このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

低糖質でグルテンフリーのインディアンフードが次のトレンドに!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月11日

インディアンとはご存知の通り、アメリカ先住民族のこと。今、彼らが古くから食べてきた食事にスポットが当たっている。低糖質かつグルテンフリーで、現代の食スタイルに合うことから、次なるトレンドとして話題にあがっているらしい。今回は、インディアンフードとはどんなものかをリサーチしていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. インディアンフードとは

インディアンフードとは、インディアンが食べてきた伝統料理のことを指す言葉である。インディアンは、古くから自然と共存することで生き抜いてきた民族。農耕ではなく狩猟を主としており、自然のなかにある植物やフルーツ、カモや七面鳥、魚、卵を食材として利用してきた。

アメリカの歴史とインディアン

インディアンとは、コロンブスがインドと間違えてアメリカ大陸に上陸した際、先住民につけた名前だと言われている。本来は、ネイティブアメリカンと呼ばれるべき存在である。彼らはアメリカの開拓が進むなかで、生活の場所を追いやられてきた過去を持つ。その過程で、高カロリー、高脂肪な食事を摂らざるを得ない状況に追い込まれてきた。現代になって、本来の食事や暮らしを取り戻そうというムーブメントが起こり、インディアンフードにも注目が集まることとなったのだ。

2. インディアンフードがトレンドになる理由

インディアンフードがトレンドになったのは、ここ数年のこと。これは、世の中でグルテンフリーや低糖質、高タンパク低カロリーの食事が叫ばれるようになったことに起因する。インディアンフードでは、基本的に加工品や添加物を使うことはない。さらに農耕を行なっていなかったことから、砂糖、小麦粉が使われることもなければ、ラードや油もほとんど使われない。究極のスローフードと言える存在なのである。

体調管理とダイエット効果

グルテンフリー、低糖質、高タンパク低カロリーの食事は、体調を管理するために有効であるが、同時にダイエットの効果も期待できる。インディアンフードを日常的に取り入れれば、自ずと健康な食生活につながるというわけだ。

3. インディアンフードに使われる素材

必須食材

インディアンフードの必須食材と言われているのが、豆・トウモロコシ・スクワッシュという名前のウリ科の野菜・ワイルドライスの4つ。豆はさまざまな種類が使われており、部族によっても異なるが、エンドウ豆はよく使われている。トウモロコシも、そのまま食べることはもちろん、粉にして使うこともあるようだ。スクワッシュとは、細長いフォルムが特徴的なかぼちゃのこと。生だと青臭いが、火を通すと甘みが出る。ワイルドライスは、別名インディアンライスとも呼ばれているもので、ライスと名付けられているが米ではなく、マコモの実のことを指す。北米唯一の固有穀物で、黒く細長いフォルムが特徴だ。

そのほかの食材

タンパク質類は狩猟で獲ったものが主なので、カモ・鹿・バッファロー・うさぎ・マス・鮭などが挙げられる。古くは冷蔵技術が発達していなかったことから、肉や魚を干したり、スモークして保存性を上げるなどのテクニックも活用されている。

味わいは?

素材の味を活かしたシンプルな味わいが、インディアンフードの真骨頂。ハーブやベリー、木の実や生姜などで味付けをするので、基本的に塩も砂糖も使わない。はちみつやメイプルシロップは使うことがあるようだ。

結論

インディアンが古くから大切にしてきた暮らしには、人間が進化のなかで置き去りにしてきた大切なことが多くある。食も然りである。意図せずともオーガニック、地産地消、無農薬、無添加など、多くのトレンドキーワードを網羅しているインディアンフードから、我々が学ぶことは多そうだ。
他の「グルテンフリー」の記事も読む!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ