このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

らっきょうには種類がある?それぞれの特徴・カロリー・効能に迫る

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月 7日

らっきょうと一口に言っても、実は島らっきょうや根らっきょうなどいくつもの種類があることを知っているだろうか。この記事では、それらの違いをざっくりと説明するほか、それぞれのカロリーや効能を紹介していきたい。

1. らっきょうにはいくつかの種類がある

らっきょうと言うと、白くてにんにくの一片に似た形をしたものを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、実はらっきょうにはそのほかにも、「島らっきょう」や「根らっきょう(エシャレット)」という種類がある。

一般的ならっきょう

誰もが想像するらっきょうは、中国から伝来してきたもので、鳥取や鹿児島など日本の南部で生産されている。カレーの添え物や甘酢漬けにされるらっきょうは主にこれだ。旬は6~7月の夏頃で、この時期になるとスーパーでもよく見かけるようになるだろう。

島らっきょう

島らっきょうとは、沖縄を産地とするらっきょうだ。形は一般的ならっきょうのように丸くはなく、どちらかというと細長い。ネギによく似ているので、島らっきょうを見ればらっきょうがネギ科であることがよく分かるだろう。旬は2~4月頃で、冬から春先にかけて販売される。

根らっきょう

根らっきょうは、一般的ならっきょうを若い内に収穫したものだ。こちらは茨城や静岡など、日本北部を主な産地としている。形は島らっきょうに近いが、より芽の青さや茎の白さが際立ち、見栄えがよい。旬は3~5月と春だ。
なお、根らっきょうではなく、「エシャレット」という名前で販売されることもあるが、これは、より根らっきょうが売れるようにとつけられた別名である。似た名前で「エシャロット」という野菜もあるが、これはタマネギ科であり、全くの別物なので注意してほしい。

2. 一般的ならっきょうのカロリー・効能

シャキシャキコリコリとした食感と独特なにおいが強く、箸休めにぴったりの一般的ならっきょうについて見ていこう。

カロリー

らっきょうのカロリーは、100gあたりで118kcal。1粒あたり約9kcal程度だ。野菜の中では比較的カロリーの高い部類に入るため、ダイエット食品として勧められているケースもあるが、食べ過ぎには注意が必要だ。らっきょうは刺激が強く、食べ過ぎると胃腸を壊してしまう恐れもある。

効能

らっきょうには豊富な食物繊維が含まれているため、胃腸を活性化させるといった効能が期待できる。また、独特なにおいと辛味のもととなるアリインは、調理の過程でアリシンへと変化し、これが体内でビタミンB1の吸収力を高めるのに役立ってくれる。ビタミンB1は身体を動かすために必要不可欠な成分なので、特にスポーツや筋トレをする人ならば、らっきょうを常備菜にするとよいだろう。

3. 島らっきょうのカロリー・効能

浅漬けのほか、生で食べられたり炒め物にしたりなど、一般的な野菜に近い。また、においや辛味も強く、薬味としての印象も強い島らっきょうについて見ていこう。

カロリー

島らっきょうのカロリーは、100gあたり49kcal。1粒あたりに直すと約3kcal程度だ。これは一般的ならっきょうの半分以下であり、カロリー的にも一般的な野菜に近い。だからと言って食べ過ぎてしまうと、刺激から胃腸を壊してしまう恐れがあるので注意しよう。

効能

島らっきょうは一般的ならっきょうと比較すると、食物繊維の量では劣る。ただ、「S-アリル-L-システイン」という強い抗酸化作用を持つ成分を含んでいる。この成分は、血液をサラサラにしてくれるため、高血圧や動脈硬化などの予防といった効能を期待できるだろう。

4. 根らっきょうのカロリー・効能

においも辛味もほかのらっきょうより少なく、癖が少ないため、生でも食べやすい根らっきょうについて見ていこう。

カロリー

根らっきょうのカロリーは、100gあたり76kcal。1粒あたりに直すと約6kcal程度だ。これは、一般的ならっきょうと島らっきょうの中間に値するが、野菜の中では比較的カロリーが高い方だと言えるだろう。やはりこれも、ダイエットと刺激の面から食べ過ぎには注意が必要だ。

効能

根らっきょうは一般的ならっきょうより幼い状態で収穫することもあり、大半の成分はらっきょうよりやや低いか、ほとんど変わらないものばかりだ。唯一、ミネラル量は勝っているので、塩分過多な生活を送っている人などは、塩分の排出促進という効能を期待して摂るのもよいかもしれない。だが、基本的には効能よりも、味やにおいの好みで選ぶとよいだろう。

結論

らっきょうの種類ごとにカロリー・効能を説明してきたが、意外にも成分の割合やカロリーが異なる。普段、何気なくらっきょうを食していると思うが、今後は、自分に適したらっきょうはどの種類かを考えた上で選んでみてはどうだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ