このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホットサンドメーカーで肉まんを焼いてみよう!アレンジやコツは?

ホットサンドメーカーで肉まんを焼いてみよう!アレンジやコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2021年5月15日

ホットサンドメーカーは食パンに具を挟んで焼く以外にもさまざまなレシピが考案されている。そして、日常の朝食のみならず、キャンプなどのアウトドアでも活用されている調理道具の1つだ。そのなかでも、もはや定番ともいえるほどの人気がある焼き肉まんについて紹介したい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャンプにもおすすめ!ホットサンドメーカーで焼き肉まん

キャンプブームとも相まって、電気式だけでなく直火式のホットサンドメーカーもさまざまな種類が販売されている。そして、ホットサンドメーカーを使用したアレンジレシピは数多くあり、肉まんを挟んで焼くのもそのなかの1つの方法だ。
このレシピが人気の理由は、何といってもホットサンドメーカーで挟んで焼くだけで、肉まんがまるで別の料理になるという点である。
手順はホットサンドメーカーに肉まんをのせ、挟んで焼くだけである。このとき、肉まんの底に付いている紙をくれぐれも取り忘れることがないように注意してほしい。
焼き方のコツは、火が強いと簡単に焦げてしまうため火加減は弱めにしてじっくりと焼きあげることである。こうすることで、皮の表面はさくさく、中はふわふわ、さらに具はジューシーに仕上がるのだ。
また、キャンプなどの野外では、蒸して加熱するのは難しい。そこで、温かい肉まんを食べるための方法としても、ホットサンドメーカーで焼き上げるのがぴったりなのだ。

2. ホットサンドの焼き肉まんアレンジ

挟んで焼くだけの焼き肉まんであるが、簡単なアレンジもあるので紹介する。
1つは、バターを使用する方法。バターをホットサンドメーカーと、肉まんの上にバターをのせ、肉まんの上下をバターで挟んで焼き上げるのだ。このようにすると、バターの風味が加わり、皮もさらにパリパリに仕上がって美味しい。
2つめはとろけるチーズをのせて焼く方法だ。とろけるチーズをのせて焼くと、チーズがカリカリになり、皮はふっくらとした仕上がりになるのである。でき上がりはチーズせんべいをくっ付けたような仕上がりになり、肉まんが帽子を被っているように見え、かわいらしい見た目になる。
3つめはごま油を使用する方法である。ホットサンドメーカーの両面にごま油を塗って焼き上げると、ごま油の風味によってより香ばしさがアップし、まるで焼き餃子のような食感に生まれ変わるのである。そのため、餃子のタレを付けるのもおすすめの食べ方の1つだ。
いずれも簡単なアレンジであるが、かなり違った仕上がりになるのでそれぞれ試してみるとよいだろう。

3. 冷凍肉まんをホットサンドメーカーで焼くコツ

チルドやすでに蒸してある肉まんを使用する場合は、そのままホットサンドメーカーで焼くとよい。キャンプなどで冷凍の肉まんを持っていく場合、蒸してから焼くのは設備的に難しくできれば調理の手順も削減したい。しかし、凍っているとうまく潰れないし、そもそも底の紙を剥がすことも難しいのである。
そこで、冷凍肉まんが溶ける翌日の朝食などのタイミングに使用にするのがおすすめだ。さらに、冷凍肉まんであれば保冷剤の代わりにもなるので、食べてしまえば荷物が減り、一石二鳥なのである。
もちろん、電子レンジなどで蒸してから使用できる場合は、そのほうが早く確実に中まで温まる。しかし、冷凍肉まんでも解凍してからであれば、そのままホットサンドメーカーで焼いても遜色ない仕上がりにできるのだ。
ただし、温かい肉まんを焼くよりもじっくりと弱火で焼くことが、中までしっかりと温め、なおかつ焦げないように焼き上げる方法である。

結論

焼き肉まんはホットサンドメーカーを使用した人気のアレンジレシピである。調理時に使用する油脂を変えるだけでも仕上がりが変わり、違ったテイストが楽しめることも魅力だ。また、冷凍肉まんはキャンプの朝食として持っていくことで、保冷剤にもなる使い勝手のよい食材である。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月15日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ