このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

サンラータンの献立紹介!副菜・主菜・アレンジレシピを徹底追及

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月 4日

使用する食材によっては、主菜にもスープにもなりうるサンラータン。本場中国では、基本的にスープとして食されているようだ。家庭でサンラータンを作ったとき、献立に悩んだことがある人も多いと思う。そこで今回は、サンラータンを作ったときに合わせたい副菜・主菜などの献立とサンラータンのアレンジレシピも合わせて紹介していく。

1. サンラータンを引き立たせる副菜

サンラータンはマイルドな味わいと、ラー油からくるあと味のピリ辛がクセになる一品。そのため、副菜には口の中を調和してくれるようなシンプルな味付けのサラダを合わせるとよいだろう。

中華サラダ

トマトやきゅうりなどの野菜を使用し、ごま油・昆布酢など少しの調味料で味付けしたシンプルなサラダ。簡単に作ることができる。中華風味ということもありサンラータンとの相性もバツグンだ。次々食べ進めたくなる一品ともいえる。

ピリ辛きゅうり

醤油・砂糖・ごま油・唐辛子など、どの家庭にもある調味料で作りあげる、ピリ辛きゅうり。仕上げにゴマを使用することでより香りが引き立ち、サンラータンや主菜の料理を、より美味しくさせる引き立て役的存在な副菜。

春雨サラダ

独特の感触が特徴的な春雨をふんだんに使用したサラダ。サンラータンの味わいを邪魔しない。サンラータンに限らず、多くの中華料理と相性がよい万能な一品。少ない量でも腹持ちがいいので、ダイエット中の人にもおすすめのサラダだ。

2. サンラータンと一緒に食べたい主菜とは?

サンラータンは中華料理なので、麻婆豆腐やチンジャオロースといった中華料理とも相性もバツグンだ。サンラータンをスープとしたとき、主菜として相性がよく、食事を存分に楽しむことができる一品を紹介しよう。

麻婆豆腐

アクセントがある辛みと、ハリのある豆腐の相性がクセになる一品。ごはんとも相性がよく、食が進む。サンラータンと麻婆豆腐は同じ辛みではあるが、また違ったテイストのため、辛みを楽しむことができるだろう。

チンジャオロース

チンジャオロースは、一度で多くの栄養を摂ることができる。最近ではチンジャオロース専用の調味料が発売されており、手軽に作れるようになった。同じ中華料理ということもあり、食が進むこと間違いなしの主菜といえるだろう。

酢豚

とろみがかったあんに、玉ねぎ・ピーマン・にんじん・豚肉などを使用した酢豚。場合によっては果物のパイナップルを使用することもあり、マイルドな味わいが特徴的といえる。刺激のあるサンラータンと、マイルドな酢豚の相性がよいと中国でも人気だ。

3. サンラータンを活用したアレンジレシピ

サンラータンを使用したアレンジレシピの代表格としてサンラータン麺が挙げられる。日本では、昔から根付いており、サンラータン=サンラータン麺と思っている人もいるかもしれない。今回はサンラータン麺のように、サンラータンをアレンジした絶品アレンジレシピを紹介していこう。

サンラータン×ごはん

ごはんにサンラータンをかけることで、サンラータン雑炊を作ることができる。ごはん一粒一粒にサンラータンの味がしみ込み、噛み締めることによりサンラータンの風味と旨みが口の中に広がる。一度は試してほしいアレンジレシピだ。

サンラータン×うどん

サンラータン麺には基本的に中華麺を使用するが、うどんに変えることで一風変わった味わいを堪能することができる。コシのあるうどんに、少しとろみのついたサンラータンが絶妙にからんでくる。思わず笑顔が溢れる一品。

サンラータン× 冷奴

サンラータンに片栗粉を追加で入れ、とろみをつける。トロみを足したサンラータンを冷奴にかけると、魅力的な味わいへと変貌する。また、サンラータンにとろみをつけることでより身体が温まる一品となるだろう。

結論

サンラータンと合わせて食べたい献立を知ってもらうことができたと思う。サンラータンは使用されている野菜の数が少ないので、副菜・主菜は野菜がふんだんに使用されているものをベースに決めていくとよいだろう。また、アレンジレシピもレパートリー豊富なため、少しでも飽きを感じた場合違う料理と組み合わせると、飽きずに食べられることだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ