このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ドライカレーの献立を紹介!副菜やスープを取り入れ健康体に!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月21日

カレーと同様、絶大な人気を誇るドライカレー。ペーストの形状がごはんとからみ合い、絶妙の味わいを醸し出す。飲み込んだあとに口の中に広がるピリッとした辛味もクセとなる一品だ。しかし、いざ家庭で作っても献立に悩む人も多いのではないだろうか?そこで今回は、ドライカレーの献立に欠かせない副菜・スープを紹介し、ドライカレーのアレンジレシピも公開しよう。

1. 悩まない!ドライカレーの副菜はこれ!

スパイスの独特の香りや、少し辛味のある味わいが特徴のドライカレー。そのため、マイルドかつ刺激の少ないサラダなどを副菜に合わせると相性がよい。ドライカレーと相性のよい、副菜のサラダを紹介していこう。

コールスロー

キャベツやにんじんなどの野菜を使用し、塩・酢・サラダ油を加えた一品。使用する野菜を千切りにし、家庭に常備されている調味料だけでできるので手軽に作れる。

大根サラダ

大根のみを使ったシンプルなサラダ。味付けには醤油、すだち汁を使用し味にアクセントつける。すだちの酸味と大根の独特な辛味が、ドライカレーの味を引き立たせる脇役的存在となる副菜だ。

春雨サラダ

春雨をメインに、きゅうり・卵・ハムなどを使用したサラダ。味付け次第で、中華風にも和風にも作ることができる。調理時間も短いので、ドライカレーと併用して作りあげることができるだろう。

2. ドライカレーと一緒に食べたくなるスープとは?

少し辛みを感じるドライカレーはスープと相性バツグンだ。ここではドライカレーにおすすめのスープを紹介していく。

豚汁

食材を細く使用しているドライカレーに対し、大きめの食材をふんだんに使用している豚汁はまさに対照的な存在だ。しかし、別々の食感を楽しむことができるのが最大の特徴ともいえる。また、味噌の味わいとカレーのスパイスの風味も合うので、一度堪能してみてほしい。

クリームコーンスープ

コーンを使用したクリームコーンスープは、ドライカレーの辛味を邪魔しない、とてもマイルドな味わい。市販で販売されているクリームコーン缶などを使用すれば簡単に作ることが可能だ。忙しいときにもおすすめである。

鶏ガラオニオンスープ

鶏ガラスープをベースに、玉ねぎとコーンを多く使用したスープ。玉ねぎやコーン以外の具材も入れることが可能で、野菜多めの鶏ガラオニオンスープを作ることもできる。副菜との相性もみて、足りていない栄養を補える野菜を使用するとよいだろう。

3. ドライカレーをアレンジしたレシピを大公開

ドライカレーは味も強く、風味もあるのでアレンジレシピに使用しやすい。おにぎりの具や、パンに使用することもできる凡庸性の高い一品ともいえる。今回は、何かの食材にドライカレーをプラスすることでできるアレンジレシピを紹介していこう。

春巻き×ドライカレー

春巻きを作る際に、具の中にドライカレーを入れ、油で揚げることで、ドライカレー春巻きを作ることができる。パリッとした皮から出てくるドライカレーの風味と辛味が相性バツグンだ。子どもにも人気の一品。中にチーズなどを入れさらにアレンジするのもよい。

グラタン×ドライカレー

グラタンのホワイトソースの代わりに、ドライカレーを使用するのもおすすめ。チーズをたっぷり使用することで、ドライカレーの辛味が抑えられ、また違った風味が顔をのぞかせる。トマトなどもトッピングとしてのせることでトマトの風味と栄養もプラスされる。

ジャーマンポテト×ドライカレー

ジャーマンポテトの味付けを行う過程で、ドライカレーを調味料とし使用することができる。ジャーマンポテトにほどよい刺激がプラスされ、普段と大きく味わいが変化する。ひと味違ったジャーマンポテトを味わってみてはいかがだろうか。

結論

今回は、ドライカレーの献立や、アレンジレシピの活用方法を知っていただくことができたと思う。ドライカレーは子どもも大好物な料理なので、工夫して子どもの嫌いな食材を入れてみるのもよいだろう。偏りのない、バランスよく栄養を摂取できる献立を作っていくことを心がけてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ