このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冷蔵庫の整理整頓のコツ。100均アイテムを使ってすっきり整頓しよう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

あるはずのものが見つからない、調味料がたまたま出てきたと思ったら消費期限が切れていたなど…冷蔵庫が整理されていないと、使い勝手が悪いだけでなく無駄が出ることも多い。使いやすく見た目もきれいな冷蔵庫というのは、家族構成や嗜好、ライフスタイルに応じて最適な配置がなされているものだ。今回は、冷蔵庫を整理整頓するコツや収納のアイデアについてご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 最適な配置を心がけるのが冷蔵庫を整理するポイント

冷蔵庫は調理を担当する人だけでなく、家族みんなが使うものだ。ものが迷子にならないようにするためにも、収納場所を決めておくのがよいだろう。その際、全員がそれぞれに使いやすい配置を心がけることが大切になる。例えば、小さな子供がいる場合は、お菓子やジュースなどは下段に、大人が飲むアルコールやお酒のつまみ類は上段にという具合だ。

また、冷蔵庫は調理を担当する人がもっとも使いやすい中段には使用頻度が高いものを収納するのがよいだろう。肉や魚などの生鮮食品や、豆腐など賞味期限が迫っているものは手前に、味噌やパスタソースなどは奥のほうにという具合に、わかりやすい配置を心がけるのもおすすめだ。

冷蔵庫のドアポケットに醤油やみりんなどの調味料を収納している方も多いと思うが、前後2段となる場合は、奥に背の高いものを、手前に背が低いものを置くと出し入れがしやすい。

2. 冷蔵庫の野菜室はケースで分類して全体を見渡せるように

冷蔵庫の野菜室をうまく使うポイントは、食材を腐らせないためにも、なるべく一目で全体を見渡せるようにしておくこと。仕切りがない状態だとどうしても詰め込みすぎ、奥のほうにあるものや小さいものが見えづらくなってしまうため、プラスチック製のケースやカゴを使って小分けしておくのがおすすめだ。

配置自体は使いやすいようにすればOKだが、果物、根野菜、葉物野菜という具合に、ある程度種類ごとに大まかに分けておくのが基本。どの種類の野菜がどの程度あるかがすぐにわかるし、必要な材料が欠けている場合に代用品を見つけるのもスムーズだからだ。軽い野菜のうえに重たい野菜が重なることも防げるため、無駄に食材を傷ませてしまうことも少なくなるはずだ。購入してから時間が経っているものなど、早く使いたい食材も分けて置いておくとよいだろう。

野菜の収納に適した環境とはいえ、野菜室に食材を裸で入れておくのは乾燥しやすいためおすすめできない。とくに使いかけのものは、袋から出さなくても中身を確認できるよう、透明のビニール袋やファスナー付きのプラスチック・バッグに入れて保存するのが理想的だ。

あらゆる野菜を野菜室で保存するのもNG。野菜のなかには、ジャガイモやかぼちゃ、なす、きゅうりなどのように、冷蔵に向いていないものも少なからずあるからだ。かえって傷みが早くなるだけでなく、詰め込みすぎの原因にもなるので、必要な場合だけ野菜室を利用するよう心がけるとよいだろう。

3. 雑然としがちなチューブタイプの調味料を整理するコツ

冷蔵庫に収納するもののなかでもとくに雑然となりやすいものの一つがチューブタイプ調味料だ。ドアポケットに、しょうがやからし、わさびなどを整理されない状態で寝かしてしまっている方も多いはずだ。どこに何があって、どのくらい残量があるのかもわからずに新しいものを買い足してしまったり、存在に気づかないないまま消費期限を迎えてしまったりということが少なくないのではないだろうか。

チューブタイプ調味料には、吊るし収納がおすすめだ。突っ張り棒を渡してフックつきのクリップに挟んで掛けておいてもいいし、ドアポケットに事務用のダブルクリップごと挟んでしまってもいいだろう。どこになにがあるかが一目瞭然で、ドアポケットを汚す心配もなくなるはずだ。

マヨネーズやケチャップなども不安定で立たせておくのが難しく、雑然となりがちだが、100均などで手に入る専用のスタンドをドアポケットに入れておくだけでも解決するはず。見栄えをよくしたい場合は、お気に入りのパッケージングを施してマスキングしてもいいだろう。冷蔵室で使用するケースや収納カゴ、容器などと色調をあわせて見た目もすっきりさせたいところだ。

結論

きれいに整理されていてどこになにがあるかがすぐにわかる冷蔵庫は、使っていて気持ちがいいものだ。野菜室やドアポケットなど、雑然となりがちで無駄が出やすいポイントから見直して、使いやすく見た目もきれいな冷蔵庫を目指してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ