詰の使い方も紹介!

貝柱を使ったおすすめ料理は?干し貝柱や缶詰の使い方も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年5月 6日

貝柱は美味しく、とくに新鮮なものはたまらない。しかし、料理への使い方に悩むかもしれない。本記事では、貝柱を使ったおすすめ料理を紹介していく。ホタテの生の貝柱から干し貝柱、缶詰にアコヤ貝と幅広く見ていくので、ぜひ参考にしていただきたい。

  

1. おすすめ!生のホタテ貝柱を使った料理

まずは、生のホタテの貝柱を使った料理をいくつか見ていこう。

中華炒め

ホタテは炒めもの、中でも中華炒めと相性バツグンだ。ホタテの貝柱を水平に半分に切り、食材として使えばよい。鶏ガラの旨みをきかせたい。また、塩味もよく合う。青菜やきのこなどの野菜をたっぷり使い、栄養満点の料理に仕上げたい。

刺身

鮮度のよいホタテの貝柱であれば、刺身にしても美味しい。垂直に切って食感を楽しんでもよいし、水平に切って旨みをしっかり味わうのもおすすめだ。厚さによっても食感が変わるので、好みの切り方を試そう。なお、必ず刺身用の貝柱を使うように注意しよう。刺身用の冷凍された貝柱も販売されている。

バター焼き

ホタテの貝柱といえば、バター焼きもおすすめの料理だ。水平に切って、バターをひいたフライパンで焼けばよい。仕上げに醤油で味付けすれば、たまらない味に仕上げられる。また、刺身用の貝柱を使えば、焼き加減も自由に調整できる。ごはんや酒にもよく合うので、ぜひ作ってみよう。

2. 旨みがじわり!貝柱の干物を使った料理

ホタテの貝柱は、干物としても使われる。旨みたっぷりなので、ぜひ味わいたい。戻し方やおすすめの料理を見ていこう。

戻し方

干し貝柱は水で戻して使う。一般的なのは、たっぷりの水で半日ほどかけて戻す方法だ。戻すと3倍近い体積になるため、サイズに余裕のある容器で戻したい。
急ぐ場合は、お湯を入れてからさらに電子レンジで加熱するとよい。短時間で戻せるが、戻り方が偏ることもある。なるべく水でゆっくり戻すほうが美味しい。なお、戻し汁には旨みがたっぷり出ている。捨てずに料理に使いたい。

炊き込みごはん

干し貝柱を料理に使うなら、まずは炊き込みごはんがおすすめだ。戻し汁を使えば、旨みをしっかり味わえる。野菜やこんにゃくなどたっぷりの具材を使い、彩りよく仕上げたい。なお、干し貝柱は水で戻してから炊こう。戻さずに炊くと、うまく戻らないことが多い。

スープ

ほかに、干し貝柱を使った中華スープも美味しい。戻し汁の旨みを味わうのにももってこいの料理だ。薄めの味付けにし、旨みが目立つように調節したい。ほかの具材は、大根などの淡白なものがおすすめだ。また、香味野菜を加えても美味しい。

3. 手軽でコスパよし!缶詰の貝柱を使った料理

ホタテの貝柱は、水煮缶としても販売されている。火が通っているので、料理に使いやすいのが嬉しい。おすすめ料理をいくつか見ていこう。

サラダ

ホタテ缶は、そのままほぐしてサラダに使える。千切りにしたほかの野菜とマヨネーズで絡める、あるいは出汁を使ったおひたし風も美味しい。きゅうりやもやしなど、歯ごたえのある野菜と相性がよい。火を使わずさっと作れるという意味でも、おすすめの料理だ。

炒め物

ホタテ缶は、炒め物の食材としてもおすすめだ。キャベツなどの食べごたえのある野菜や、葉物野菜と合わせて美味しく食べられる。ホタテ缶の旨みを味わうなら、あっさりした食材と合わせて、薄めの味付けに仕上げたい。

パスタ

ホタテ缶は、パスタの具材に使っても美味しい。シンプルにペペロンチーノに加えてもよいし、クリームパスタに絡めるのもおすすめだ。せっかくなら缶の汁もソースに加え、旨みたっぷりに仕上げたい。麺との相性もバツグンだ。

4. アコヤ貝の貝柱を使った料理

アコヤ貝は真珠の養殖に使われる貝だが、貝柱を食用にできる。おすすめの料理をいくつか見ていこう。

塩焼き

アコヤ貝の貝柱をシンプルに味わうなら、塩焼きがおすすめだ。薄くスライスして焼き、塩をまぶすだけで完成だ。フライパンで焼くのもよいし、串焼きにしてもよい。また、好みでほかの調味料を加えても美味しいだろう。

フライ

貝柱をフライにしても美味しい。厚めに切って、歯ごたえを楽しむのがおすすめだ。レモン汁などであっさりと食べると美味しい。

和え物

貝柱を和え物にするのも美味しい。酢味噌など、しっかりした味付けにするのがおすすめだ。刺身に使える貝柱ならそのまま使ってもよい。そうでなければ、下茹でしたうえでスライスして使うとよいだろう。

結論

ホタテの生の貝柱は、食感を楽しめるのが魅力だ。刺身用ならさらに食べ方の幅が広がる。一方、干し貝柱や缶詰なら、旨みをしっかり味わえるのが嬉しい。とくに缶詰は簡単に扱えるので、料理に積極的に使いたい。アコヤ貝もさまざまな食べ方で楽しめるので、手に入ったらいろいろ試してみよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング