このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サッと作れて便利!【辛子酢味噌】とは?作り方や食べ方を紹介

サッと作れて便利!【辛子酢味噌】とは?作り方や食べ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

ピリッとした辛みの効いた辛子酢味噌は、さまざまな食材をさわやかな風味に仕上げてくれる。家庭にある調味料を混ぜ合わせるだけで作れるため、好みの辛さに調整しながら手作りするのがおすすめだ。本記事では、基本の辛子酢味噌の作り方や美味しい食べ方を紹介していく。

  

1. 辛子酢味噌の作り方

まずは、基本の辛子酢味噌の作り方を紹介する。材料を混ぜ合わせればすぐに作れるため、配合の仕方を覚えておこう。

材料

味噌、酢、砂糖、練り辛子

作り方

まずは辛子以外の材料を混ぜ合わせる。比率は、味噌3:酢1:砂糖1が目安となる。辛子を使用しない酢味噌の黄金比(味噌2:酢1:砂糖1)よりも、味噌の割合を多めに、砂糖を控えめにするのがポイントだ。味噌の塩気は商品により異なるため、味見をしながら配合を調整しよう。辛子の量はごく少量で十分である。酢味噌を作ってから、好みの辛さになるまで少しずつ練り辛子を加えていくと失敗しにくい。

食べ方

辛子酢味噌は、食材にかける、つけダレにするという使い方で料理に添える。また、野菜や魚介などと和えて辛子酢味噌和えにする食べ方も定番だ。ほどよい辛みと甘酸っぱさが、食欲を促してくれる。

2. 辛子酢味噌に合う食材は?

辛子酢味噌は、さまざまな食材と相性がよい。とくにおすすめの食材を紹介する。また、いくつかの食材を組み合わせて簡単に作れる、辛子酢味噌和えの作り方も併せて見ていこう。

辛子酢味噌で美味しく食べられる定番食材

青菜:ほうれん草、小松菜、菜の花など
夏野菜:きゅうり、ナス、オクラなど
山菜:ウド、ふき、ふきのとう、たけのこ、きのこなど
香味野菜:わけぎ、ねぎ、玉ねぎ、みょうがなど
魚介類:タコ、イカ、ホタルイカ、ほたて、あさり、牡蠣など
海藻:わかめ、昆布など
こんにゃく

辛子酢味噌和えの作り方

好みの食材を辛子酢味噌で和えるだけで、簡単につまみや副菜として食べられる一品ができる。美味しく作るポイントは、食材の水気を切ってから和えることだ。水気の多い食材は、ふり塩などの方法で水切りをしてから使用するとよい。下茹でをした場合は冷ましてから和えよう。数種類の食材を組み合わせるのがおすすめだ。

タコときゅうりの辛子酢味噌和え

小口切りにしたきゅうりに塩をふって絞り、一口大に切ったタコとともに辛子酢味噌で和える。わかめを加えても美味しい。

きのことみょうがの辛子酢味噌和え

好みのきのことみょうがを薄切りにして、サッと茹でて水気を切り冷ましたら辛子酢味噌で和える。

3. かけるだけじゃない!辛子酢味噌の食べ方

辛子酢味噌は、食材にかける、つけダレにする、和え物にするという食べ方が定番だが、ほかにもさまざまな使い方ができる。辛子酢味噌の美味しい食べ方を紹介しよう。

ドレッシングとして使う

辛子酢味噌にレモン汁やマヨネーズを加えると、トロッとした液状になる。好みの生野菜や温野菜にかければ、ドレッシングとして使うことが可能だ。もちろん和えても美味しい。オリーブオイルでのばしてマリネ液にすることもできる。

炒め物の味付けに

野菜や鶏肉などを使った炒め物の味付けにも使える。辛子酢味噌は焦げ付きやすいため、食材に火が通ってから加え、弱火で仕上げよう。醤油を少量加えて味を調えると美味しい。

煮物のアクセントに

醤油煮などの煮込み料理に加えると、味が引き締まる。鶏の手羽煮などに合う。また、サンマなどの青魚を辛子酢味噌で煮ると、臭みが抜けてさっぱりと仕上がる。

混ぜごはんの味付けに

温かいごはんに辛子酢味噌を混ぜ込めば、酢飯のようなさっぱりとした混ぜごはんができる。具材は辛子酢味噌と相性のよいタコやあさり、青菜などを組み合わせるのがおすすめだ。

結論

辛子酢味噌を作るときは、一度に辛子を入れるのではなく味見をしながら少量ずつ酢味噌に加えていくとよい。相性のよい食材が多いため、和え物をはじめドレッシングやつけダレ、炒め物、煮物などさまざまな料理に活用してほしい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年5月30日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング