このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もやし

もやしの茹で方を紹介!水から茹でる方法や電子レンジを使う方法も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 岩切千晃(いわきりちあき)

鉛筆アイコン 2021年12月27日

もやしは、低コストの節約料理の代名詞的な野菜だ。そんなもやしを茹でる際は、水から茹でた方がいいのだろうか?今回は、もやしの茹で方について詳しく紹介する。水から茹でる方法や電子レンジで茹でる方法があるので、食べ方に合わせた調理法を試してみてもらいたい。

  

1. もやしは茹でるべき?

もやし
もやしは、加熱調理を前提として生産しているので、必ず食べる際は茹でたり、炒めたりと加熱調理をする必要がある。またもやしは加熱調理することで、青臭さが取れて美味しく食べることができるのだ。

2. 茹でる前のもやしの下処理

もやし
もやしは茹でる前に下処理をした方が美味しく食べることができる。では、もやしの下処理とはどのようなものかチェックしてみよう。

ひげ根を取り除く

もやしは、先端にひげ根がついている。このひげ根を取り除くことで、口あたりがよくなり、シャキシャキとするので、できるだけもやしのひげ根を取り除いてから調理するのがいいだろう。

水で洗う

もやしはそのまま調理するのではなく、下処理として水で洗ってから使うのがおすすめだ。もやしをたっぷりの水の中に入れてかき混ぜて洗う方法がいいだろう。洗った後は、ザルにあげよう。洗うことで、もやし特有の臭いを落とすことができる。

3. もやしの基本の茹で方

もやしの下茹で
もやしの基本の茹で方をマスターすれば、シャキシャキ食感のもやしを楽しむことができるだろう。

鍋に塩と酢を入れて沸騰させる

もやしを茹でる際は、沸騰した水で茹でるのではなく、塩や酢を入れて沸騰させて茹でる方法がおすすめだ。塩や酢を入れることで、もやし特有のクセがなくなり、白く綺麗に茹で上がる。

もやしを入れて軽く茹でる

沸かした湯にもやしを入れたら、茹で時間1分ほどでサッと茹でるようにしよう。サッと茹でることで、もやしが水っぽくならない。

ざるにあけて冷ます

茹で上がったもやしはざるにあけて、自然に冷ますようにしよう。

4. もやしを水から茹でる方法

もやし
もやしは、水から茹でることで、シャキシャキとした食感に仕上げることができる。

鍋に水、酢、もやしを茹でる

水からもやしを茹でる場合は、鍋に水と酢、もやしを入れてから火にかける。

沸騰したらざるにあける

もやしをゆがき終わったら、ざるにあけてもやしを冷ますようにする。この時、予熱でよりもやしがシャキシャキ食感になる。

5. もやしを電子レンジで茹でる方法

茹でモヤシ
もやしは、電子レンジを使って茹でることもできる。もやしをレンジで茹でる場合は、耐熱容器にもやしを入れ、ラップをせずに600Wで茹で時間は1分40秒ほどになる。もやしは水分を多く含んでいるので、ラップをしてしまうと水分の蒸発を防いでしまうので、注意しよう。

結論

もやしはちょっとしたコツを抑えることで、美味しく茹でることができる。普段何気なく茹でていたもやしもひと手間加えることで、シャキシャキ食感の美味しい仕上がりになるのだ。もやしを茹でる際は、食感を活かすために茹ですぎないように注意してもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年12月27日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧