このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【水なすの刺身】を美味しく食べる方法!タレの作り方も伝授!

【水なすの刺身】を美味しく食べる方法!タレの作り方も伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年5月13日

関西で食べられることが多い水ナスの刺身。大阪泉州で主に栽培される品種で、丸い卵型をしているのが特徴だ。ほかのなすと比べて甘みが強い。また、皮が薄く、水分量が多いため、生でも美味しく食べることが可能だ。そんな水なすを存分に堪能できるメニューといえば、水なすの刺身だろう。今回は水なすの刺身の作り方や、水なすの刺身をより美味しくするタレについても紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アク抜き不要!超簡単な水なすの刺身の作り方

水なすが生でも食べやすい理由として、一般的ななすと比べてアクが少ないことが挙げられる。水なすはアク抜きの手間がないため、刺身の作り方は実に簡単である。

水なすの刺身の作り方

まず、水なすのヘタを切り落とし、皮を何ヶ所かむく。次に縦に半分にカットして、さらに半月型に切ったら、皿に盛り付ける。付け合わせにネギや醤油、生姜チューブなどを用意すれば完成だ。もし食べてみてアクが気になるようであれば、耐熱容器に移してレンジで1分ほど加熱すると食べやすくなる。
水なすの刺身は、火を使う必要がなく、水なすをカットするだけで作ることができるため、もう一品ほしいと思ったときに重宝するだろう。パパっと手早く作ることができるので、時短料理として覚えておくと損はない。

2. 水なすの刺身はいろいろなタレで楽しんで

水なすの刺身は、水なすのみずみずしさを堪能できるのが醍醐味だ。さらにタレの種類を変えれば、また違った味を楽しめる。水なすの刺身の基本の味付けは、ネギや醤油、生姜だろう。生姜をわざわざ刻まなくても、生姜チューブで代用できるのも嬉しい。また、わさびやかつお節と合わせても美味しく食べられるだろう。
さっぱりとした味が好みであれば、梅干しの果肉を刻み、ごま油を混ぜ合わせたものを絡めて食べるのがおすすめだ。仕上げに梅干しと相性バツグンの大葉の千切りをのせれば完璧。洋風の味付けであれば、オリーブオイルやレモン汁、しょうゆなどを混ぜ合わせたドレッシングを作ってみよう。輪切りあるいは半月にカットした水なすにトマトを挟み、ドレッシングをかければ、カプレーゼ風水なすの刺身のできあがりだ。
水なすの刺身にはどんな味付けが合うか知りたいときは、ネットで調べてみよう。料理サイトにも水なすの刺身のアレンジや、タレのアイデアについて多数掲載されている。ぜひ、さまざまな味付けで水なすの刺身を楽しんでほしい。

3. 塩とオイルで楽しむ!水なすの刺身サラダ

水なすの刺身は、サラダの具材としても重宝する。たとえば、水なすとベビーリーフ、トマト、チーズを使ったサラダはどうだろう。味付けに、塩とブラックペッパー、レモン汁、オリーブオイルを混ぜたドレッシングをかければ完成だ。少し酸味のあるさっぱりとした味なので、どんな献立にも合わせやすいだろう。
また、水なすの刺身は、生ハムとも相性バツグンである。水ナスと生ハムのサラダは、水なすの刺身を生ハムで巻くだけの簡単レシピだ。味付けには、はちみつがおすすめ。盛り付けるときに皿を冷やしておくと、水なすの刺身のみずみずしさをより引き立てることができる。辛口の白ワインにも合うので、肉料理を食べるときなど、オシャレな前菜としても楽しめるだろう。はちみつ以外にも、塩こしょうやオリーブオイルを使っても美味である。水なすの刺身に合うドレッシングは、塩やオリーブオイルなど、自宅にある調味料だけで簡単に美味しく作れる。ぜひ自作してみよう。

結論

水なすの刺身は、非常に調理が簡単なメニューであることがわかっただろう。付け合わせのタレを工夫すれば、より水なすの美味しさを引き立ててくれるだろう。また、サラダの具材にもぴったりで、盛り付け方次第でオシャレな前菜としても活躍する。水なすの美味しさや手軽さを知れば、日々の食卓でヘビロテすること間違いなしだ。ぜひいろいろな味付けの水なすの刺身を作ってみてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月13日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ