このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
はまぐりの酒蒸しはアレンジ方法もたくさん!美味しい食べ方を紹介

はまぐりの酒蒸しはアレンジ方法もたくさん!美味しい食べ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年12月16日

はまぐりの酒蒸しは、貝の旨みがギュッと凝縮された逸品である。作り方もシンプルなため、家庭でも楽しめる料理だ。この記事では、はまぐりの砂抜きや、酒蒸しの作り方に加えて、ちょっとしたアレンジ方法まで紹介していく。

  

1. はまぐりの酒蒸しを作ろう!まずは砂抜きをしっかりと

はまぐりの酒蒸しを美味しく食べるために欠かせないのが、砂抜きだ。食べたときにジャリっとしては嫌な思いをしないためにも、はまぐりの酒蒸しを作る前には砂抜きを行いたい。まずは、海水と同じくらいの塩水を用意する(塩分濃度約3%)。塩水は、はまぐりがひたひたにつかる程度でよい。この際に、はまぐりの表面をこすり合わせるように洗うと汚れも落ちる。
場所を取ってしまうが、はまぐりが重ならないようにバットを使用するのがおすすめ。なぜなら、吐いた砂をほかのはまぐりが再び吸い込むことを防ぐことができるからである。準備ができれば薄暗い場所にしばらく置いて、砂抜きが完了である。この下処理を確実に行うことで、はまぐりの酒蒸しを美味しく堪能できるのだ。

2. 基本のシンプルなはまぐりの酒蒸し

はまぐりの酒蒸しは居酒屋でプロの作るものを味わうこともあるだろうが、家庭でも調理できるシンプルな作り方を紹介しよう。フライパンで作る場合、はまぐりと料理酒と水を入れ、沸騰したらふたをして蒸す。はまぐりの口が開けば完成の合図だ。最後に醤油を少量加えてもぐっと味が引き立つ。酒ではまぐりの臭いを消し、水ではまぐりの旨みを引き出してくれるのだ。
またフライパン以外にもレンジを使ったはまぐりの酒蒸しの作り方もある。レンジを使用する場合は、シリコン容器に材料を入れて加熱していく。耐熱容器を使う場合はふたの代わりにラップを使用するのがおすすめだ。こちらもはまぐりの口が開けば、酒蒸しの完成だ。

3. はまぐりの酒蒸しのちょこっと味変アレンジ

はまぐりの酒蒸しはいつも同じ味になってしまうという人には、味変アレンジをためしてもらいたい。バターと醤油を加えると、コクがさらに増してまろやかさもプラスされる。またちょっと洋風にしたいときにおすすめなのが、日本酒の代わりに白ワインを使用し、バターとにんにくを加える方法だ。オリーブオイルとにんにくを使ったはまぐりの酒蒸しにキャベツを加えても美味しい。春に旬を迎えるはまぐりに、春キャベツの甘みが加わった季節を彩る逸品が完成する。
ほかに中華風にアレンジすることも可能だ。にんにくやねぎ、豆板醤を加えればあっという間に四川風になる。はまぐりの酒蒸しはアレンジ方法が豊富にある。違う味で何度もはまぐりの酒蒸しを味わってもらいたい。

4. 酒蒸ししたはまぐりの口が開かないものは食べられる?

はまぐりを酒蒸しした際に、加熱しても口が開かないものがある。実は、貝の靭帯にあたる部分が貝を開こうとしている一方、貝を閉じようと貝柱が引っ張っているため、貝が口を閉じていることもあるのだ。貝が生きている場合に加熱すれば、貝柱が変成することで貝から離れ口を開く。もしも貝が死んでしまっている場合は、貝柱が変成を起こしにくく口が開かないのだ。ただし、蝶番が弱いものや貝柱が強力なものは、生死にかかわらず口を開かないということがあるようだ。
はまぐりの酒蒸しをした際には、口の開かないものは中が腐っている可能性がある。無理やりこじ開けて食べないほうがよいだろう。安全に美味しくはまぐりの酒蒸しを食べるためにも、貝の口が開いているかどうか確認を怠らないようにしたい。

5. はまぐりの酒蒸しの残り汁でできるリメイクメニュー

はまぐりの酒蒸しを作った際にできる、残り汁を捨ててしまうのはもったいない。旨みが凝縮された残り汁は、リメイクして最後まで美味しく食べられるのだ。まずは、パスタにしよう。固めに茹でたパスタを残り汁に入れて絡めれば、できあがり。パスタが残り汁の旨みを吸い取ってくれ、ワインにも合う逸品になる。
米を使ったリメイクもおすすめだ。煮立たせた残り汁にごはんを入れ、チーズを加えるだけだ。はまぐりの酒蒸しから出た旨みで、手軽に作ったとは思えない本格的な味わいになる。さらに残り汁を使ってごはんを炊き上げれば炊き込みごはんにもなるし、ちらしずしにアレンジする方法もある。はまぐりの酒蒸しの残り汁は、ぜひ捨てずに活用してもらいたい。

結論

はまぐりの酒蒸しは、旨みをダイレクトに感じられるシンプルな料理だ。試してみたくなるアレンジ方法も多く、ワインにも日本酒などのいろいろな酒にも合う逸品になる。残り汁もリメイクできるため、最後まで残すことなくしっかりとはまぐりの酒蒸しを味わってもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年12月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧