このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
玉ねぎが加熱すると甘くなる理由を紹介!レンジで甘みを引き出せる!

玉ねぎが加熱すると甘くなる理由を紹介!レンジで甘みを引き出せる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年2月13日

玉ねぎを長時間炒めるとかさが減り甘くなる、という知識はかなり有名だろう。「あめ色」になるまで玉ねぎを炒めるにはかなり時間がかかるが、もともとの味からは想像できないほど甘くなる。ここでは、玉ねぎを炒めると甘くなる理由と、調理法による違いについてお伝えする。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 玉ねぎが加熱調理で甘くなる理由

玉ねぎには、もともとフルーツ並の糖度が含まれている。甘く感じないのは、玉ねぎに含まれる辛味成分がとても強く、辛さしか感じることができないからだ。加熱により、辛み成分である硫黄化合物が揮発や分解によりなくなると同時に、細胞壁が壊れて糖分が細胞の外に出ることで甘さを感じることが出来るようになる。「甘くなった」ように感じるが、実は辛みが抜けたことで玉ねぎが持つ本来の甘みを感じるようになるだけなのである。

2. 加熱の仕方で甘さが変わる?

では、調理方法によって甘さに違いは出るのだろうか?実は、玉ねぎを電子レンジで加熱すると、フライパンで炒めるよりも甘くなるのだ。その理由は、両者の加熱の仕方の違いにある。フライパンは表面のみ加熱するので中まで熱が通るのに時間がかかる。

また、細胞壁はかきまぜなければ破壊できないため、甘みを出すにはこまめにかき混ぜる必要がある。一方レンジは食品に含まれる水分を振動させて加熱するため、素早く熱を伝えることができ、何もしなくても細胞壁が破壊される。レンジであれば甘みが外に流れ出すこともなく、甘み成分を閉じ込めることが出来るのである。

3. フライパンであめ色に炒める理由

レンジ調理でも甘みは強まるが、洋食の旨みやコクを出すためによく使われる「あめ色玉ねぎ」は、フライパンで長時間炒めるのが一般的だ。これにはフライパン調理の方がうまみを引き出す反応が得られやすいという理由がある。

食材を焼いた時に、表面が茶色くなったり焦げ目がついたりするのは、メイラード反応やカラメル化反応と呼ばれ、糖自身や糖と結合したアミノ酸が化学反応を起こすことで、こうばしい香り物質が作られる。これらは100℃以上の温度帯で起こる反応のため、水を加熱することで調理する電子レンジでは非常に起こりにくい。あめ色玉ねぎのこうばしさやうまみを伴う甘みは味に深みを与えてくれる。あますことなく良さを引き出すには、やはりフライパンで調理するのが良いということだろう。

結論

玉ねぎの甘みはレンジ加熱ですばやく引き出すことは出来るが、うまみやこうばしさなどの要素はフライパン調理でこそ出るものだ。どちらも取り入れると短い時間でより美味しい玉ねぎに出来るので、是非実両方践していただきたい。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ