このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンのクリーニング料金の相場を解説!料金を抑えるコツも紹介

エアコンのクリーニング料金の相場を解説!料金を抑えるコツも紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

2021年5月26日

エアコンのクリーニングを業者に依頼する前に料金の相場を知りたいという方も多いだろう。また、できる限りクリーニング料金を抑えたいと考えている方も多いはずだ。そこで今回は、エアコンのタイプ別にクリーニングの料金相場や料金を抑えるコツ、注意点について詳しくご紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアコンクリーニング料金の相場の前に

まず、料金の相場を紹介する前にエアコンのクリーニング料金の価格の決まり方について解説しよう。

エアコンのクリーニング料金は、一般的に多くの人がエアコンの使用を開始し始める5月頃から繁忙期となるため、高くなる傾向がある。また、そうじ機能が搭載されたエアコンは、そうじ機能がないものよりもクリーニングに手間と時間がかかるため、料金も高くなる。そして、エアコンが家庭内に複数台ある場合は、1台ずつよりもまとめて依頼する方が1台当たりのクリーニングの料金相場が安くなることをぜひ覚えていていただきたい。
さらに、天井埋め込みタイプのエアコンは、一般的な壁掛けタイプのエアコンよりもクリーニングの手間がかかるため、料金相場が高くなる傾向がある。
このようにエアコンのクリーニングの料金相場は、エアコンのタイプや台数、クリーニング業者が繁忙期か否かによって違いがあることをご理解いただきたい。

2. エアコンクリーニング業者の料金相場【壁掛け編】

壁掛けタイプのクリーニングの料金相場は、エアコンのそうじ機能の有無によっても異なるため、注意してほしい。

そうじ機能のないタイプのエアコンを1台依頼する場合のクリーニング料金相場は10,000円前後から14,000円ほどである。一方、そうじ機能のあるタイプでは、1台15,000円前後から25,000円ほどになる。

また、業者ごとに防カビ・防菌コート、消臭抗菌コートなどが含まれている場合と、含まれていない場合があるため、注意して確認してほしい。オプションとしてエアコンに防カビ・防菌コートや消臭抗菌コートを依頼するときの相場は、1,000円から3,000円ほどを目安に考えておくとよいだろう。

そして、室外機のクリーニングは業者によって対応していない場合もあるため、事前に確認いただきたい。対応がある場合の料金相場は、3,000円台から6,000円台と差がみられる。

3. エアコンクリーニング業者の料金相場【天井埋め込み編】

天井埋め込みタイプのエアコンは長時間使用することが多く、汚れも溜まりやすいためクリーニング作業に時間を要する。そのため、クリーニング料金の相場は、壁掛けタイプのエアコンよりも高く1台16,000円前後から38,000円ほどだ。

壁掛けタイプのエアコン同様に、業者ごとに防カビ・防菌コート、消臭抗菌コートなどがクリーニング代金に含まれる場合とそうではない場合がある。オプションとして、クリーニング後のエアコンに防カビ・防菌コートや消臭抗菌コートを依頼するときの相場は、1,000円から3,000円ほどを目安に考えておくとよいだろう。

また、室外機のクリーニングも壁掛けタイプのエアコンと同様に業者によって対応していない場合もある。対応がある場合の料金相場は、3,000円台から6,000円台になる。

4. エアコンクリーニング料金を相場より抑えるコツ

エアコンのクリーニングをプロに依頼するときには、料金はできる限り抑えたいという方も多いだろう。そこでこちらでは、エアコンクリーニング料金を相場より抑えるコツについてご紹介しよう。

そうじ機能なしのエアコンを購入する

現在のエアコンには、エアコン内部にそうじ機能が搭載されたものも販売されている。フィルターに付着した汚れを取り除くロボットが搭載されているため、リモコンで簡単に操作することができるものだ。しかし、このそうじ機能が搭載されたエアコンでもロボットではクリーニングできない部分もある。そのため、プロにクリーニングを依頼することになるが、そうじ機能が搭載されたエアコンは内部構造が、ほかのエアコンよりも複雑だ。そのため、分解作業や組立て作業に時間がかかってしまい、そうじ機能のないエアコンよりもクリーニング相場が一般的に高くなる。それゆえ、エアコンクリーニングの料金を抑えたい方は、そうじ機能なしのエアコンを購入するとよいだろう。

複数台で依頼する

実は、エアコンのクリーニングは1台で依頼するよりも2台以上の複数で依頼する方が、1台当たりの料金相場が安くなることが多い。そのため、エアコンのクリーニングを依頼するときには、家庭内にあるエアコンをまとめてクリーニングの依頼をするとよいだろう。

繁忙期を避けて依頼する

エアコンのクリーニングは、暑い季節が到来するとプロへ依頼が増えるため料金相場も高くなりがちだ。そのため、エアコンのクリーニング料金を少しでも抑えたい方は、繁忙期を避けた2月から4月、9月から11月を目安に依頼するとよいだろう。

結論

今回は、エアコンのタイプ別にクリーニングの料金相場や料金を抑えるコツ、注意点について詳しく解説した。プロによるエアコンのクリーニングは、自分では掃除が難しい内部の汚れまでしっかりと落とすことができる。清潔にエアコンを使用したい方は、ぜひこちらの内容を参考に、エアコンのクリーニングの料金をお得に抑えてプロに依頼していただきたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月26日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ