このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食べ頃のアボカドの選び方のコツとは?皮・ヘタ・硬さなどがポイント!

食べ頃のアボカドの選び方のコツとは?皮・ヘタ・硬さなどがポイント!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2021年2月16日

サラダ・タコス・ハンバーガー・ワカモレなど、さまざまな料理に使われているアボカド。濃厚な味わいが特徴で、スーパーや八百屋などで好んで購入している人も少なくない。しかし、選ぶ際にどれがいいのか悩むことも珍しくないようだ。そこで今回は食べ頃のアボカドの選び方・見極め方などについて詳しく紹介する。また、未熟なアボカドの追熟方法についても解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 食べ頃のアボカドの特徴とは?

アボカドは追熟可能な植物であるため、一般的にはグリーン色の見た目をしており、外皮も果肉も硬い状態のまま収穫される。早くに収穫されたアボカドは、時間が経つと少しずつ熟していき黒っぽい見た目になり、外皮と果肉が軟らかくなる。このような状態になったアボカドが「食べ頃」といわれている。食べ頃になると「森のバター」といわれるように、濃厚で軟らかな口当たりになる。

2. 食べ頃のアボカドの選び方・見極め方

アボカドは収穫後少しずつ熟していくのだが、それにより外皮や果肉などに変化が見られる。そのため、アボカドが熟したサインを知っておくことで、食べ頃かどうかを見極めることが可能になる。そこでアボカドの熟し度合いを見極めるポイントをいくつか確認しておこう。

ポイント1.外皮の色味を確認しよう

日本で多く出回っている「ハス種」と呼ばれるアボカドは、熟すと外皮が黒っぽく変化することが特徴だ。そのため、外皮の色味をよくチェックして判断するのがよい。最初は鮮やかなグリーンだが、徐々に色味が濃くなり、やがてほぼ真っ黒な見た目に変わる。なお、中にはスミフル社のプレミアムリッチアボカドのように、シールの色味でアボカドの食べ頃をわかりやすくしているものもある。

ポイント2.ヘタの沈み具合を確認しよう

未熟なアボカドは水分量が多いため、果肉にハリがありヘタもしっかりと飛び出している。しかし、アボカドは熟すにつれて、段々と果肉の水分が少なくなる。それによりヘタが沈んでいき、外皮とヘタの間に少し隙間ができるようになる。このように外皮とヘタの間に隙間が見られる頃が、一般的にはアボカドの食べ頃といわれている。なお、ヘタが取れているものは熟しすぎている可能性がある。

ポイント3.握ったときの硬さで確認しよう

未熟なアボカドは、外皮も果肉も非常に硬い。また、手に取ったときにも硬さを感じる。しかし、熟すにつれてアボカドの果肉は段々柔らかくなり、軽く握ると弾力を感じられるようになる。このような状態になったら食べ頃だ。なお、スーパーや八百屋などのアボカドを強く握るのは、商品を傷つけてしまうため控えよう。

3. アボカドを食べ頃にする追熟方法

スーパーや八百屋で緑色の未熟なアボカドを購入した際には、自宅で追熟をするのがおすすめだ。ここでは「丸のまま追熟する方法」と「切ったものを追熟する方法」の二つをそれぞれ紹介する。

丸のままアボカドを追熟する方法

丸のまま追熟するなら、常温の場所(18~24℃くらい)に置いておくのがおすすめだ。鮮やかな緑色のものなら、3~7日程度置いておくことで熟した美味しいアボカドになる。また、早く食べたいならヘタを取り除いたり、エチレンガスを発するバナナなどの果物と一緒に置いたりするのがよい。なお、アボカドは低温に弱いため、冷蔵庫など5℃以下になる場所には置かないようにしよう。

切ったアボカドを追熟する方法

切ったアボカドが硬かった場合は、そのまま調理するか、改めて追熟するのがよい。なお、基本的な追熟の方法は「丸のまま」と同じだが、保存する前にレモン汁などを絞っておくのがおすすめだ。レモン汁を絞ることでアボカドの変色を防ぐことができる。それから表面にラップをしてから保存用袋に入れて常温保存しよう。このようにすれば切ったアボカドも変色させずに追熟することが可能だ。

4. 食べ頃を迎えたアボカドの保存方法

食べ頃になったアボカドは常温保存ではなく、冷蔵保存をするのがよい。未熟の状態だと低温障害が起こりやすくおすすめできないが、完熟の状態になれば追熟を抑えることが可能となる。乾燥を防ぐために保存用袋に入れてから、冷蔵庫の野菜室で保管しよう。3~5日程度保存することが可能だ。

結論

食べ頃のアボカドを見極めるポイントには、主に「外皮」「ヘタ」「硬さ」の三つがある。正しい食べ頃のサインを覚えて、美味しいアボカドを食べられるようにしよう。また、未熟のアボカドを購入した際には、正しい方法で追熟を行うようにしよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2017年9月17日

  • 更新日:

    2021年2月16日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ