このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
新じゃがのフライドポテトの作り方を紹介!カリカリに美味しく作ろう

新じゃがのフライドポテトの作り方を紹介!カリカリに美味しく作ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年5月25日

フライドポテトが好きかどうか聞かれたら、「はい」と答える人が大半なのではないだろうか。ひと言でフライドポテトといっても、切り方や揚げ方、味付けなどは多岐にわたり、それぞれによいポイントがあることだろう。ここでは基本的な新じゃがのフライドポテトの作り方を紹介していくので、注目してもらいたい。

  

1. 新じゃがのフライドポテトをカリカリに仕上げるコツ

子どもから大人まで人気の高いフライドポテトは、少しでも美味しく食べられるように作りたい。新じゃがを使って作るフライドポテトをカリカリに仕上げるためのコツをいくつか紹介していく。カリカリのフライドポテトを味わうために、ぜひ下記の方法を取り入れてもらいたい。

細切りにカットする

太くカットされたフライドポテトは食べごたえがありとても美味しいけれど、細くてカリカリに揚げられたフライドポテトも人気が高い。新じゃがをカットする際に、5mmくらいの細切りにすることでカリカリに仕上がりやすくなるので、ぜひ試してみてもらいたい。

しっかりと水にさらす

新じゃがをカットしたら、1時間を目安に水にさらしておく。水にさらすことで新じゃがに含まれているデンプンが水に溶け出てくるので、表面がカリっと揚がり香ばしく仕上がる。
新じゃがにデンプン質が残ったままの状態だと、仕上がりがベタッとしてしまうので注意が必要である。1時間も水にさらすほどの時間がないという場合には、少なくとも15分程度は水にさらすといいだろう。

粉をまぶしてから揚げる

新じゃがを粉でコーティングすることでカリカリ感とホクホク感を出すことができる。粉類には薄力粉と片栗粉があり、これらを混ぜてコーティングすることで新じゃがをより美味しく仕上げることができる。工程としてはひと手間増えてしまうが、この工程があるのとないのとでは大きく差が出てくるので、ぜひ取り入れてもらいたいおすすめの方法だ。

二度揚げをする

一度目は低温で揚げることで新じゃがの甘みが引き出されて、ホクホク感を得ることができる。二度目は高温で揚げることで、表面がカリっと仕上がりとても美味しくなる。低温とは160~165℃程度で、高温とは180~185℃程度となる。

2. シンプルで美味しい!新じゃがのフライドポテト

新じゃがを使ったカリカリのフライドポテトの作り方を紹介していくので、参考にしてもらいたい。

新じゃがのフライドポテト

材料

新じゃがいも、小麦粉、片栗粉、揚げ油、塩コショウ

作り方

新じゃがいもをよく洗い、芽を取り除いておく。縦半分に切ってから切り口を下にして置き、適度な厚さになるように等分の放射状に切り分けて、くし切りにする。ボウルなどに水をはり、新じゃがいもを1時間程度水にさらしておく。ザルにあげて水きりをし、ペーパータオルなどでしっかりと水気を拭き取る。小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせてポリ袋などに入れ、そこに新じゃがいもを入れ全体にしっかりと粉をまぶしていく。揚げ油を低温に熱して5~7分程度揚げて一度取り出し、次に高温に熱して1分程度二度揚げにする。熱いうちに塩コショウをふりかけたら、完成となる。

切り方のアレンジ

上記ではくし切りにした厚めのフライドポテトを紹介したが、好みによっては拍子切りにして細めのフライドポテトも楽しんでもらいたい。拍子切りにした際は、揚げ時間がくし切りより短くなるという利点もある。時間がない時には、拍子切りを取り入れてみるのもよいだろう。

味付けのアレンジ

フライドポテトの味付けはシンプルな塩味ももちろん美味しいが、コンソメ味や青のり味もおすすめしたい。また、マヨネーズ+ケチャップのオーロラソースや明太子マヨやアボカドソースなどをディップして食べても美味しい。数種類の味付けやソースを用意したり、子どもの好みや日によってアレンジしてみてもよいだろう。

3. オーブンでヘルシーに!揚げない新じゃがのフライドポテト

オーブンを使いヘルシーに仕上げる、揚げない新じゃがのフライドポテトの作り方を紹介していくので、試してみてもらいたい。

材料

新じゃがいも、オリーブオイル、塩、ドライパセリ

作り方

まずはじめに、オーブンを200℃に予熱しておく。新じゃがいもはよく洗って、芽を取り除いてから、皮付きのままくし切りにする。ポリ袋などにオリーブオイルと新じゃがいもを入れよく絡めておく。天板にクッキングシートを敷いて、新じゃがいもをそれぞれ間隔をあけながら並べていく。200℃に予熱したオーブンで、25~30分程度焼く。熱いうちに塩をふり、ドライパセリをちらしたら完成となる。
揚げていないとは思えないくらい、カリカリのフライドポテトを作ることができる。ポイントは、焼く前にポリ袋などを使用して新じゃがいもをオリーブオイルでしっかりと絡めておくことだ。

結論

本記事では、新じゃがのフライドポテトについて紹介してきた。カリカリに美味しく仕上げるコツなどを解説しているので、ぜひ取り入れてもらいたい。また基本的な作り方以外にも、揚げずにオーブンを使った作り方を紹介してきたので、ぜひ挑戦してもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング