このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ジン】の割り方いろいろ!定番から変わり種まで紹介

【ジン】の割り方いろいろ!定番から変わり種まで紹介

投稿者:ライター 佐々木このみ(ささきこのみ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年5月 1日

4大スピリッツのひとつであるジンは、アルコール度数の高さと薬草由来の独特な風味が特徴。そのまま飲むのはちょっと…という人も多いのではないだろうか。そこで、ジンを飲みやすくするおすすめの割り方を紹介する。ぜひ好みの割り方を見つけてジンを楽しもう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ジンの定番の割り方

ジンの風味を生かしつつ飲みやすくしたい場合には、味のない飲料で割るのがおすすめだ。定番の割り方として広く知られているのが、トニックウォーターや炭酸水を使うというものである。

■トニックウォーターで割る

ジントニックというカクテルは酒を飲む人なら誰でも知っているというほど有名だろう。世界中でよく飲まれている割り方だ。ジンとトニックウォーターの相性はよい。ジンにもトニックウォーターにも香草の成分が含まれているため、味がなじみやすいのである。ジン1に対してトニックウォーター3を合わせる割り方が一般的である。ライムを加えて飲もう。ジンやトニックの銘柄によって味が変わるともいわれる。

■炭酸水で割る

ジンの風味をより感じたい場合は、味のない炭酸水で割るのがおすすめだ。好みで砂糖入りの炭酸水を選んでもよい。アルコール度数も下がり、喉ごしがよくさわやかさを楽しめる割り方である。

■水で割る

さらに、ジン1を水1で割るトワイスアップという割り方もある。ただ薄まるだけなのでジンの風味が最もわかりやすい割り方なうえ、水さえあれば簡単に試すことができる。

2. ジュースを使ったジンの割り方

ジンはジュースとの相性もよい。辛口の酒が苦手な人でも、ジュースで割ればかなり飲みやすくなるはずだ。自宅でも、ジュースを使った割り方で気軽にジンを楽しんでみよう。フルーツジュースを使う場合は、柑橘系を選べば間違いない。

■オレンジジュース

ジンをオレンジジュースで割ったオレンジブロッサムというカクテルがある。シンプルな割り方なうえ飲みやすいため、ジン初心者でもとっつきやすい。

■レモンジュース

レモンジュースのみで割ってもよいし、炭酸水を加える割り方もおすすめだ。

■ライムジュース

ジンとライムの相性がよいことはよく知られており、ジンライムやギムレットなどのカクテルも有名である。こちらも炭酸水を加えても美味しい。

■トマトジュース

ブラッディ・サムというカクテルがあるように、意外にもジンはトマトとの相性もよい。ジンをレモン果汁とトマトジュースで割ればかなり飲みやすくなる。

■コーラ

ジンを適量のコーラで割れば、ジンコークというカクテルになる。レモンやライムを加えるとより飲みやすくなる。

3. ジンの変わった割り方

ジュースや炭酸飲料との相性がよいジンだが、あまり一般的ではないものの次のような割り方もできる。とくに変わった材料を使うわけでもないため、自宅で気軽にできる割り方だ。ちょっと変わった割り方を試したい人はぜひ参考にしてほしい。

■お茶割り

ジンは、緑茶や烏龍茶で割っても意外と美味しい。さっぱりとしたさわやかな飲み口を楽しめる。甘いカクテルが苦手な人は、好みのお茶を使って濃さを調整しながら自分だけの割り方を見つけよう。

■お湯割り

ジンはアイスで飲むものというイメージが強いかもしれないが、意外とホットでも飲める酒である。そこで、お湯割りにしてみよう。お湯でジンを温めることにより、ジン特有の香りが強まる。お湯だけでは飲みにくい場合は、蜂蜜などを加えて甘くすることもできる。身体が温まる冬にぴったりな割り方だ。

結論

ジンには一般的に知られているもののほかにもさまざまな割り方がある。ジンの独特なクセが苦手な人も、好みの飲み物で割れば楽しめるようになるかもしれない。紹介した割り方は材料さえあれば誰でも簡単にできるものばかりなので、試してみてはいかがだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >