このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
意外と簡単!韓国海苔巻き【キンパ】の作り方とバリエーションを解説

意外と簡単!韓国海苔巻き【キンパ】の作り方とバリエーションを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年5月 9日

韓国料理は、日本でもポピュラーな存在になった。今回フィーチャーするのは、キンパ。韓国風の海苔巻きである。基本の具材は炒めた牛肉とナムル、卵焼き、そしてたくあんが入るところが面白い。難しそうな見た目とは裏腹に、じつはとても簡単。これを機会にマスターしよう!

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 意外と簡単に作れるキンパ!材料は何を入れる?

キンパとは

キンパは、韓国の海苔巻きのこと。塩とごま油で調味したごはんにほうれん草や人参、ゼンマイのナムルやたくあん、卵焼き、炒めた牛肉を巻いたものが基本。本場韓国では家庭の味であり、それと同時に屋台でも販売されているファストフードでもある。腹持ちがよく、栄養満点なので弁当になることもあるそうだ。
そんなキンパ、昨今の韓国料理ブームにのって、流行の兆し。日本の太巻きと違い、酢飯を用意する必要がない。この気軽さも人気を後押ししているようだ。中身の具材にしっかりと味が付いているので、大人はもちろん、子どもでも食べやすい。

人気の具材

キンパの具材は多彩。豚キムチやプルコギなど、韓国の定番料理を巻いたり、チーズやツナ、魚肉ソーセージなどで作ることもあるらしい。

簡単な作り方

キンパは、具材の用意さえ済めば、あとは巻くだけなので簡単。一品で栄養バランスが整うところもうれしい。牛肉はにんにく、酒、砂糖、醤油で味付けをする。面倒な場合は、焼肉のタレを活用してもいいだろう。人参は、千切りにしてごま油でさっと炒め、塩とゴマで調味。ほうれん草は下茹でして、醤油、ごま油、ゴマで調味しておく。ほうれん草は切らずに用意しておくと巻きやすい。
そのほか棒状に切った卵焼きとたくあんを用意。ごはんは温かいうちにごま油と塩で調味しておくといい。あとは巻きすを用意して、海苔で巻くだけだ。

2. 簡単だけど本格的なプルコギキンパ

プルコギとは

プルコギも韓国の定番メニュー。プルは「火」、コギは「肉」を意味しており、肉を焼いたものである。甘辛いタレで味付けた牛肉を野菜とともに専用鍋で焼き炒めするのが、基本である。

プルコギキンパの作り方

甘辛のプルコギは、ごはんにぴったり。もちろんキンパの具材としても優秀だ。梨やりんご、玉ねぎのすりおろし、水飴、醤油、酒、ごま油、にんにくを使ったタレに牛肉をつけておき、千切りにした人参や玉ねぎ、パプリカと一緒にフライパンで炒めよう。これとたくあん、辛味がほしい人はコチュジャンを一緒に巻けば完成だ。

3. 好きなチーズで簡単!チーズキンパ

とろけるチーズが美味しいチーズキンパは、日本を代表するコリアン街・新大久保でも大人気のメニュー。SNSでも話題を集めている。チーズをとろけさせるのがポイントなので、巻き終えたら、電子レンジで温めるのが正解だ。使うチーズは、モッツァレラやさけるチーズ、クリームチーズなど好きな種類でOK。

チーズキンパの作り方

チーズキンパのポイントは、ごはんをキムチチャーハンのようにすること。炒めても混ぜてもいい。ほうれん草を刻んだものと油を切ったツナ缶を入れると、ぐっと栄養バランスがよくなる。中央にチーズがくるように巻いたら、電子レンジで2分ほど温めて、チーズを溶かせば完成だ。

4. 豚バラで簡単旨い!サムギョプサル風キンパ

サムギョプサル

韓国版の焼肉のなかでも、庶民に愛されているのがサムギョプサルだ。豚の三枚肉をカリッと焼いて、エゴマの葉やサンチュなどに包んで食べるもので日本でも非常に人気が高い。ちなみにサムは「3」、ギョプは「層」、サルは「肉」を表す韓国語である。焼いたキムチやサムジャンと呼ばれる辛味噌、ごま油と塩などで食べるのが一般的。

サムギョプサルキンパの作り方

このサムギョプサルを海苔巻きにしたものが、サムギョプサルキンパ。サムギョプサルの美味しさは、たっぷりの野菜にあるのでサンチュ、エゴマの葉は必須。あとは豚バラ肉をカリッと焼いたもの、キムチ、コチュジャンを巻き込めば完成だ。

5. 肉なし&火を使わないから簡単!ツナキンパ

ツナを使えば、火を使わず簡単にキンパを作ることができる。合わせる具材のおすすめは、キムチ。刻んだキムチとツナをごはんに混ぜて、きゅうりやサンチュなど、好みの具材を合わせたい。辛くないツナキンパなら、卵焼きやナムル、たくあんを合わせるのもおすすめだ。

6. 魚肉ソーセージと焼肉のタレでも簡単に作れるキンパ

魚肉ソーセージやカニカマは、韓国でもキンパの材料によく使われているらしい。魚肉ソーセージを焼肉のタレで炒めて具材にするだけなのでとても簡単。スティック状にカットした魚肉ソーセージをナムルやレタスなどと合わせて、バランスのよい味わいに仕上げたい。

結論

キンパは、韓国風海苔巻きのことである。簡単に作ることができて、バリエーションが幅広いので、好きな具材を使って、自分好みのキンパを作ってみてほしい。大人にも子どもにも食べやすい味わいは、弁当にもぴったりだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月 9日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ