このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ほうれん草レシピ】もっと美味しく食べるための方法

【ほうれん草レシピ】もっと美味しく食べるための方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年12月 2日

おひたしや和え物、炒め物など、幅広い料理に活躍する「ほうれん草」。栄養が豊富に含まれており、料理には積極的にとり入れたい野菜のひとつだ。今回は、ほうれん草を美味しく食べるために忘れてはならない下ごしらえの方法や、ほうれん草を使って手早く作れるアレンジレシピを紹介する。

  

1. ほうれん草の下ごしらえとアク抜きの方法

ほうれん草の下ごしらえとアク抜きの方法
ほうれん草は調理の前に茹でる方法はよく知られているが、なんとなく下ごしらえをしているという人も多いのではないだろうか。ここでは、ほうれん草の洗い方やアク抜きといった、調理の前に行う下ごしらえのポイントを解説する。

ほうれん草の洗い方

ほうれん草の下ごしらえで重要なのは洗う前。赤くなった根元に細かく十字の切り込みを入れて、残った土を落としやすくするのがポイントだ。切り込みを入れる際は、束がバラバラに切り離されてしまわないよう注意しよう。このひと手間を加えることで洗いやすくなり、根元ギリギリまで食べやすくすることができるのだ。切り込みを入れたら、根元をたっぷりの水に浸して上下させながら洗おう。水を替えて数回繰り返したら、葉の方から流水をかけて下ごしらえ完了だ。

ほうれん草のアク抜き

次に大切なポイントとなるのがアク抜きだ。ほうれん草には「シュウ酸」というえぐみのもととなるアクの主成分が含まれる。シュウ酸は体内でカルシウムと結合して「シュウ酸カルシウム」となり、結石を形成するのだ。また、カルシウムの吸収をさまたげてしまうため、アク抜きは必要不可欠といえる。(※1)
ほうれん草のアクは、茹でこぼしをして取り除こう。茹でこぼしとは、たっぷりの湯で材料を茹でた後に茹で汁を捨てることだ。ここで覚えておきたいポイントは3つ。「たっぷりの湯で茹でる」、「根元から湯に入れる」、「茹で上がったら手早く冷水にさらして引き上げる」。ほうれん草を美味しくあざやかな緑色にするため、これらを念頭に置いて茹でこぼしを行おう。手順を簡単に記しておく。
①たっぷりの湯を沸かし、ひとつまみの塩を入れる。
②湯が湧いたらほうれん草を根元からゆっくり入れ、10秒ほどしたら葉先まで入れた後、1分以内に取り出す。
③冷水にほうれん草を浸す。流水をかけるのもおすすめだ。
④最後に、根元からまとめて軽く絞り水気をとる。
下ごしらえが終わったら、作りたいレシピに合わせてほうれん草を好きな大きさにカットして調理しよう。

2. 副菜におすすめな簡単一品!「ほうれん草のアーモンド和え」

 副菜におすすめな簡単一品!「ほうれん草のアーモンド和え」
すぐにでも試したい手軽なレシピを紹介しよう。ほうれん草を下ごしらえしたら、ほかの材料と混ぜ合わせるだけ。副菜やお弁当のおかずとして作り置きにも最適なので、ぜひ覚えておきたい便利なレシピだ。アーモンドの香りが香ばしく、カリッとした歯ごたえも楽しめる。アーモンドのほかにも、好みのナッツに変えてアレンジするのもおすすめだ。

2人前

  • ほうれん草 1/2袋
  • アーモンド 6粒
  • しょうゆ 小さじ1.5~
  • はちみつ 小さじ1.5~
詳しいレシピはこちらをCheck!

3. ちゃちゃっと簡単朝ごはんにもおすすめ!「ほうれん草の巣ごもり」

ちゃちゃっと簡単朝ごはんにもおすすめ!「ほうれん草の巣ごもり」
ほうれん草に塩気のあるベーコンと卵を乗せた、彩り豊かで美味しいレシピ。サッと作れるため、朝食にもおすすめの一品だ。卵は、半熟卵にしてほうれん草やベーコンと絡めて食べたり、固めに焼いたりと、お好みで調整して楽しめる。ベーコンをソーセージに変えたり、野菜を加えたりとアレンジの幅が広いのも魅力のレシピだ。

2人前

  • サラダほうれん草 1把 (わ)
  • 卵 2個
  • ハーフベーコン 3枚
  • ブラックペッパー 少々
詳しいレシピはこちらをCheck!

4. 身体リセットランチにおすすめ!「ほうれん草のビーガンカルボナーラ」

身体リセットランチにおすすめ!「ほうれん草のビーガンカルボナーラ」
とろとろのソースがパスタに絡み合う、濃厚なビーガンカルボナーラをご紹介。使用するニュートリショナルイーストは、まるでチーズのような風味を持ち、ナッツのような香ばしさが魅力の食材。卵や乳製品を使わないビーガンメニューで、身体にやさしいのが特徴だ。ほうれん草をサッと炒めてソースに加えることで、シャキッとした歯ごたえも楽しめるレシピだ。

2人前

  • スパゲッティ(1.4mm 茹で時間5分) 130g
  • 豆乳 100ml
  • 野菜コンソメ 150ml
  • ほうれん草 80g
  • 刺身湯葉 80g(固形分40g)
  • キューピー スタイリングソース(スモークフレーバー) 小さじ1プラス、トッピング用に適宜
  • ニュートリショナルイースト 大さじ1と1/2
  • 塩コショウ 適宜
詳しいレシピはこちらをCheck!

5. 栄養たっぷり軽食にも!「ほうれん草とベーコンのおからマフィン」

栄養たっぷり軽食にも!「ほうれん草とベーコンのおからマフィン」
ほうれん草とベーコン、チーズを使った、食欲をそそるおかず系マフィンのレシピをお届けしよう。ほうれん草を下茹でしたら、ほかの材料と混ぜて生地を作って焼くだけという手軽さが魅力のレシピ。朝食や軽食にもぴったりで、子どもと一緒に作って楽しむのもいいだろう。たっぷりのほうれん草とおからが入ったヘルシーな一品だ。

4個分

  • ほうれん草 50g
  • ベーコン(ハーフ) 2枚
  • プロセスチーズ 3個(45g)
  • 薄力粉 50g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 卵 1個
  • 牛乳 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 粉チーズ 大さじ1
  • 生おから 100g
  • 塩・コショウ 少々
詳しいレシピはこちらをCheck!

結論

ほうれん草は、しっかりと下ごしらえをすることで一層美味しく食べられる。洗い方やアク抜きの方法を知って、身体に優しくほうれん草を摂り入れよう。今回紹介したアレンジレシピは手軽にできるものが多いので、ぜひチャレンジしてみてほしい。
  • 更新日:

    2021年12月 2日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧