このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャンプで使う包丁選びのポイントは?持ち運びの際の注意点も!

キャンプで使う包丁選びのポイントは?持ち運びの際の注意点も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年5月29日

キャンプでの調理に欠かせない包丁だが、その種類は豊富である。家庭で使う包丁とは選び方のポイントも少々異なる。そこで今回は、キャンプで使いやすい包丁を選ぶポイントや持ち運びの際の注意点などをご紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャンプ用包丁の選び方【大きさで選ぶ】

キャンプに包丁を持っていく場合、なるべく荷物を減らす必要があるだろう。持っていく包丁は1つがほとんどであり、食材に合わせて種類や大きさを変えることは難しい。

そこでキャンプ用の包丁を大きさで選ぶ場合は、使い勝手がよく持ち運びやすい大きさのものを選択するとよいだろう。キャンプで使うまな板は小さいサイズということも考え、家庭用の包丁よりもコンパクトな包丁がおすすめだ。

ただしあまり小さすぎると使いにくいので、包丁の柄の部分が10cm以上あるものをおすすめしたい。手の大きさなども考慮して、使いやすいものを選択しよう。

2. キャンプ用包丁の選び方【持ち運びやすさで選ぶ】

キャンプ用の包丁を選ぶときは、持ち運びやすさも重要なポイントだ。コンパクトなサイズでかさばらないことはもちろん、安全に持ち運べることは重要なポイントだろう。

刃の部分を収めるカバーがついているもの、包丁の柄の部分に刃を折りたたんで収められるもの、まな板とセットになって包丁を収納できるものなどがおすすめだ。また折りたたみタイプのものは、刃の部分を出したときにロックがかかるものを選ぶとより安全に使用できるだろう。

3. キャンプ用包丁の選び方【用途で選ぶ】

キャンプ用の包丁は、用途に合わせたものを選択するとよい。使いやすい包丁のタイプを用途ごとに紹介するので参考にしてほしい。

食材全般に使いたい

オールマイティーに使えるキャンプ用包丁を選ぶ場合は、一般的な三徳包丁がおすすめだ。三徳包丁とは、家庭でも万能包丁として重宝されているものだ。ただし調理に特化した形状であるため、調理以外の用途にはあまり適していないようだ。

魚をおろしたい

キャンプで魚を釣って、その場で調理をしたいという方もいるだろう。魚をおろすには一般的には三徳包丁か出刃包丁が使われている。また釣りの際によく使われるフィッシングナイフもおすすめだ。

果物を切りたい

キャンプで果物を切りたいときには、小さなペティナイフがおすすめだ。コンパクトでかさばらないうえに、幅広い用途に使うことができる。なお家庭用の鞘付きフルーツナイフも、キャンプ用の包丁として選ばれている。

パンを切りたい

パンは種類や硬さなどによっては、通常の包丁やナイフでは切りにくい場合がある。パンを切る場合は、長くて波打った刃が特徴の包丁がおすすめだ。

4. キャンプ用包丁を選ぶ際の注意点

キャンプ用の包丁を選ぶ際の主なポイントを紹介してきたが、この他にもいくつか注意点があるのでチェックしてほしい。

キャンプ用の包丁を選ぶ際は、刃の素材にも注目しよう。うっかり手がすべって包丁を落とし、包丁が硬い岩の上に落ちることも考えられる。その時に素材が丈夫じゃないと、刃が欠けてしまうだろう。そこでおすすめなのが、ステンレス製の包丁だ。丈夫な上にサビにも強いため、ステンレスはキャンプにうってつけといえるだろう。

また調理以外の用途にも包丁が使えると、荷物も減らせて便利だ。そこでキャンプ用の万能ナイフをおすすめしたい。1つで何種類もの刃がついているキャンプ用ナイフなど、自分にあった商品をチェックしてみよう。

5. キャンプ用包丁の持ち運びはどうする?

キャンプ用の包丁を持ち運ぶとき、どのようにすればよいのだろうか。前項で安全に持ち運べるタイプの包丁を紹介したが、必ず知っておいてほしいのが「銃刀法違反」についてだ。

銃刀法違反では、「正当な理由がなく刃物などを所持してはならない」とされている。通常キャンプで使用する目的で包丁やナイフを携帯している場合、正当な理由とみなされ銃刀法違反になることはほぼないといわれている。しかし状況によっては、取り締まりがあることを覚えておこう。

そこでキャンプに包丁を持っていく場合は、以下のことに注意が必要だ。
  • 厳重に梱包する
カバンの中にむき出しのまま入れていると、キャンプ目的とはいえ銃刀法違反になってしまう可能性がある。持ち運びの際には、厳重に梱包することを忘れないでほしい。
  • すぐに取り出せる場所にしまわない
すぐに取り出せる場所に刃物があることで、「危険だ」と判断されてしまうことがある。車の中でいうと、ダッシュボードなどにあたるだろう。またキャンプから帰ったら、すぐに包丁を取り出して片付ける必要がある。車に入れっぱなしにしていると、銃刀法違反になってしまう危険性があるからだ。

結論

キャンプ用の包丁選びは家庭用の包丁とは、違ったポイントや注意点がある。キャンプをより充実したものにするため、できるだけ使い勝手がよく安全なものを選びたいものだ。どういった用途で使い、重視したいのかなどを総合的に判断して最適なものを選んでほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月29日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ