このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポップコーン

ポップコーンをダイエット中に食べたい!賢く食べるコツを詳しく解説

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年9月22日

食感が軽くパクパクと食べられる「ポップコーン」。そんなポップコーンはカロリーが高いスナック菓子であるためダイエット中はできる限り避けるほうが望ましい。しかし「それでもポップコーンを食べたい」という人もいるだろう。そこで今回はダイエット中にポップコーンを食べるコツを紹介する。なお、この記事は「ダイエットのためにポップコーンを食べる人」向けの内容ではないので留意していただければ幸いだ。

  

1. ポップコーンのカロリーはどれくらい?

ポップコーンのカロリー
文部科学省の「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」(※1)には、とうもろこし製品としてポップコーンの栄養価が収録されている。これによると100gあたりのカロリーは472kcal、糖質量は50.3gである。また、市販品のポップコーンは、サイズや味付けなどによるが1袋あたり400kcal前後であることが多い。炭水化物、たんぱく質、脂質のいずれも多いため高カロリーなお菓子といえる。
この記事もCheck!

2. ダイエット中にポップコーンは食べられる?

ポップコーンのカロリー
ダイエット中にポップコーンを食べる場合、大きく2つの方法が考えられる。1つは「置き換えダイエット」として主食の代わりに食べる方法だが、こちらは健康上望ましいものとはいえない。一方、ほかのおやつの代わりとして量を守りながら食べる方法は可能であるケースが多いだろう。(※2)

1.置き換えダイエットはNG

前述のとおりポップコーンのカロリーは100gあたり472kcalであり、白飯の156kcalの約3倍となっている。そのため「単純にご飯やパンなどの主食の代わりにポップコーンを食べる」というポップコーンダイエット・置き換えダイエットはおすすめできない。また、そもそも主食をスナック菓子に変えるのも望ましくない。かえってカロリー過多になり、肥満に繋がってしまう可能性が高くなる。

2.賢く食べることはOK

ダイエット中でもポップコーンを食べられる可能性はある。農林水産省は「おやつの1日の目安量は200kcalまで」(※3)としているため、ポップコーンの場合は30~40g程度までなら食べられると考えられる。ただし、ダイエットを成功させるには「摂取カロリー<消費カロリー(アンダーカロリー)」を守る必要がある。そもそも食べ過ぎや運動不足の場合は控える必要があるだろう。

3. ダイエット中にポップコーンを食べるコツ

ポップコーンのカロリー
もしポップコーンが好きでダイエット中にも食べたいなら、工夫して食べるようにすることがおすすめだ。ここでは、ダイエット中にポップコーンを食べるコツについていくつか紹介する。

1.小袋など少量だけに抑えておく

ダイエット中にポップコーンを食べる場合、食べる量には注意する必要がある。前述のとおり、1日のおやつの目安量を参考にした場合は、ポップコーンは30~40g程度までにするのが望ましい。市販の小袋タイプのポップコーンを食べたり、小皿に取り分けたりして食べ過ぎないようにしよう。

2.トウモロコシからポップコーンを作る

ダイエット中にポップコーンを食べるなら、乾燥トウモロコシからポップコーンを作るのがおすすめだ。また、作る際はノンオイルにすることで、市販のポップコーンよりもヘルシーにできる。シンプルに塩だけでも美味しいが、コンソメやカレー粉などで味付けするのも良いだろう。

4. ダイエット中のおやつにポップコーンを選ぶメリット

ポップコーンのカロリー
ダイエット中のおすすめおやつはいくつかあるが、ポップコーンもその一つといえる。ここではダイエット中のおやつにポップコーンを選ぶメリットについても確認しておこう。

1.ほかの菓子類よりもカロリーが低い

ポップコーンの100gあたりのカロリーは472kcalであり、低いとはいえない。しかし、ソフトビスケット(512kcal)、ポテトチップス(541kcal)、ミルクチョコレート(550kcal)などに比べるとカロリーは低い。同じ量を食べる場合、これらの菓子を食べるよりはポップコーンのほうがカロリーを抑えられるだろう。

2.食物繊維などの栄養素も摂れる

ポップコーンはトウモロコシからできているため、糖質やたんぱく質を多く含んでいる。また、食物繊維量も多く、100gあたりの含有量は9.3gとなっている。ほかにもカリウム、マグネシウム、リンなどのミネラル類、ビタミンE、ビタミンB群などのビタミン類も摂れる。脂質や塩分の摂り過ぎには注意が必要になるが、栄養補給をするのにも向いているおやつといえるだろう。

結論

ポップコーンはカロリーが高いスナック菓子といえる。しかし、食べる量を抑えたり、トウモロコシなどから作ったりすることで、ダイエット中でも食べられる可能性がある。「摂取カロリー<消費カロリー(アンダーカロリー)」を守りつつ、美味しくポップコーンを食べるようにしよう。
(参考文献)
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2022年2月15日

  • 更新日:

    2022年9月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧