このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【そば粉】を使ったクレープはアレンジいろいろ!デザートも作れる!

【そば粉】を使ったクレープはアレンジいろいろ!デザートも作れる!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年5月13日

カフェやレストランで見かけることがあるそば粉を使ったクレープ。食事系からスイーツ系まで幅広くアレンジが楽しめることでも知られている。今回は、そんなそば粉を使ったクレープの作り方やアレンジ方法を紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フランスのそば粉クレープ「ガレット」の作り方

フランスでは、そば粉を使ったクレープのことをガレットと呼ぶ。フランス語でガレとは小石という意味があり、丸くて平たく伸ばした料理をガレットと呼んでいるのだ。その中でもそば粉を使ったガレットは、フランスのブルターニュ地方の郷土料理でもある。もともと日照時間が短いブルターニュ地方では小麦よりもそば粉のほうが豊富に栽培されていたのも理由だ。そんなそば粉に塩や水を加えて焼いたのがガレットの始まりになる。

ガレットとクレープは何が違う?

ガレットとよく比較されるのがクレープだ。ガレットとクレープの違いは使っている粉の種類だ。クレープは小麦粉にバターや卵、砂糖などが使わるのに対して、ガレットはそば粉に塩と水のみで作られている。

ガレットのカロリー

そば粉を使ったガレットのカロリーは1枚あたり約128kcalだ。そこに卵やハムやチーズなどの具材が加わるとさらにカロリーは高くなる。また、そば粉ではなく小麦粉を使ったクレープの場合のカロリーは1枚あたり約190kcalだ。

2. そば粉クレープの生地や具材アレンジ

そば粉クレープの生地や具材はさまざまなアレンジが楽しめる。それぞれのアレンジ方法を紹介するので、自分好みのそば粉クレープを作ってみよう。

生地をアレンジ

そば粉クレープの生地はシンプルなものだと、そば粉と塩、水のみで作られる。ほかにもアレンジとして卵や牛乳を加えて作る方法がある。

具材アレンジ

そば粉クレープは具材もいろいろ楽しめる。定番の具材はハムやチーズ、卵をのせたものだ。ほかにもきのこ類やほうれん草をのせるのもおすすめだ。おかず系をのせることで、朝食やランチなど食事として楽しむことができるのも嬉しい。

3. デザート向けの甘いそば粉クレープ

そば粉クレープは、食事系だけではなく甘いスイーツ系にしてデザートとして楽しむこともできる。デザート系にする場合は、クレープのように生クリームを挟んでくるくる巻いて食べるのも美味しい。ほかにもクレープの定番でもあるバナナとチョコレートをトッピングしてもいいだろう。そのほかアイスクリームをトッピングするのもおすすめだ。そば粉クレープも通常のクレープと同じようなデザート系の具材との相性もバツグンなので、試してみてもらいたい。

4. そば粉クレープは冷凍OK

そば粉クレープは冷凍保存することができる。たくさん作って冷凍しておけば手軽に食べたい時にそば粉クレープが楽しめる。ほかにも市販の冷凍そば粉クレープもあるので、紹介しよう。

冷凍方法と解凍方法

そば粉クレープはたくさん作って冷凍保存することができる。冷凍する際は、焼いたそば粉クレープをラップに包んで冷凍庫に入れるだけだ。使う際も、そのままフライパンにのせて温まるまで焼けば、いつものそば粉クレープが楽しめるのだ。冷凍する際は、1枚ずつラップに包んでおくと必要な分ずつ解凍できるので、便利だろう。

市販の冷凍そば粉クレープ

そば粉クレープは業務用として冷凍販売されていることもある。業務用ネットスーパーのロコパンでは、冷凍のそばガレットとして購入することができる。ほかにも楽天などでは、本場フランス産のそば粉ガレットも冷凍で購入することができるので、試してみるのもいいだろう。

結論

そば粉クレープはフランスの伝統料理でもあるガレットとしても親しまれている。のせる具材によって、おかず系からデザート系まで楽しめるので幅広い楽しみ方ができるだろう。自宅でも簡単に作ることができ、冷凍保存も可能なのでたくさん作って冷凍しておくのもおすすめだ。冷凍しておくことで、食べたい時に簡単にそば粉クレープが楽しめるだろう。ぜひアレンジを楽しみながら、そば粉クレープ作りにチャレンジしてみよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月13日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ