このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホンビノス貝の酒蒸しの美味しい作り方やアレンジ方法を紹介!

ホンビノス貝の酒蒸しの美味しい作り方やアレンジ方法を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 鈴木亜子(すずきあこ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

今回は、ホンビノス貝の酒蒸しの基本の作り方を紹介しよう。ホンビノス貝の特徴は、見ためがハマグリに似ているところだ。価格はハマグリより手ごろだが、味がわからないので購入するのを躊躇してしまうという人もいるだろう。ホンビノス貝はどのような味で、どう調理すると美味しく味わえるのだろうか。

  

1. ホンビノス貝の酒蒸しの基本の作り方

最初にホンビノス貝の特徴を紹介しよう。

ホンビノス貝の特徴

ホンビノス貝とは、1年を通して獲れる貝だ。一度に獲れる量が多く、ハマグリと比べると手ごろな価格で販売されている。とくに産卵前の身入りがよくなる春と秋が美味しいという。またハマグリは左右対称に近い形だが、ホンビノス貝は蝶番あたりが少しへこんでおり、左右非対称だ。さらにホンビノス貝は風味が濃くて肉厚で食べごたえありだが、ハマグリのようなぬめりはない。

ホンビノス貝に下処理は必要?

ホンビノス貝は砂抜きする必要はなく、そのまま使って大丈夫だ。ただし塩気が多いため、調理するときは汁物であれば水を多めにして、塩味を和らげるとよい。塩分を含む調味料を加えるときは味見しながら行うこと。調理の前に塩抜きする下処理方法があるので、紹介しておこう。

ホンビノス貝の塩抜き

口が開いているホンビノス貝や、腐敗臭のするものは取り除く。表面の溝に砂がはさまっているホンビノス貝は、米を研ぐように水でガラガラとすすげばよい。バットかボウルに貝を並べて、ひたる程度の水を入れて2時間ほどおく。あさりのように水管を外に出さないため、塩抜きできているかがわかりにくいが、2時間したら水から引き上げてよい。塩抜きしても完全に塩が抜けないことがあるので、料理に使うときは味をみながら調理しよう。

ホンビノス貝の酒蒸しの作り方

ホンビノス貝の酒蒸しの基本の作り方を紹介しよう。しょうがの皮をむいて千切りにする。鍋にホンビノス貝と日本酒、しょうゆ、みりんを入れ、ふたをして中火にかける。ひと煮立ちしてホンビノス貝の口が開いたら、中火で1分ほど加熱して火から下ろす。器に盛り付け、小ねぎを散らせば完成だ。

レンジで作るホンビノス貝の酒蒸し

ホンビノス貝の酒蒸しは、レンジでも簡単に調理できる。ここでは、えのきとワカメを使ったホンビノス貝の酒蒸しを紹介しよう。えのきは食べやすく手でさく。耐熱容器にわかめをしいてホンビノス貝をのせ、えのきを散らす。日本酒をふりかけてラップをして、500Wのレンジで10分ほど加熱する。あとは器に盛り付ければ酒蒸しの完成だ。美味しくするコツだが、ホンビノス貝は個体により塩気が異なるため、味見をしてから塩を加えること。塩気の多いものは加えなくてもよい。

2. ホンビノス貝の酒蒸しの人気アレンジ

ホンビノス貝の人気の味付けアレンジを紹介しよう。

ホンビノス貝のバター焼き

酒蒸しで食べると美味しいホンビノス貝だが、バターで炒めて洋風に仕上げるのもおすすめだ。まずニンニクを薄切りにする。フライパンを中火で熱し、バターを入れて溶かし、ニンニクを加えて炒める。ニンニクの香りが立ったら、ホンビノス貝と日本酒、しょうゆ、砂糖、黒こしょうを加える。ふたをしてホンビノス貝の口が開くまで、3分ほど加熱して火から下ろす。最後に器に盛り付け、小ねぎを散らせば完成だ。バターとニンニクの香りが食欲をそそり、箸が止まらない美味しさだ。

ホンビノス貝のスープ

次にピリ辛味があとをひく美味しさのスープを紹介しよう。長ねぎは約1cm幅の斜め切りにする。鍋に水・コチュジャン・ごま油・オイスターソース・鶏がらスープの素を入れて中火にかける。ひと煮立ちしたらホンビノス貝と長ねぎを加える。中火で貝の口が開き、火が通るまで3分ほど煮て火から下ろす。最後に器に盛り付け、小ねぎを散らせば完成だ。身が大ぶりなので食べごたえがあり、ごはんはもちろん、酒のつまみにぴったりだ。

3. ホンビノス貝の酒蒸しがしょっぱい!開かない!

ホンビノス貝を酒蒸しにしようとしても、なかなか開かないという声がある。では開かないとき、どう対処すればいいのだろう。また酒蒸しを作ってみたものの、できあがりを食べるとしょっぱいというケースもあるようだ。ここではホンビノス貝の酒蒸しの失敗のケースや失敗する原因、失敗しないコツを紹介しよう。

ホンビノス貝が開かない原因

ホンビノス貝はハマグリやあさりと比べると厚みがあるため、酒蒸しにしようとしてもなかなか開かないことがある。長時間加熱すれば、ちゃんと開くので気長に待とう。

ホンビノス貝の酒蒸しがしょっぱい原因と失敗しないコツ

先述したようにホンビノス貝は砂抜きする必要はないが、塩気が多い貝だ。しょっぱい原因は塩気が多いからである。調理するポイントは、塩分を含む調味料を加えるときは味見すること。あるいは調理の前に紹介した方法で塩抜きしておくとよい。

結論

見ためがハマグリに似ているホンビノス貝の特徴や塩抜き方法、基本の作り方、鍋やレンジで酒蒸しにする方法を紹介した。これまでホンビノス貝を知らなかったという人もいるだろう。ハマグリより手ごろな価格で購入できるので、見かけたら購入してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年7月10日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング