このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
まぐろ

【まぐろレシピ】美味しい部位と刺身以外の楽しみ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月24日

刺身やお寿司のネタで1番人気のマグロ。臭みが少なく柔らかい身は子どもやお年寄りでも食べやすく、食卓に並ぶ機会も多いだろう。マグロといえば大トロや中トロを思い浮かべるかもしれないが、これらはマグロの部位のほんの一部にすぎない。今回はマグロの部位と特徴、おすすめレシピを5つ紹介していくので、この記事を参考にしてマグロの美味しさをより楽しんでほしい。

  

1. マグロの部位と特徴とは?

マグロ
日本人にとってなじみ深い魚であるマグロ。寿司のネタやスーパーの鮮魚売り場などで「大トロ」や「赤身」などをよく目にするが、それぞれの部位がどこを指すのかわからないという方も意外と多いのではないだろうか。ここではマグロの部位とその特徴について解説するので、レシピごとに部位を使い分けてみてほしい。

大トロと中トロ

マグロの部位で、最もよく耳にする大トロや中トロ。大トロは腹身側の脂が多くのっている部分を指し、一般的に高級品とされている。舌にのせるとすぐにとろけてしまうほど、リッチで濃厚な味わいが特徴だ。
一方中トロはマグロの腹身と背身のどちらにもあり、赤身と脂のバランスがちょうどよい部位である。

赤身と中落ち

マグロの背身にある赤身は、脂が少なくさっぱりとした味わいの部位だ。名前のとおり鮮やかな赤色が特徴的で、高たんぱくかつ低カロリーな食材として人気を集めている。
中落ちはマグロの中骨の周りに残った身を集めたもので、脂と旨みがたっぷり。ネギトロなどのレシピに使用される部位でもある。

カマとカマトロ

マグロのカマ焼きや煮付けなどのレシピでよく耳にするカマ。カマとは、マグロのエラ後ろを切り落としたものを指し、1尾のマグロから2つしか取れないとても希少な部位でもある。
カマトロはカマの中でもとくに脂がのった部位。筋がないため食べやすく、通の中では大トロよりも人気がある部位だ。

ホホ

ホホはその名の通り、マグロのほほ肉のこと。細かい筋が入っており、歯ごたえが感じられる部位である。肉のような食感と風味があるため、ステーキやソテーなどのレシピにおすすめだ。

目玉

マグロは目玉までいただくことができる。コラーゲンがたっぷりと含まれており、調理するとトロトロで美味しい部位だ。やや臭みが感じられるので、生姜をたっぷり入れて煮込むのがおすすめ。

2. 切って混ぜるだけの簡単!ハワイアンアヒポキでリゾート飯

ハワイアンアヒポキでリゾート飯
自宅にいながら、ハワイアングルメの「アヒポキ」が楽しめるレシピを紹介しよう。「アヒ」と「ポキ」は、それぞれハワイ語で「マグロ」と「切り身」を意味し、ハワイでは日常的に食べられるポピュラーな料理だ。ビール片手につまみとして食べてもよいが、ごはんに乗せてアヒポキ丼にするのもおすすめ。アボカドや海藻を使ってアレンジするのもよいだろう。

4人前

マグロのさく 200g
玉ねぎ小 1/2個
刻みネギ 30g
塩 少々
しょうゆ 大さじ1~
ごま油 大さじ2
わさび 小さじ1/2~
いりごま 小さじ1
にんにく 1片
詳しいレシピはこちらをCheck!

3. 刺身じゃない魚の楽しみ方 !「マグロのタルタルステーキ」のおすすめレシピ

マグロのタルタルステーキ
ステーキ料理の一つである「タルタルステーキ」。モンゴル系遊牧民であるタルタル人に由来しており、元々はみじん切りにした馬肉や牛肉を、塩こしょうやオリーブオイルと混ぜて食べる料理だ。今回は家庭でも簡単に作れる、マグロを使ったタルタルステーキのレシピを紹介する。パンやバゲットを添えて美味しくいただこう。

4人前

マグロ 約800g
玉ねぎ 1/4個
アンチョビフィレ 3枚
青ネギ 約2本分
塩 適量
こしょう 適量
レモンの皮 少々
卵 1個
詳しいレシピはこちらをCheck!

4. パクチー好きにはたまらない!マグロとアボカドのタルティーヌ

マグロとアボカドのタルティーヌ
フランス語で「オープンサンド」を意味するタルティーヌ。一般的に、カリカリに焼いたフランスパンに生ハムやスモークサーモン、ジャムなどを乗せて食べる料理だが、今回はマグロとアボカドを使ったアレンジレシピを紹介しよう。色鮮やかな仕上がりになり、ホームパーティーやおもてなし料理にもぴったりだ。

4人前

刺身用マグロ 150g
アボカド 1/2個
バゲット 1/2本
オリーブオイル 適量
にんにく 1片
・万能ソース
生姜すりおろし 25g
玉ねぎみじん切り 25g
ナンプラー 25g
クルミオイル 25g
パクチー 1束
詳しいレシピはこちらをCheck!

5. 何杯でも食べられる!「薬味たっぷりまぐろのなめろう茶漬」

薬味たっぷりまぐろのなめろう茶漬
しっかりとした味付けがお酒にもよく合い、居酒屋メニューとしても人気のなめろう。一般的にはアジなどの青魚を使うが、今回はスーパーなどでも売っているマグロのたたきを使用したレシピを紹介する。アツアツの白ごはんにすべての食材を乗せて出汁をかけるだけなので、忙しい日の昼食や夜食にもおすすめだ。

2人前

ごはん 200g
マグロのたたき 60g
小口ネギ 15g
生姜 1片
大葉 3枚
味噌 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
白いりごま 2g
もみのり 2g
お湯 150ml
顆粒出汁 3g
詳しいレシピはこちらをCheck!

6. アラの部分を使って作れば安くて最高!ごはんが進む味わい「マグロの唐揚げ」

マグロの唐揚げ
最後に紹介するのは、子どもでも食べやすいマグロの唐揚げレシピだ。普段は高価なマグロだが、アラは基本的に安値で手に入るので、食費を節約したいときに取り入れたい一品。下味をしっかりと付けることで臭みが取り除かれ、おかずやお酒のつまみとしても箸が進むこと間違いなしだろう。スーパーでマグロのアラを見つけたら、ぜひ作ってみて欲しい。

2人前

マグロ 300g
片栗粉 30g
小麦粉 20g
揚げ油 適量
・調味料
生姜おろし 15g
にんにくおろし 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ1
砂糖 小さじ2
詳しいレシピはこちらをCheck!

結論

マグロは刺身やお寿司など生でいただくことが多いが、漬けや丼、ステーキ、唐揚げなど、レシピや調理法のバリエーションも豊かな食材である。大トロや中トロ以外にも脂ののった旨い部位が豊富なので、スーパーや鮮魚店で珍しい部位を見つけたら迷わずゲットして美味しくいただこう。
  • 公開日:

    2023年5月 4日

  • 更新日:

    2022年5月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧