このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クセのある【セロリ】の美味しい調理法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2018年11月24日

セロリの調理法というと、サラダや野菜スティックなど生で食べるくらいしか思い浮かばない人も多いと思うが、炒めたりスープにしたりなど意外と調理法が多く、応用範囲が広い。独特の香りがあって苦手だと敬遠せず、いろいろな料理に挑戦してみよう。

1. 調理法1:煮る

生でバリバリ食べても旨いセロリだが、熱を加えて煮込むと独特の風味が増す。スープにする時はコンソメ味が基本だが、トマト味との相性もよい。いろいろな具材と組み合わせて、セロリのスープを作ってみよう。

【セロリのスープ】

1.セロリを斜め切りにして、バターで炒める。
2.水と固形スープの素を入れて煮立て、塩・こしょうで味を調える。

※ セロリだけでもいい味に仕上がるが、玉ねぎや人参、キャベツやキノコを加えても旨い。

セロリの葉の香りは牛肉や鶏肉と煮込む時に相性がいい。セロリの葉が残ったら、大きな鍋でトマトベースやコンソメベースのスープを作る時の香りづけに入れるとよい。

2. 調理法2:炒める

セロリは欧米の野菜というイメージがあるが、中華風に炒めてもかなり旨い。特に、魚介類との相性がいいので、ぜひ作ってみよう。

【セロリとホタテの炒めもの】

1.ホタテはべビーホタテを利用する。スーパーなどで売っているベビーホタテはボイルしてあるので、特に下処理をする必要はない。
2.セロリと長ネギを斜め切りにする。人参は短冊切りにする。
3.フライパンに油を入れ、ベビーホタテを炒める。セロリ、人参、長ネギを入れ、さらに炒める。
4.顆粒の中華出汁、塩・こしょう、醤油、オイスターソース、酒で味を調えたらできあがり。

※ ベビーホタテのかわりにイカやエビ、鶏もも肉で作ってもいい。
※ カシューナッツを加えると、ワンランクアップの美味しさになる。

3. 調理法3:和える

いつものキャベツのコールスローにセロリを加えると、味と食感に深みが増して、断然旨くなる。セロリ嫌いの子どももキャベツに混ぜ込めば、無理なく食べることができそうだ。

【簡単コールスロー】

1.セロリ、キャベツ、人参を3cmの長さの千切りにする。なるべく細い千切りにした方が、食感がいい。
2.マヨネーズ、レモン汁、塩、黒こしょうで味を調えればできあがり。好みでオリーブ油を足しても旨い。

※ 子ども向けにコーンを加えてもよい。
※ 千切りではなく、すべてをみじん切りにしてもよい。その時は箸ではなく、フォークやスプーンで食べた方がいいだろう。

結論

セロリは苦手...という子どもが多いが、野菜スティックにして味噌マヨをつけて食べると意外と美味しく食べられる、という声を聞く。また、セロリ、りんご、レモンで作るジュースは飲みやすいのでおすすめだ。今回紹介したもの以外にも、漬け物にしたり、きんぴらにしたりなど、調理法が多いので、セロリが苦手な子どもがいたら、オリジナルレシピを考えて、苦手克服に一役かってみてはどうだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ