このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ズッキーニの切り方と形状に即したレシピを会得!食感がベターに

ズッキーニの切り方と形状に即したレシピを会得!食感がベターに

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年6月 4日

癖がなく食べやすいズッキーニは、さまざまなレシピに応用できるというメリットがある。ズッキーニが旬となる夏には、定番メニューであるカレーや天ぷらにも気軽に活用できるのが魅力である。しかし、いざ料理する段になってズッキーニの切り方に頭を悩ませることも多いだろう。本記事では、それぞれの調理法に即したズッキーニの切り方について説明する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ズッキーニの切り方:焼肉やカレーに入れるなら輪切り

ズッキーニの切り方として最も一般的な輪切り。ズッキーニは包丁の刃も通りやすく、料理の超初心者にも向いている野菜である。ズッキーニの輪切りを使ってどんな料理を作ることができるのか説明する。

定期的に登場するカレー

子どもがいる家庭はもちろん、大人だけでも深い味わいを楽しみたいのがカレーである。一口に輪切りといっても、厚さによって食感はかなり異なる。ズッキーニは果肉の部分がかなり柔らかいので、カレーにする際にも1cmほどの厚さがあるほうがその甘さを堪能できるだろう。ズッキーニ同様、夏野菜であるナスやトマトも大きめに切り、具材の美味をより味わいたい。

サクッと美味しい天ぷらも

洋野菜のひとつとして知られるズッキーニであるが、和食にも登場頻度が高い。自宅で和食に応用する際の代表が天ぷらである。ズッキーニを天ぷらにする場合も、輪切りにすると調理しやすく食べやすい。サクッと揚げた衣の部分と、ズッキーニの果肉のジューシー感が絶妙である。

シンプルな炒めものに

料理初心者にとってもっとも気軽にできる料理、それが炒めものである。肉類を炒める際には、ズッキーニの輪切りを加えて彩りよく作ることができる。ズッキーニの輪切りは5mm程度にすると火が通りやすい。焼肉のタレなどを使って炒めれば、白いごはんがすすむおかずが完成するのである。

オシャレなラタトゥイユ

家庭でできるフランス料理の代表ラタトゥイユにも、ズッキーニの輪切りが役に立つ。パプリカやナスとともにズッキーニを薄く輪切りにして、ミリフィーユのように重ねていくのである。気分も高揚するキレイな色の料理で夏の食卓を盛り上げたい。

2. ズッキーニの切り方:ピクルスなら輪切りやスティック状

ズッキーニなどの夏野菜にふさわしい食べ方のひとつがピクルスである。酸味のきいた刺激的な味わいは、盛夏の食欲を刺激してくれるのが長所である。酢やワインビネガーをきかせたピクルスにする場合、ズッキーニはどのような切り方をするのがよいのであろうか。

味をしみやすくするための輪切り

ピクルスにするための酢をよくしみ込ませるためには、ズッキーニを輪切りにするとよいだろう。厚さは食感の好みにもよるが、5mm前後で問題ない。酢だけではなく、からしやニンニク、粒胡椒、香草なども加えてオシャレに仕上げたい。また、ミニトマトをともにピクルスにするという手もある。トマトの甘さが酸味と相まって格別の美味しさである。

食べやすくスティック状に

ズッキーニのピクルスをパーティーなどに供する場合には、食べやすくスティック状にしてみよう。1cm角ほどに切れば、つまんで食べるにも格好の太さである。スティック状のピクルスを作る際には、パプリカやニンジンなどズッキーニの緑に映える色合いの野菜を加えることをおすすめする。パーティーにおける前菜やちょっとした箸休めに、ほどよい酸味が人気を博すだろう。

3. ズッキーニの切り方:炒めものなら火の通りやすい角切り

ズッキーニは角切りにするとかわいく見栄えがする。角切りにする大きさによって、それに見合う料理も変わってくる。そのアイデアを見てみよう。

ズッキーニの角切りを炒めものに

少し大きめのズッキーニの角切りならば、片栗粉などをまぶしてとろみをつける炒めものに向いている。そのほかの具材も同じくらいの大きさに切り、火の通りを均等にするのが美味しく作るコツである。

小さめの角切りはミネストローネに

小さめに切ったズッキーニの角切りは、ミネストローネにしてはどうだろう。ズッキーニ以外の野菜も同じように小さめに切り、ミニパスタとともにスープにする。粉チーズをたっぷりとかければ、野菜嫌いの子どもたちにも受ける一品となるだろう。フランスパンにも合うおかずとして大人も楽しめる。

結論

食べやすいズッキーニはあらゆる料理に応用したいところだが、切り方によって食感や見栄えにも差が出てくる。調理法に合ったズッキーニの切り方を適用すれば、パーティーなどで人目に触れても恥ずかしくない一品ができあがるだろう。野菜の中では切りやすく処理のしやすいズッキーニを使って、ぜひいろいろなメニューにトライしてみてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年6月 4日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ