このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

不要になった扇風機の捨て方。扇風機は粗大ゴミ?不燃ゴミ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

暑い夏の対策としてエアコンの使用が主流の中、扇風機も欠かせない家電の一つだ。特に寝てる間は、エアコンのつけっぱなしが嫌な人は扇風機を使う人が多いだろう。しかし、扇風機の寿命がきてしまい、新しい扇風機に買い替える際、不要になった扇風機は場所を取るのでできれば処分したい。扇風機は小型でなければ基本的には粗大ごみに分類される。今回は、扇風機の処分にかかる手数料や捨て方などについてご紹介する。

1. 扇風機は粗大ゴミとして処分するのが一般的

夏の暑さ対策として欠かせない扇風機。エアコン嫌いな人には扇風機は必須アイテムであり、家電量販店でも年々新商品が発売されている。扇風機の寿命は製品によってさまざまだが、こまめに掃除していると長く使うことができる。しかし、故障してしまったり、表示されている耐用年数が過ぎて買い替え時になった時、処分することを考えるだろう。以下では扇風機の処分について解説する。

扇風機は何ゴミ?

扇風機のサイズは小さいものから大きいものまでさまざまだ。卓上に取り付けられるような小さいものだと不燃ゴミとして捨てられる場合が稀にあるが、基本的には粗大ゴミとして捨てる。扇風機を解体しても不燃ゴミにはならないので注意しよう。

また、自治体によっては扇風機を小型家電として回収してくれるところもあるため、住んでいる自治体のホームページをチェックしてみよう。

2. 扇風機の粗大ゴミ手数料

自治体によって処分費用は違うが、費用の相場は300円~1,000円程度だ。料金は「粗大ゴミ処理券」をコンビニやスーパーなどで購入する形で支払う。購入したシールを扇風機の見えやすいところに貼って、指定場所に出しておこう。

川崎市での扇風機の粗大ゴミ手数料は?

たとえば川崎市では、扇風機は最長辺が50cm以上180cm未満の種類に含まれるため、手数料は500円だ。川崎市の粗大ごみ処理券は200円券、500円券の2種類となっているので、500円券を1枚購入しよう。

30cm未満の扇風機がある場合は?

川崎市では30cm未満の金属製品は、「小物金属」として資源物集積所へ出す決まりとなっている。卓上に取り付けられるような扇風機は30cm未満の場合、小物金属として扱われる。申し込みは不要で、朝8時までに出しておけば無料で回収してくれるので簡単だ。

一度に何台も捨てる場合

扇風機の処分費用は比較的安いが、何台も扇風機を処分する場合は一台ごとに手数料がかかるので注意が必要だ。

3. 川崎市での扇風機の捨て方

扇風機の捨て方の流れは、各自治体によって違う。ここでも、川崎市の扇風機の捨て方をご紹介する。

川崎市での粗大ゴミの出し方

川崎市では月に2回、粗大ゴミの収集を行っている。収集日は地区ごとに違うのでホームページを確認しよう。

1.収集を電話かインターネットで申し込む
2.粗大ごみ処理券を購入する
3.粗大ゴミを指定日・指定場所に出す

基本的にはこの流れだ。粗大ごみ処理券は、川崎市の場合はコンビニエンスストアまたは郵便局で購入することができる。

川崎市で扇風機を捨てる際に気をつけること

川崎市では、扇風機を捨てる際に気をつけておきたいことがいくつかある。

1.申し込みは収集日の3日前までにすること
2.収集日は、朝8時までに出すこと
3.申し込みの変更・キャンセルは収集日の3日前(12月31日~1月3日、土曜日・日曜日を除く)までにすること

詳細は、細かくホームページに記載されているので確認しておこう。

ほかにも気をつけておきたいポイントは以下だ。

・収集後や夜間には粗大ゴミを出さない
・マンションなどで管理組合のルールがある場合は、そちらに従う
・荒天時や降雪時は収集できない場合がある

粗大ゴミを出す際には意外と知らないことが多いため、チェックしておくとよいだろう。

結論

扇風機の正しい処分方法と費用について解説したがいかがだっただろうか。不具合があるまま使用していると発火の恐れや故障につながりやすいことから買い替えを検討することも多いだろう。古くなった扇風機の捨て方が分からず、家にそのまま放置してしまうなんてことにならないよう、いざというときのために適切な扇風機の捨て方を知っておきたいものだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ