このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ザクロ】栽培を家庭で実践!?植え付け~収穫までの一連マニュアル

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月28日

幼い頃に近所の庭先で、よくザクロの木を見かけたという人もいるのではないだろうか。なぜなら、ザクロは寒さにも暑さにも強く病気にもなりにくいため、昔から比較的育てやすい作物とされてきたからだ。種から育てることもできるが、今回はより簡単な苗木から育てる方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ザクロの植え付け

ザクロには、大きく分けてふたつの種類がある。観賞向けの花ザクロと、果実を食することもできる実ザクロだ。目的によって用意する苗木が異なるので、注意しておこう。
苗木は、園芸店やホームセンターで購入できる。植え付けに好ましい時期は、12~2月末頃。鉢植えでも庭植えでも構わない。鉢植えの場合は、苗よりひとまわり大きなものを選び、水もちと水はけがよい草花用の培養土に植え付ける。根詰まりを予防するため、2年に1度は苗よりひとまわり大きい鉢に植え替えをしよう。
植え替えに適した時期も、12~2月である。庭植えの場合も、苗よりひとまわり以上大きな穴を掘れる場所が好ましい。深く耕し、掘った穴に植えていく。鉢植えも庭植えも、日当たりがよい場所を選ぶことが大切である。日当たりを妨げなければ、添え木で支えたり風から守る囲いをつけたりしてもよい。

2. ザクロの水やり

でも比較的育てやすい理由のひとつである。鉢植えの場合は、土の表面がしっかり乾いた状態になってから水やりをする。土が湿った状態が続いていると根腐れをすることがあるので、水やりは週に2回を目安にしておこう。基本的に病気に強い種類ではあるが、育て始めは虫がつくこともある。殺虫剤の使用に抵抗があれば、葉についた虫を手で除去しても構わない。

3. ザクロの肥料

ザクロは落葉樹であるため、真冬に養分を与えてもあまり効果は期待できない。肥料を与えるのに適した時期は、3月と10月。鉢植えの場合は、これに加えて7月にも肥料を施す必要がある。ザクロは、肥料を与えた分だけ大きくなるのが特徴だ。しかし、窒素分の多い肥料を与えすぎると、花つきに悪影響を及ぼすこともある。また、枝葉ばかり成長して、実の成長を妨げることもあるだろう。リン酸やカリウムを多く含むもの、有機質肥料か速効性化成肥料を選び、適量を木の根元にまくのが好ましい。

4. ザクロの剪定

ザクロの剪定は、植え付けと同様に12~2月に行う。ちょうど、落葉後の時期にあたる。葉が落ちて、枝だけになったら剪定すると覚えておこう。前年の枝の先から2~3節に花芽をつけるため、枝を途中でカットして短くする切り詰め剪定ではなく、間引くイメージで行うのが基本だ。細く長く伸びている枝や、横に広がっている枝を剪定していく。太い枝は、手を付けず残しておこう。地面付近から勢いよく出ている枝も、付け根から落とす。株元からも芽が伸びていきやすいため、一緒に取り除いておく。ザクロの枝には小さなトゲがあるので、剪定の際はケガに注意しよう。

5. ザクロの実と収穫

ザクロは、実がつきすぎると味が落ちることがある。栄養が分散してしまうからだ。そのため、大きな実になりそうではないものは、早めに取り除いておくほうがよい。花の付け根の膨らみが小さいものは、摘果しておこう。厳選した実を成熟させることで、味がよくなる。ザクロの実が熟し始めるのは、9月頃。成熟していくと次第に割れ始め、完熟する頃には弾けて中の実や種が飛び出してしまう。収穫は、実が割れ始める頃に行うのが理想的だ。ひび割れから虫や菌が入ることもあるので、実ができてから熟すまでの間、予防のために袋をかぶせておいても構わない。順調に実がつき始めると、一度に多くのザクロを収穫できることもある。皮をむくと劣化してしまうので、皮つきのまま冷蔵庫で保存しておこう。
ザクロは、毎年8月頃に花芽をつける。そして、翌年の6月頃から開花していく。そのため、植え付けた年に花を見ることができないかもしれない。植え付けてから花が咲くまでに数年、実ができるまでに5年程度かかることもある。焦らず時間をかけて、しっかりとした枝を育てていこう。

結論

ザクロは花も美しく、実の栄養価も非常に高い。成果が出るまでに時間はかかるものの、それだけの価値は充分にあるだろう。美容効果を期待して食す人もいるので、女性も一緒に楽しめそうだ。家族みんなで、ひとつのザクロをゆっくり育ててみてはいかがだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ