このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パサパサした鶏胸肉をしっとり仕上げる裏技。茹でる!炒める!焼く!

パサパサした鶏胸肉をしっとり仕上げる裏技。茹でる!炒める!焼く!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2020年2月 4日

高タンパク質で低カロリーな食材として知られる鶏胸肉。積極的に取り入れたい食材であるが、なぜだか男性からはあまり人気がない。理由の1つとして挙げられるのが、特有のパサパサ感であろう。実は、このマイナスイメージはちょっとした工夫で払拭することができる。今回は、鶏胸肉をしっとり仕上げる方法をリサーチしていこう。

  

1. 鶏胸肉をしっとり茹でる

パサパサの原因

そもそも鶏胸肉がパサパサになってしまう原因をご存知であろうか?原因は、熱によるタンパク質の変性と凝固にある。タンパク質は、変性、凝固することで、内部に保持していた水分が分離してしまう性質がある。これがパサパサの原因だ。

しっとり茹でるコツ

鶏胸肉をしっとりと茹でるには、余熱を利用すること。上記の原因により、鶏胸肉は火を通すとどうしてもパサパサになってしまう。少しでもその時間を短くすることで、しっとりと仕上げようというわけだ。鶏肉が浸るぐらいの湯を沸かし、酒と塩を振った鶏胸肉を投入。その後、再沸騰してから、1分半待つ。火を止め、ふたをしてそのまま置いておくだけ。できるだけ、熱伝導率のいい鍋を使うことをおすすめする。素手で鍋が触れるくらいになったら、竹串で火の通りを確認するといい。昆布や生姜、ネギの青い部分、パクチーの根などと一緒に茹でると風味がよくなる。

茹で汁がキーワード

さらなるポイントは、茹でた後そのまま茹で汁につけておくこと。これもしっとり仕上げるポイント。茹で上がりを鍋の外に出すと一気にパサパサになってしまう。温かい茹で汁に浸したまま冷まし、冷蔵庫にて保存の際も、茹で汁につけたままで保存しよう。これで仕上がりにぐっと差が出る。

2. 鶏胸肉をしっとり炒める

上手な切り方

鶏胸肉は身が厚いため、そのままの状態で調理すると火の通りが悪く、長時間火にかけることになる。こうなると当然、パサパサしがち。そこで、炒める場合は、観音開きにして、厚みを薄く整えてから、そぎ切りにするといい。

片栗粉でふっくら

鶏胸肉は炒めるとどうしても水分が抜け、パサパサしがち。そこで、水分が抜けないよう、片栗粉でコーティングしよう。醤油や塩と酒で下味をつけた鶏胸肉に、片栗粉をまぶせばOK。フライパンに入れたら、あまり肉をいじらないこと。いじりすぎるとせっかくのコーティングが剥がれてしまう。焼き付けるようなイメージで炒めるといい。

3. 鶏胸肉をしっとり焼く

下処理に工夫

前述の通り、鶏胸肉は厚みがあるので、そのままの状態で焼くと火の通りが悪い。そこで、観音開きにしたり、切り込みを入れたりして、焼き上げるといい。また、冷蔵庫から出した状態でいきなり焼き始めると冷たい状態なので、当然、火が通りにくい。常温に戻してから焼き始めることをおすすめする。

火加減を調節

焼く場合は、塩、胡椒を振った鶏胸肉をまず、皮目から焼き付ける。火加減は、強目の中火。ぎゅっと押し付けながら焼くといい。ひっくり返した後は、火加減を弱火に、ふたをして、じっくり火を通していこう。時間にして、5分ほど。鶏肉は、きちんと火を通して食べないと食中毒の危険があるので、ここは慎重に行いたい。竹串をすっと刺すことができたらOK。抵抗があるようなら、まだ火が通っていない証拠。

ハーブ使いでランクアップ

鶏胸肉は、淡白な味わいなのでハーブなどでアクセントをつけるといい。基本的なところでは、ローズマリーがおすすめ。ニンニクの香りをつけた油で焼いてもいいだろう。

結論

鶏胸肉は、脂肪が少ないが故にパサパサした食感になりがち。ただ茹でる、炒める、焼く、それぞれのコツをマスターすれば、しっとり美味しく食べることができる。淡白な味わいは、和洋中、どんな料理とも相性抜群。ぜひ、コツを掴んで美味しくいただこう。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年10月 6日

  • 更新日:

    2020年2月 4日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧