このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ミキサーの寿命ってどれくらい?手入れがしやすい方が寿命が長いのか

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

ミキサーは新品の時から多少性能が落ちてきても使い続けることもできるので、ついつい長年使ってしまっていないだろうか?ミキサーにも寿命があり、それを超えて使ってしまうと、せっかくの食材の栄養素を無駄にしかねない。今回紹介するミキサーの寿命や買い替えのタイミングを料理の出来や健康のために、ぜひ参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ミキサーの寿命は6年程度と考えよう!

どんな製品にも耐用年数や現実的に使える寿命というものがある。もちろん、使い方によって前後するが、ミキサーにもおおよその寿命があり、それは6年だ。その根拠をご紹介していくので、使い続けるべきかどうかの判断材料の1つにして欲しい。

ミキサーの寿命が6年というのは、メーカーの部品保有年数が6年ということに由来している。要するに、故障しても部品があれば修理することができるわけだが、その部品が確実にあるのは製造が終了してから6年までというわけだ。

ちなみに、多少馬力が落ちたり熱を持つようになったりしても使い続ける人もいるが、そのような製品を使い続けるのはおすすめしない。料理の舌触りなどに直結するし、過度な熱が発生すると熱に弱い食材の栄養素を無駄に破壊してしまい、本末転倒だ。ミキサーをただ食材を刻み、撹拌するための調理器具と捉えていてはもったいない。低速機能やフラッシュ機能といった美味しく、栄養素を壊さない機能がついているものも増えてきている昨今、その機能が十分に活かされていることが重要と覚えておこう。

もちろんたまにしか使わなかったり、日常的に使ったりという使用状況やメンテナンスの具合によって、寿命を迎えるまでには個体差が出てくる。そこで、具体的な買い替えのタイミングやサインを紹介していこう。

2. ミキサーの買い替えのタイミングやサインは?

ミキサー買い替えの1つのタイミングは6年と説明したとおりだ。しかし、6年経過しているからといって、使い続けるのがもったいないほど機能が落ちているとは限らない。ここからは、買い替えを検討したほうがいい場合を具体的に紹介していこう。

モーターの異音やパワーの減少

ミキサーを使い続ける上で、だんだん不満がでてきやすいのは、馬力や音といったモーターまわりが上げられるだろう。特に、最初はしていなかった音がするようになったら要注意だ。また、パワーが減った分、動かす時間が増えたり、熱を持つようになったりした場合も買い替えのタイミングだ。栄養素が無駄に失われているリスクが出てくる。たとえば、有機野菜やオーガニックの食材にこだわっても、古いミキサーを使っただけで、せっかくの栄養が台無し、なんてこともあるのだ。

刃の切れ味

ミキサーを使っていて避けられないのが、切れ味が悪くなることだ。種類によっては研ぐことも可能だが、消耗品なので正しく使っていてもいずれは限界がくる。刃の切れ味が悪くなると、調理した時のテクスチャーが変わってくるし、場合によっては焦げ臭くなってくることもある。切れ味が変わってきたと感じたら、寿命がきたと考えはじめていいだろう。

ゴムパッキンの劣化

音や熱、切れ味などに気が行きがちだが、蓋のゴムパッキンが先に痛むケースも少なくない。食材飛び散ったり、もれたりするのは不衛生だし、ミキサーそのものを使わなくなるきっかけにもなり得るので、もったいない。パーツの痛み具合からも買い替えの検討を考える必要があると知っておこう。

3. ミキサーを買い替える時に、知っておくべきポイント

ミキサーの寿命と感じて、いざ買い替えを検討し始めても、なかなか種類が多く、素材の仕上がりも様々で困惑することだろう。そこで、買い替える際に知っておくべきポイントについても紹介していこう。

刃の形状

ミキサーの刃は2種類あり、それぞれ得意不得意があることを、知っておこう。まず、刃が平らになっている平刃カッターは、野菜や肉を混ぜるのに適している。研ぐことが可能なので、切れ味が鈍っても自分でメンテナンスすることも可能だ。次に、刃が波打っている波刃カッターは、氷やナッツなど硬いものを砕くのに適している。スムージー作りなどにも適しているタイプだ。

ワット数

一般的に、180~900Wまでのものが多いが、ワット数と馬力は、ほぼほぼ比例関係にあると考えていい。ワット数が上がると、舌触りが良く、なめらかに仕上がる。逆に、素材の食感を残したければワット数は低めの200W程度のものを選ぶといいだろう。

材質

せっかくのミキサーをたまにしか使わないのではもったいないので、使い勝手のいい材質のものを選ぼう。具体的には、容器が傷に強いガラス製や食洗機に対応しているものがおすすめだ。刃の素材もステンレス製よりもチタンコーティングされているものの方が、高耐久性で錆びにくいので、手入れも楽になる。

結論

今回は、ミキサーの寿命や買い替えのタイミング、買い替える時のポイントなどを紹介した。ミキサーはただ混ぜられればいいものではなく、便利に使え、栄養を無駄に失わないようになっていなければ本末転倒だ。買い替えのタイミングを逃して、長い目で見ると損をしないように気をつけよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ