このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
室外機の音がうるさい原因と対策を徹底解説!近隣トラブルを防ごう!

室外機の音がうるさい原因と対策を徹底解説!近隣トラブルを防ごう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月 1日

エアコンの使用中、外から振動音が響いてくることはないだろうか?窓を開けて確認してみると室外機から大きな音が出ていたという事例は珍しくない。室外機からの音が気になるときの原因や、すぐにできる対策について解説する。近所から苦情がきたときの対処方法や音対策におすすめのアイテムも紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 室外機の仕組みと役割

室外機の音がうるさくなる原因は多岐にわたる。まずは室外機とはどういった役割を果たすものなのか、基本的なところを解説しよう。

室外機の役割

簡単にいえば、外部との熱のやり取りをするためのパーツが室外機である。たとえば冷房運転をした場合、エアコン本体が吸い込んだ室内の暖かい空気を冷媒ガスが室外機へ運ぶ。室外機は熱を屋外へ排出すると同時に、冷媒ガスを冷やす。冷やされた冷媒ガスによって室内に冷たい空気が送り込まれる。

暖房運転時は室外機のコンプレッサーで冷媒ガスが圧縮され、液体から気体となる。この過程で空気は熱を奪われるわけだが、その冷えた空気は屋外へ排出される。冬に室外機から吹き出す空気が冷たいのはこのためだ。一方、暖められて気体となった冷媒ガスはエアコン本体へ戻り、暖気を作って室内に暖かい空気を送り込む。

室外機の音は冬に大きくなりやすい?

室外機が外部と熱をやり取りする過程で動作音が発生するのだが、室内と屋外の温度差(気温差)が大きくなるほどこの処理の負担が大きくなる。したがって、自ずと動作音も大きくなるというわけだ。一概にはいえないが、一般的には冬のほうが温度差があるため音が大きくなりやすいといわれている。

2. 室外機の音がうるさいのは何が原因?

室外機の音がうるさいと感じる、大きくなる原因はいくつかある。上述のように「温度差」によっても大きくなる場合があるが、それ以外にも次のようなケースがあるので覚えておこう。

室外機が固定されていない

室外機が土台にしっかり固定されていない場合、わずかな振動でも音が大きくなってしまうことがある。

上や周辺に物を置いている

室外機の上や周辺に物を置いていると、動作中の振動によってガタガタと音が鳴りうるさく感じることがある。

経年劣化で老朽化している

室内機と同じように室外機も長く使えば消耗する。外気にさらされているためむしろ劣化しやすいといえるだろう。外見上は壊れていないように見えても、内部のパーツが劣化していたということもある。

お手入れ不足による汚れ

室外機の外や内部に汚れが溜まると空気の循環効率が悪くなる。設定温度をキープするためにはより出力を上げ、ファンの回転数を増やす必要がある。その結果、動作音がさらに大きくなることがある。

設置場所に問題がある

たとえば室外機と壁との距離が近すぎる場合などは、壁を伝って動作音が室内に響いてくることがある。共鳴するものが近くにあれば、屋外にも音が広がるおそれがある。

3. すぐできる室外機の音対策は?

室外機が音がうるさいと故障ではないかと不安になるし、近所への影響も心配だ。だが意外と簡単な対策で解消することもある。まずは次のようなことを試してみよう。

設置場所を見直す

室外機と壁との距離が近すぎる場合は、場所をずらして距離をとろう。機種にもよるが、一般的には20cm以上あけることが推奨されている。ただし、室外機の移動は失敗すると故障の原因となりかねない。極めて慎重に行うか、少しでも不安があるときはメーカーや業者に相談するなどしてほしい。

上や周辺に物を置かない

室外機の上や周囲に物を置かないように気をつけよう。壁との距離と同じように、室外機周辺を20cm程度あけておくと音の軽減だけでなく空気の循環効率が高まる。その結果、エアコン代の節約にもつながる場合もある。

防振ゴムを置いてみる

室外機の土台が安定していないのであれば、まずは地面を平らにならし(土であれば)、ブロックで補強するなどして脚が傾かないようにしよう。それでも気になる方は、土台と脚の間に防振ゴムを挟むとよい。室外機を持ち上げる必要がある場合、かなりの重量になることに加えホースが外れるといったリスクも想定される。無理をしないことと、必ず2人以上で作業することを心がけてほしい。

掃除をしてみる

室外機に溜まった汚れを取り除くと動作音が小さくなることがある。詳しい掃除方法は後述するが、シーズン前後に一度ずつなどと決めて、定期的にキレイにしておくと騒音対策につながるはずだ。

4. 分解はNG!自力でできる室外機の掃除方法

室外機の周辺と外側は自分で掃除できるが、内部のファンなど分解しなければ掃除できないパーツは業者にクリーニングしてもらおう。なお自分で室外機を掃除するときは、エアコンの電源プラグを外し掃除中に起動しないように注意していただきたい。

1.室外機周辺を掃除する

風が強かった日の翌日や枯葉の多い初冬などは、たとえ上階であってもベランダに砂や葉っぱが溜まりやすい。室外機がこれらを吸い込まないよう、掃除機で吸い込むあるいはホウキなどで掃き掃除をしよう。

2.室外機表面の土ぼこりを掃除する

室外機についた土ぼこりは、水に濡らして固く絞った布で軽く拭き取る。このとき落ちない汚れは、無理にこすって落とす必要はない。次に、同じく水で濡らして軽く絞ったスポンジに重曹の粉を振りかけ、室外機を磨いていこう。室外機の内部や裏面の金属部分に重曹が入らないように気をつけながら、室外機の外側だけを拭くのだ。重曹は物の表面を傷つけにくい研磨剤として作用する。ただし粉が乾くと白く残ってしまうため、水拭きと乾拭きを忘れないようにしよう。

3.室外機の裏側(フィン)を掃除する

室外機の裏にはアルミ製の板が使用されている。フィンと呼ばれる非常にデリケートな部品だ。ゴシゴシこするなどすると容易につぶれてしまうため、指では絶対に触れないように注意しながら掃除しよう。掃除機のノズルをブラシに取り換え、室外機に触れないように少し離れた場所からほこりを吸い取るようにするとよいだろう。

4.水抜き穴を掃除する

室外機の下には、結露による水分を排出する「水抜き穴」がある。水がスムーズに流れていくよう、歯ブラシを使って丁寧にに汚れを取り除いておこう。

5. 室外機の音が改善されないときの対処法

設置場所を見直したり掃除をしたりしても室外機の音が改善しない場合、どうすればよいのだろうか?自力でできることは限られているため、次のような選択肢になるだろう。

点検・修理を依頼する

見えない部分に汚れが溜まっている、パーツが劣化しているといった場合、設置場所を見直したり掃除をしたりしても解消されない。この場合はメーカーの窓口に問い合わせて点検してもらうとともに、必要に応じて修理も依頼しよう。騒音測定をしてくれる場合があるので、点検を依頼するときに尋ねてみるとよいだろう。

10年前後であれば買い替えも検討する

点検の結果、室外機が寿命を迎えておりこれ以上動かすのは効率が悪いとなった場合は、エアコンの買い替えを検討しよう。また点検を依頼せずとも、製造から10年前後使用しているエアコンで室外機の音が気になるという場合も、修理などより思い切って買い替えを検討するとよい。エアコン付きの賃貸住宅にお住まいの方であれば、まずは大家や管理会社に相談だ。

6. 室外機の音が原因で近所から苦情がきたときは?

室外機の大きな音が原因で近所から苦情がきてしまったとき、どう対処すればよいのだろうか?

戸建てや自己所有のマンションなどの場合

本稿で紹介した対策を講じるとともに、隣家から離れた場所に室外機を移す、隣家に室外機を向けないといったことを可能な範囲で行うとよいだろう。あるいは、防音壁になるようなカバーやフード、パーティションのような衝立を設置する方法もある。いずれでも解決しない場合、本当に音が大きいのかもしれない。点検を依頼し、対策はないかアドバイスをもらうとともに、必要に応じて修理や買い替えなども検討しよう。

賃貸物件にお住まいの場合

もとからエアコンが付いていた物件であれば、大家や管理会社に相談するとよい。あとから自分で取り付けたという場合は、上述の方法を試すなどしよう。エアコン設置直後の音がうるさいのであれば施工不良も考えられる。取り付けた業者に連絡をして点検してもらうとよいだろう。

7. 室外機の音対策におすすめのアイテム

室外機の音が気になるときに便利なアイテムを最後に紹介しよう。

光(Hikari)「エアコン・室外機用防振ゴム」

室外機の脚と土台の間に挟み込む低反発のゴムで、防音や防振効果がある。室外機用となっているが、冷蔵庫や洗濯機などにも使える。

トラスコ中山「防振パット」

30cm四方とやや大きめだが、50mmごとに設けられた溝に沿ってカットできる。余ったら冷蔵庫や洗濯機にも使える。厚さは8mm、10mm、20mmの3種類だ。

日本特殊塗料「防音一番オトナシート」

鉄板などの振動音を防ぐ効果のある、直接貼るタイプの防音シートだ。ただし空気の通り道を妨げる場所には貼れないので気をつけよう。

結論

室外機の音の原因はさまざまだ。ほんの少しの対策で解消することもあれば、劣化など点検や修理、場合によっては買い替えを検討しなければならないこともある。本稿を参考に、まずはできる対策から講じてみよう。解消されなければ、点検を頼んでどんな状態なのか確認してもらおう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2019年3月15日

  • 更新日:

    2021年2月 1日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ