このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オリーブオイルが入ったボウル

オリーブオイルのおすすめの使い方は?簡単なのに料理の腕がUP!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年12月 4日

炒め物やマリネなど幅広い料理で活躍するオリーブオイルだが、使い方に悩んだ経験はないだろうか。そこで今回は、オリーブオイルのおすすめの使い方を紹介していこう。また、化粧用のオリーブオイルの使い方なども見ていくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 使い分けが必要?オリーブオイルの種類と使い方

オリーブオイルのボトル
オリーブオイルは種類によって生食用、加熱調理用に使い分けるとよい。ここでは、エキストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの特徴などを紹介しよう。

エキストラバージンオリーブオイル

エキストラバージンオリーブオイルは、一番搾りのオリーブオイルのことで、その中でも最高級のグレードだ。独特の香りと味わいが特徴で、パンに付けたりスイーツにかけたりと生食が向いている。

ピュアオリーブオイル

精製したオリーブオイルにバージンオリーブオイルをミックスしたものである。
エキストラバージンオリーブオイルに比べて香りや味わいがマイルド。加熱調理用に使われることが多いが、生で食べることもできる。

2. 簡単で美味しい!オリーブオイルのおすすめの使い方

スプーンにオリーブオイルを注ぐ様子
ここでは、オリーブオイルを料理に使う際のコツやポイントを紹介しよう。

ドレッシングのオイルに使う

オリーブオイルをサラダ用のドレッシングオイルとして使うと、野菜本来の味とオリーブオイルの香りを楽しめるのでおすすめだ。好みの量に塩とこしょうを混ぜるだけで、簡単に作ることができる。

パンのバターの代わりに使う

オリーブオイルには血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があるので、糖質の多いパンと組み合わせるとよい。(※1)

炒め物に使う

オリーブオイルをサラダ油の代わりに使うと、風味がよくなるのでおすすめ。

揚げ物に使う

120℃以上の高温になると風味や成分が損なわれてしまう。しかし、短時間であれば風味が損なわれないので、オリーブオイルの風味を揚げ物でも楽しみたいときにおすすめ。

料理の仕上げに使う

仕上がった料理などに直接かけることで、オリーブオイルの風味をプラスすることができるのでおすすめだ。

3. いろいろな形状のオリーブオイルの使い方

オリーブオイル
ここではいろいろな形状のオリーブオイルの使い方を見ていこう。

レモンオリーブオイルの使い方

レモンオリーブオイルとはフレーバーオリーブオイルの一つで、料理の風味付けによく使われる。サラダなど火を使わない料理にふりかけて食べると、香りや味が豪華な味わいになるだろう。レモンの風味を付けただけのものと、レモンと一緒に圧搾したものとがあるが、後者のほうがおすすめだ。

小分けオリーブオイルの使い方

コストコで人気のある小分けオリーブオイルは、個包装がされており使い切りタイプなのでとても便利な商品だ。サラダにかけたりパンに付けたりして使うのがいいだろう。

スプレーのオリーブオイルの使い方

小分けオリーブオイルと同様、コストコで人気の商品。スプレーになっているので、サラダなどにサッと吹きかけることができるので便利だ。

オリーブオイルスプレッドの使い方

オリーブオイルスプレッドとは、エクストラバージンオリーブオイルをペースト状に固めたスプレッドである。通常のマーガリンに含まれるトランス脂肪酸が入っていないため、安心して食べられる。オリーブオイルの風味を味わえ、口あたりが軽く人気のある商品だ。パンに塗るなどマーガリンの代わりに活用するのがよいだろう。

4. 化粧用オリーブオイルの美容への効果と使い方

ダフネ石鹸
オリーブオイルは食用でだけではなく美容にも効果があり、無印良品でもオリーブの実から絞った化粧用オイルなどが売られている。ここでは、オリーブオイルの美容効果や使い方などを紹介する。

オリーブオイルの美容効果

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、人の皮脂成分にも含まれているため肌なじみがよく、スクワレンなどとともに肌の潤いを保つ効果がある。(※2)

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルは自然由来のものなので全身に直接塗ることができる。顔のクレンジングや頭皮マッサージ、爪のトリートメント、ボディクリームの代わりなどに利用できる、万能オイルだ。

食用オリーブオイルは顔や体に使える?

食用オリーブオイルは化粧用オリーブオイルと違い、味や風味などが重視されている。そのため顔や肌に使うようには精製されていないのだ。肌トラブルの原因となるので使用しないように注意しよう。

結論

オリーブオイルには生食に向いているエキストラバージンオリーブオイルと、加熱調理などに向いているピュアオリーブオイルがある。使い分けることで、オリーブオイルの風味や味わいを料理にプラスすることができる。この記事を読んで、オリーブオイルを使う際の参考にしてみてはいかがだろうか。
(参考文献)
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年12月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧