このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

北海道では、味噌ラーメンにバターをのせるのが定番!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月26日

北海道といったら味噌ラーメンである。醤油もあるが、北海道のイメージは味噌ラーメンのほうがバツグンに強いだろう。さらに北海道といえば、乳製品、もといバターが有名である。これらをマッチングさせるのが、北海道では定番の食べ方となっている。そこにコーンが投入されれば、何もいうことはない。北海道の恵みがひとところに集まった一品といえよう。

1. 味噌とバターのゴールデンコンビ

これまでに、味噌とバターという2つの調味料を組み合わせた経験があるだろうか。塩味がマイルドになるうえに、バターのミルキーな風味がプラスされる。そして、味にぐっと奥行きが出てくる。
じつは、味噌とバターの組み合わせは折り紙付きだ。北海道名物の鮭のちゃんちゃん焼きは、鮭と野菜の蒸し焼きに、味噌とバターを加えたもの。すべての風味が混然一体となり、得も言われぬ旨さを醸し出す。よって、味噌とバターの相性は、約束されたものといってもいいだろう。

2. 味噌ラーメンにバターをオン

それでは、味噌ラーメンが全国区に知られている北海道の店のメニューをみてみよう。こちらの店は、コンビニでカップラーメンを出しているくらいの、超がつく有名店だ。北海道を代表するラーメン店では、バターの塊をダブルのせしている。溶け出すバターはかなり濃厚なことだろう。
ちなみに北海道ではないが、石川県には、バターのブロックを6つものせている、バターへ賭ける思いが相当強い店もある。
また、バターを味噌ラーメンにのせるだけではなく、溶かしバターをたっぷりスープに混ぜ込んでいるという、バター感満載のラーメン店もあるようだ。最初にバターを合わせておくことで、自然かつ濃厚なマッチングを可能にしている。
あまりにバターに注力していると、味覚のバランスが崩れるような懸念が出てくるがどうだろう。ちょっと話を戻し、適度なバター感のラーメンの話をしたいと思う。かの有名な洋食料理家である「世界のミクニ」は、帝国ホテルで修業をはじめた18歳の頃から、なんと45年間通っているというラーメン店があるそうだ。有楽町の名店に足を運びオーダーするのは、味噌バターのラーメン一択だという。確かな味覚を持っているであろう、味のプロフェッショナルが、味噌とバターの組み合わせを絶賛している。バターのコクととろけ具合がたまらないのだそうだ。

3. 味噌とバターがペアリングした商品が展開

味噌とバターの組み合わせに着目しているのは、ラーメン専門店だけではない。食品メーカーが掲載する味噌バターラーメンのレシピでは、バターをスープに入れて、さらにトッピングにのせてとダブル使いをしている。カップ麺では、味噌バターラーメンを出しているところが何社もある。
ラーメンから離れてみても、味噌とバターのコンビを採用しているものをいくつか見つけた。これらを入れた鍋を提案しているレシピや、スプーンで食べるスタイルの味噌バターコーンを商品化しているところもある。

結論

味噌とバターのコンビネーションは鮭のちゃんちゃん焼きのように昔からあるが、近年ますます盛り上がりを見せているように感じる。味噌バターラーメンに関しては、ミクニシェフのおかげで、45年前から存在していることが確認できた。そして、北海道、金沢など北のエリアでは、バター増し増しの傾向もみられることが分かった。もし味噌バターラーメンが未経験であれば、是非バターのトッピングを選択し、試してみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ