このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングは圧迫感のない壁面収納で広々とした空間に

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月19日

「できるだけすっきりしたリビングを実現したい」そう考えた時、注目してほしいのが壁面収納だ。リビングの壁一面を壁面収納にすることで、圧迫感のない充実した収納を実現することができる。今回は、リビングの壁面収納について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オーダーでなくても壁面収納は作れる

リビングには必要不可欠な収納だが、収納が部屋を狭くしてしまうケースは多い。圧迫感のない壁面収納は、近年日本でも大変な人気となっている。「壁面収納は、オーダーでないとぴったりサイズのものがないのでは」そう思われるかもしれないが、最近は壁面収納家具の種類も豊富なため、オーダーでなくてもまるでオーダーしたかのような壁面収納を選ぶことが可能だ。

諦めずにまずは、調べてみることをおすすめしたい。高い空間を上手に活用することで、リビングは格段と広々した印象となる。ただし、壁面収納の中には壁に直接取りつけるタイプのものも存在する。ちょっとしたDIYのように気軽に設置してしまい、後悔することがないように注意しよう。賃貸の場合は特に、注意が必要だ。

もう一つ注意してほしいことが、搬入経路だ。購入した壁面収納が搬入できなければ一大事となる。特にマンションの場合は、問題なく搬入ができるかあらかじめ確認しておこう。

2. リフォームのタイミングでオーダーの壁面収納を

家をリフォームする際に、リビングに壁面収納の導入を検討するケースも増えている。オーダーの場合、より一層イメージに近いものを実現することが可能だ。

リフォーム専門業者に依頼する場合、基本的には任せてしまえば問題はない。リフォームに際して注目しておくべきポイントは、コンセントや巾木、廻り縁などと干渉しないかということだ。

観音開きタイプの場合、開いた扉がリビングの照明器具などに当たらないかも確認しておくとよい。完成してから気づいて後悔することがないように、適宜チェックすることをおすすめしたい。

3. 理想の壁面収納をDIYで手に入れる

DIYと聞くと大掛かりなイメージがあるかもしれないが、実は手軽に取りかかることができる。イメージに近い家具を組み合わせることも立派なDIYだ。リビングにいきなり大型家具を購入したり、オーダーをすることに躊躇うという場合はまず、DIYで自作してみるといいだろう。

カラーボックスを使ったり、ウォールラックを活用し自分なりにリビングの壁面収納を作ってみよう。難しく考えずに、ただ棚板を設置するだけのシンプルなものから始めてみるとよいだろう。イメージが固まれば、DIYで壁面収納を極めるのもひとつの方法だ。

DIYのよいところは、自分のイメージにぴったりのものを作り上げることができるということだ。納期が決まっていないため、時間をかけて少しずつリビングを作り上げる楽しさを得ることもできる。最近はDIY人気の高まりもあり、便利なアイテムが豊富に販売されている。一度ホームセンターに足を運んでみると、よいヒントが見つかるかもしれない。

結論

圧迫感のない、広々したリビングを実現してくれる壁面収納。リビングのレイアウトに悩んだ時は、壁面を活用することを検討してほしい。活用できるスペースがぐっと増え、部屋に広さが生まれるだろう。壁面収納家具の購入、オーダー、DIYとあらゆる方法で壁面収納を入手することが可能な時代。家族が集うリビングだからこそ、居心地のよい空間を目指そう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ